お淋し見舞いとは?今でも地域に根付く通夜の風習

お淋し見舞いとは?今でも地域に根付く通夜の風習

「お淋し見舞い(おさみしみまい・おさびしみまい)」という言葉を聞いたことがありますか?

お淋し見舞いとは、岐阜県の一部と愛知県の西部で行われている通夜に参列する際の独自の風習です。

悲しみを抱え長い夜を過ごすであろう遺族に、参列者が少しでも淋しさを減らすことができればという思いを込めて渡す、手土産のことを指します。一部では現金で渡すこともあるようです。

ほかの地域では「通夜見舞い(つやみまい)」「伽見舞い(とぎみまい)」といった名前でよく似たような風習もありますが、その意図や内容は少し違っています。

お淋し見舞いの意味や、用意する際に気をつけるべきポイントを詳しく解説します。

お淋し見舞いの意味や実際に贈られるものを解説

日本全国どこでも必要というわけではありませんが、地方によってはお淋し見舞い、通夜見舞いの習慣が根強い地域もあります。

お淋し見舞いとはどのような意図で贈るものなのでしょうか。どんな品物がふさわしいか、現金で用意する場合など、詳しく解説します。

お淋し見舞いは遺族を想って贈るもの

お淋し見舞いは、御淋し見舞い、淋見舞い、寂し見舞いなど、様々な表記があります。岐阜県の一部と愛知県の西部に伝わる通夜の風習です。

もともと通夜では、遺族はお線香を切らさないように故人の枕元で寝ずの番をするのが習わしでした。

現在では、通夜の形式も変化しており、寝ずに故人に付き添わないケースも増えています。それでも、大切な家族が亡くなった遺族は寂しい思いでその夜を過ごすことは同じです。

そこで、悲しみの渦中にいる遺族の心情をおもんばかり、親戚や友人や知り合いが用意するのがお淋し見舞いになります。

香典とは、文字通り香料で、本来は故人に捧げる線香の代わりです。現代では、線香の代わりに現金を包むようになりましたが、香典はあくまで故人に贈るもの。

その一方、お淋し見舞いは遺族のために贈ります。そのため、通夜を過ごす遺族の心を慰めるものを渡すのです。

ちなみに、最近増えている家族葬では、香典を辞退するケースも増えています。しかし、香典は辞退しても、お淋し見舞いを受け取ることはあるようです。その地域の方は、遺族への気遣いとしてお淋し見舞いを用意しても良いでしょう。

ふさわしい品物はお菓子やジュースなどさまざま

一晩中起きて過ごすなら、どんなものをもらったら嬉しいでしょうか。

通夜の夜、家族は故人の思い出話をしたり、慰め合ったりして過ごします。そのため、お供になすような、お菓子や果物、飲み物、もしくは線香などを持参するのが一般的です。

お淋し見舞いとして代表的なものは薯蕷饅頭(じょうようまんじゅう)。芋の生地を使った古くからある饅頭で、元々はお殿様にも献上されていた高級品でした。

「“上用”饅頭」と書くこともあり、通夜や葬式のお供えだけではなく、お祝い事でも用いられます。

和菓子の場合は、ぼたもちや小分けになっているせんべいなどがよいでしょう。また、和菓子でなければいけないという決まりはなく、チョコレートやクッキーなどつまみやすいものもおすすめです。

果物の場合は、賞味期限が気になりますし、食べづらいものは避けるべきでしょう。季節のものがよいですが、みかんやりんごなど食べやすく日持ちするものがおすすめです。

お茶や紅茶などはその後も飲めますので喜ばれます。ジュースやお酒を持参するのもOKです。

線香はお供えとしても選ばれますが、お淋し見舞いとして持参しても問題ないです。その場合、桐箱に入った贈答用のものを用意しましょう。

お供えとは違い、遺族のためのものなので、その家族の顔ぶれに合わせて喜ばれやすいものを選びましょう。お淋し見舞いを通夜の参列者に配る場合もあるので、小分けのものを選ぶと間違いないです。

