祖母の葬儀に包む香典の金額相場は30代までなら1万円〜3万円!香典の書き方や渡し方なども解説

祖母の葬儀に包む香典の金額相場は30代までなら1万円〜3万円!香典の書き方や渡し方なども解説

祖母の葬儀に包む香典の金額相場は、年齢や状況によって異なります。

一般的に30代までであれば1万円〜3万円、40代以降であれば3万円以上が相場ですが、夫婦連名などの場合は包む金額が異なるため注意しておきましょう。

また、学生や未成年で扶養されている場合は、基本的に香典を包む必要はありません。

祖母の葬儀に包む香典の金額相場やその書き方、渡し方などを詳しく解説します。

祖母に包む香典の金額相場は関係によって変化する

香典は血縁が近くなるほど、多く包むのが一般的です。

祖母の場合は自身の兄弟姉妹と同じ水準として考えられますが、核家族化が進む中であまり交流のない場合もあるでしょう。その場合包む金額は少なくなります。

一方で実の親以上に親交が深いこともあり、その場合は少し多めに包むのが一般的です。

このように祖母との関係性によって、香典の相場は変動します。

年齢が30代までなら1万円〜3万円が相場

20代は1万円が相場ですが、孫の立場であっても年齢を重ねるごとに包むべき香典の金額も上がっていきます。よって、20代~30代は1万円~3万円が相場であると言えるでしょう。

食事をいただく場合は、香典の金額相場に一人5千円を上乗せします。

ちなみに近年増えている家族葬は、親族が中心の葬儀であり、親族同士の香典は比較的高額になるため香典の辞退をするケースも多いです。

しかし、香典辞退の旨をはっきりと遺族から示されない限り香典は持参しましょう。

年齢が40代なら3万円か5万円が相場

40代であれば相場が3万円~5万円へと上がりますが、4万円は避けます。なぜなら、4や9は死や苦を表わす縁起の悪い数字とされているからです。

よって金額は3万円か5万円のどちらとなります。また、50代以上は3万円以上が相場です。

いずれの年代であっても、自分よりも故人に近い親族と比べて高い金額を包むのは逆に失礼にあたります。不安な方は、包む前に他の親族がいくらぐらいにするかを聞いておきましょう。

既婚は独身より相場が高くなる

香典は家単位で出すもので、昔は結婚することが経済的に自立することでもありました。よって独身よりも既婚のほうが家としての人数が多いとされ、相場は高くなります。

例えば孫夫婦の場合、相場より1万円程度多く包み、香典袋へ書く名前は家を代表した夫の名前のみ書きましょう。

また独身でも、単身住まいか親と同居かにより相場が変わります。もし同居で養ってもらっている場合だと、相場より少なめに包むこともあります。

基本的に未成年の場合は香典は必要ない

未成年は扶養されている立場であり、経済的に自立していないと考えるため香典を包む必要はありません。

しかし扶養されている孫が香典を出してはいけないルールはないので、同年代の他の孫と話し合って連名で香典を用意するケースもあります。

その場合香典の表書きは、3名まではそれぞれの名前を書きましょう。一番目上の方の名前を真ん中に書き、後の2名は左側に連ね、真ん中より右側には書きません。

序列がない場合は、あいうえお順に記載します。孫4名以上でまとめる場合は、孫一同と真ん中に書くか、代表者を書いて「他3名」と書くのが一般的です。

もし既に親元を離れていて自立している場合は、葬儀なら5000円~1万円を包みましょう。

葬儀時に未成年だった方も、故人の回忌法要になれば成人しています。その際は自分の年代の相場を参考にし、香典を包んでください。

夫婦連名の場合は相場の2倍包む

夫婦連名の場合は、相場の2倍の金額を包みます。しかし年代が上がってくると1人分の相場の金額が多くなるため、2倍より少なくても失礼にならないこともあります。

例えば40代の孫夫婦であれば、相場で見ると6万円以上ですが二人で5万円でも問題ありません。

いくら包むかを他の親族とも打ち合わせしておくことで、問題も起こりにくいです。

友人の祖母へは香典は包まない

友人の祖母が亡くなった際、基本的に香典は包みません。

香典には葬儀を主催する喪主の経済的な負担を軽くするために出すという意味合いもあり、相互扶助の考え方に基づいています。友人の祖母が亡くなって香典を包んだ場合、友人側も同じ状況になった時に香典を包まなければならなくなるのです。

中には落ち込む友人を、香典という形で励ましたいと考える方もいるかもしれません。香典以外の方法で気持ちを伝え、お互いの負担を避けたほうがよいでしょう。

同僚の祖母へは香典は包まない

会社の同僚の祖母へも香典は包みません。

会社関係では、基本的に1親等までの親族に香典を包みます。会社の同僚の祖母などの2親等以上になると、故人と直接面識のないこともあるので香典は包まないことが多いです。

