死後・葬儀後、1年以内を目安に
やらなければならない手続きについて
遺産相続に関するプロが無料ご対応します。
お気軽にお問い合わせください。

【相談無料】遺言書作成のプロにご相談ください。

遺言書を作ろうとするのは誰にとっても初めての体験ということがほとんど。
うちの家族は大丈夫だろうと思っていても、遺言書が無かったり遺言書に不備があると、残された家族はルールが定まっていない相続を行うことになり、確実にトラブルに繋がります。

法律のプロフェッショナルに相談した遺言書なら間違いのない相続を行えることはわかっていても、法律の専門家への相談は心理的にもハードルが高いですよね。
そこで、葬儀のデスクは気軽に遺言書のプロフェッショナルに相談を行える場を作りました。

遺言書があれば残された家族の不要なトラブルを防げる

人が亡くなった際、必ず発生するのが「相続」の問題です。亡くなった方の財産は法定相続人で分け合うことになりますが、手続きは「遺言書」があるかないかで全く違ってきます。

遺言書がある場合は遺言書に従い相続を行いますが、遺言書がない場合は相続人みんなで話し合って決めなければなりません。
法定相続人と日頃からよく連絡を取っており話しやすい環境であれば、協議も比較的スムーズに進みます。

しかし、音信不通の相続人がいたり、戸籍調査で新たな相続人がいることがわかったり、遠方に住んているため話し合いの場をもつことが難しかったり・・・。
また、「お金」が絡むことなので人が変わってしまったように自分の意見を主張する人がでてくることも。
さまざまな事情から話し合いがスムーズに進まないケースもあります。
実際に遺産を巡るトラブルは多く、中には「絶縁した」という人までいるのが実情です。

遺産を巡るトラブルで残された家族を苦しめることになるなんて、故人は思ってもみなかったでしょう。

こういったトラブルを回避するために有効なのが、「遺言書」です。

遺言書は専門家に相談するべき~

遺言書は、紙と印鑑さえあれば誰でも作成できます。
しかし、遺言書は記しておかなければいけない項目も多く、少しでも不備があれば効力を発揮しません。せっかく書いた遺言書も「無効」になってしまうのです。

それだけでなく、不備がある遺言書があったせいで揉めるケースもあります。
費用はかかってしまいますが、「トラブルを回避する」という点を考えれば遺言書の作成は専門家に相談をした方が良いでしょう。

専門家に相談することで遺言書に書くべきことがわかる

遺言書の作成を専門家に相談することで、遺言書の正しい書き方だけではなく「何を書くべきか」等のアドバイスをもらえます。
遺言書に自分の希望を書くだけでも良いのですが、相続税対策や二次相続、遺留分なども考慮した内容であった方が、遺産相続をめぐるトラブルを回避できる可能性が高いです。

しかし、税金や不動産、財産評価など専門的な知識が必要となるため自分で調べることは難しいです。
専門家に相談することでそれぞれの分野においての的確なアドバイスがもらえるので、トラブルが起きにくい遺言書をつくることができます。

トラブルを回避できるような遺言書をつくるには、やはり専門家に相談した方が安心でしょう。

葬儀のデスク提携の遺言書作成の
プロフェッショナルに相談する

必須お名前
必須性別
任意年齢
必須お住まい
必須メールアドレス
任意電話番号
任意相続に関するお悩み

葬儀のデスク運営会社(以下「当社」といいます。)は、当社の「個人情報保護方針」および当社社内規程に基づき、本サイトでご提供いただく個人情報を取り扱います。