現金でお淋し見舞いを用意する場合

お淋し見舞いは、訃報をうけ突然必要になるものです。忙しいときは品物で用意できないケースもあります。また、お菓子や果物をみんなが持ってきてしまうと、食べきれずに遺族が困ってしまうこともあるでしょう。そういった場合、現金で渡すこともあります。

お淋し見舞いは、遺族への気持ちとして包むものなので、高額すぎるのはマナー違反。かえって遺族に気を遣わせてしまうこともあります。

品物で用意する場合も2,000~3,000円のものが適当なので、現金でもその金額程度にしましょう。

弔事用ののし袋を用意し、表書きは香典と区別がつくように「お淋し見舞い」「御淋見舞」などと書きます。香典と同じように、のしの下部中央に氏名を書きます。

水引についても香典のものと同じです。仏教なら黒白か双銀の結び切りで、神道の場合は双銀か双白の結び切りを選びます。

お淋し見舞いを贈る時気をつけるべきポイント

お淋し見舞いを贈る時気をつけるべきポイント

その地域の人ではない場合、お淋し見舞いを贈る経験はなく戸惑うことも多いでしょう。

香典やお供えものとは違う、お淋し見舞いを贈る際に気をつけるべきポイントを解説します。

のしや表書きは「御淋見舞」

現金でない場合でも、品物にのしをつけるようにしてください。包装してもらう際はのしをつけてもらうようお願いします。

通夜に持っていくものなので、弔事用ののしに「お淋し見舞い」「御淋見舞」と書くのが一般的です。

のしの下には自分の名前をフルネームで記載してください。

お淋し見舞いは受付で渡すこと

お淋し見舞いは遺族へのお見舞いのため、遺族に渡したいところ。しかし、通夜の際、遺族は忙しいため、声をかけるのは迷惑になってしまいます。通夜で受付を担当している方に渡しましょう。

その際気をつけたいのは、お淋し見舞いとして現金を渡す場合は香典とは別に包み、両方を渡すことです。受付の方に表書きが読める向きにして渡してください。

また、お淋し見舞いは通夜のみの風習なので、葬儀の際は必要ありません。用意した場合は、必ず通夜の受付で渡してください。

その他気をつけるべきこと

お淋し見舞いは限られた地域で守られている風習であるため、分からないこと、不安なことがあった場合、地域の年長者の方に聞くようにしましょう。葬儀社でも詳しく教えてもらえます。

ありがちなのは、香典と混同してしまうことです。香典とは別に用意するものだということを覚えておきましょう。

お淋し見舞いは通常お返しが必要のないもので、だからこそ金額も少額になっています。遺族に余計な負担をかけないためにも、相場を守って用意してください。

遺族は、香典返しの際にお淋し見舞い分を考慮して用意することが一般的です。お互いに気持ちを示し合う程度に行うのがよいでしょう。

関東の風習「通夜見舞い」との違い

「夜伽見舞い(よとぎみまい)」は「伽見舞い(とぎみまい)」とも呼ばれる、千葉県周辺での通夜の風習です。

通夜の際に寝ずの番をする親族に食べ物や飲み物を差し入れることですが、お淋し見舞いとは違うのは、差し入れする人が自分たちもその場に集まり飲食を共にするという点です。

とはいえ、すべての人が朝まで一緒に寝ずの番をするのは難しいため、現金だけ渡す場合も多くなっています。

「通夜見舞い(つやみまい)」の風習があるのは、関東の東部、福岡県の一部の地方です。通夜見舞いという名前ですが、これは生前故人のお見舞いにいけなかった際にお見舞いの代わりとして包むものです。

通夜見舞いとして用意するのは、現金か遺族が手軽に食べられる軽食。現金の場合はのし袋が必要ですが、軽食の場合はのしを用意しません。

似ているようで微妙に違う風習ですが、どちらにしても香典とは別であることは同じです。

まとめ 遺族の悲しみに寄り添うお淋し見舞い

お淋し見舞いは一手間増えてしまう風習ですし、慣れてない方は戸惑うこともあるでしょう。

しかし、大切な家族を亡くした遺族に対して思いやりを示すためのものなので不義理がないよう用意したいものです。

遺族のために用意するからこそ、励ましたい慰めたい人に直接届くものを贈れることも利点といえます。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事