ただ実の親のように近い関係の場合や、祖母自身が会社関係者など例外もあります。

香典には元々遺族を励ます意味があるので、職場の上司や周囲と相談して、皆で足並みを揃えて対応するようにしましょう。

祖母に包む香典の書き方と渡し方

祖母に包む香典の書き方と渡し方

香典の書き方と渡し方には、決まったマナーがあります。香典には不祝儀袋を用意し、表書きと中包み(中袋)に、住所・名前・香典の金額の記入が必要です。

宗派によって香典の表書きは異なる

香典には表書きが必要ですが、宗教により書く言葉が変わります。

▼仏式
日本の葬式の9割程度は仏式により行われており、香典袋の表書きには、御霊前・御香料・御香典と書きます。

仏教には亡くなった直後は御霊となり、49日の忌明けの法要を経て仏になる考え方があるので、御仏前とは書きません。

香典袋には無地か、蓮の花が描かれたものを使用するのが一般的です。

仏教には様々な宗派がありますが、日本の最大宗派は浄土真宗です。浄土真宗では人間は死後すぐに成仏すると考えられているため、霊という概念が存在しません。したがって、香典の表書きは御仏前とします。

もし宗派が分からない場合は、御香典すると問題はないでしょう。

▼神式
葬儀では仏教が主流ですが、正月の初詣や慶事などでは神式の場合も多いです。日本には神式を信仰する習慣が根付いており、神式では故人は守護神となります。

神式での香典袋は、御玉串料・御神前・御榊料(おんさかきりょう)・御霊前と書きます。

香典袋は、無地のものが一般的です。

▼キリスト教
キリスト教での香典袋は、献花料・御霊前と書きます。

その中でも、カトリックでは御ミサ料、プロテスタントでは献花代・弔慰料と書きます。

プロテスタントでは、御霊前を使うとマナー違反になるため注意が必要です。

キリスト教での香典袋には、百合や十字架が描かれているものを使用してください。

表書きや名前を書く際は薄墨を使用する

昔は文字を書く際には、墨をすっていました。

薄墨は急な訃報で墨をゆっくりとする時間がなく、かつ悲しみの涙で墨が薄くなってしまった事を表しています。

現在普通の墨で表書きを書いてもマナー違反にはあたりませんが、伝統にならうなら文具店やコンビニでも薄墨用の筆ペンを購入し書くのが良いでしょう。

金額を書く際は難しい漢数字を使用する

香典の中袋には包んだ金額を書きますが、遺族が香典を管理する際に分かりやすくする目的があります。

この時注意したいのは、数字の改ざんを防ぐために金額は旧字体で書くことです。

▼旧字体例

  • 一→壱
  • 二→弐
  • 三→参
  • 十→拾
  • 万→萬
  • 円→圓

例えば30,000円を包むのであれば、「金参萬円也」と書きます。横書きの場合は、アラビア数字で30,000円と表記して構いません。

金額を記載した中包みにお金を入れてから、上包みにいれる

香典には上包みと中包み(中袋)がありますが、お金を中包みに入れてから上包みにいれます。

中包みは市販されている香典袋に付属していますが、「不幸が重なる」として中包みを使わない地域もあるので、不安な場合は年長者に確認すると良いです。

その場合は、上包みの裏側に金額を書いておくようにしましょう。

お札は人物が書いてあるほうが表面なので、表面をあえて下にして入れることで、悲しみのあまりに顔を伏せている様子を表します。

またお札には上下もあり、人物が書いてあるほうを下にして、向きを揃えて入れましょう。

中包みを上包みに入れる際には、水引をはずすのではなく、香典袋を裏返し、下の折り目をそっと引き抜きます。

引き抜いた下側から中包を中へと差し込んで入れ、引き抜いた下側の折り目を元通りにしてください。

香典は寒色の袱紗に包んで持参する

香典袋は紫などの寒色系の袱紗(ふくさ)にいれて、式場まで持参しましょう。

袱紗を広げて香典袋を中央に置き、右→下→上→左という順番で袱紗を畳み、香典袋を包みます。

受付で香典を渡す直前に出し、香典は相手から表書きが読めるように持ち替え、袱紗の上にのせて受付の方へと渡します。

袱紗を準備するのを忘れた場合は、無地の黒か紫のハンカチなどで代用してください。

香典を渡す際は、「この度はご愁傷様でございます。」などのお悔やみの言葉を簡潔に述べましょう。

まとめ 祖母の葬儀に包む香典の金額相場は年齢や状況によって異なる

祖母との関係を基に相場を参考にして、香典を包むと良いです。その他にも、香典は周りとの調和も非常に大事です。

疑問に思ったことは年長者や参列者に相談して、自分だけが浮くことのないようにしましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事