霊安室で面会するときの心構えとマナーを解説|安置の制限時間ときまりごと

霊安室で面会するときの心構えとマナーを解説|安置の制限時間ときまりごと

故人と対面するタイミングは通常は葬儀の際のみですが、遺族や親しい関係者の場合は、葬儀前にご遺体が一時安置されている霊安室で対面することもできます。

しかし、ご遺体が安置されている霊安室にいきなり面会しに行ったり、長々と対面したりするのはマナー違反。また、霊安室のある施設によっては安置に制限時間が設けられていたり、独自のルールがあったりするケースもあります。

葬儀で面会する際と異なる、霊安室で面会するときのマナーと心構えを解説します。


ご遺体を安置している霊安室で面会するときの心構え

霊安室では故人のご遺体が安置されています。基本的に面会できるのは葬儀のときのみですが、遺族など一部の人に限り霊安室でも面会が可能です。

ただし、葬儀前の弔問となるので、葬儀のときとは違う心構えが必要になります。

霊安室で面会するときに必要な心構えとはなんでしょうか?

霊安室で面会するときの心構えやマナーを解説します。

霊安室とはご遺体を一時安置する場所

霊安室とは病院や斎場、警察署などにあるご遺体を一時安置する場所です。

なお、病院の場合は各施設で独自の決まりを設けているケースもあります。例えば、霊安室でご遺体を納棺する行為や、直接火葬場に搬送することを禁止するなどです。

多くの病院で禁止行為が決められているので、納棺や搬送先について希望がある場合は病院の決まりを確認しておきましょう。

霊安室で故人と面会できるのは遺族やごく親しい人のみ

霊安室で故人のご遺体と面会することは可能です。しかし、霊安室は葬儀が始まるまでご遺体を安置する大切な場所なので、面会は遺族やごく親しい関係の人のみに限られます。

一般的に、故人と面会できるのはお通夜や葬儀・告別式のみであり、特別に親しいわけではない場合は霊安室で故人と面会するのは控えましょう。

また、施設によっては面会自体ができないところや、時間に制限が設けられていたり、別途料金が必要な場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

どんなときも遺族への配慮を忘れないように心構える

訃報を受けたとき、その人が亡くなったという事実が受け止めきれず、なかなか実感できないかもしれません。しかし、いざ霊安室でご遺体を前にすると、もうこの世にはいないという喪失感と事実を実感し、感情が激しく揺れ動いてしまうでしょう。

そして、遺族も大切な人が亡くなって悲しい気持ちは同じです。

遺族は深い悲しみを抱いたまま、葬儀の準備を慌ただしく進めている最中で面会に対応しているので、どんなに感情が揺れ動いたときでも遺族への配慮を忘れないように心構えてください。

葬儀前の弔問は、遺族への配慮が最優先なので、感情のまま自分勝手な行動をしないように気を付けましょう。

霊安室で故人と面会するときのマナーを解説

霊安室で故人と面会するときのマナーを解説

霊安室で故人と面会するときに、心得ておかなければならないマナーがあります。

葬儀の場ほど厳格なマナーはありませんが、遺族への配慮が最も大切な場なので、遺族に対して失礼のないように行動することが大切です。

また、霊安室のある施設によっては安置の制限時間や決まりごとが設けられているケースもあるため、TPOに合わせた行動を心がけましょう。

では、霊安室で面会するときのマナーを解説します。

施設や遺族の方に事前連絡・確認をする

霊安室で故人と面会するときは、必ず事前に遺族の方や施設に連絡と確認をしましょう。

遺族の同意を得ず勝手に面会をすると、後のトラブルに繋がってしまうかもしれません。

また、施設によっては遺族の同行が必要な場合があるので、遺族と予定を合わせる必要があるため必ず連絡を入れましょう。

施設によっては面会自体ができない場合や、面会方法、制限時間などのルールが異なるで、霊安室での面会について事前に施設のルールを確認をしてください。

地味な色のシンプルな服装で行く

霊安室での面会には、地味な色のシンプルな服装で行きましょう。

葬儀ではないので、地味でシンプルな服装なら普段着でも問題ありませんが、ビジネススーツでも問題ありません。

また、化粧やアクセサリーは控えめにしてください。

喪服ほど厳格ではありませんが、派手な服装は霊安室での面会に適した服装とは言い難いので避けたほうが無難です。

なお、施設によっては服装にルールが設けられているケースもあるので、事前確認は忘れないようにしましょう。

面会で香典を持参するのはマナー違反なので注意

霊安室で面会するときはもちろん、葬儀前の弔問で香典は持参してはいけません。

葬儀前の香典は、死を予想していたことを連想してしまうためマナー違反になります。

もしなにか持参するのであれば香典ではなく、お供え物やお花、故人が生前好きだったものを持っていくとよいでしょう。

ただし、お通夜や葬儀・告別式に行けない、後日弔問が難しいなどの理由がある場合は、葬儀前でも香典を持参して問題ありません。

事情があって面会時に香典を持参する場合は、事情を話したうえで遺族に確認をしてから香典を持参する了承を得てください。

故人の顔を覆っている白い布は勝手に外さない

施設によって安置の方法は違いますが、白い布が顔を覆っている場合があります。故人の顔を覆っている白い布は、基本的に遺族が外すものなので、弔問者側が勝手に外さないように注意してください。

自分自身で白い布を外さないといけない場合は、遺族や施設の方に許可をもらってから外しましょう。

また、対面前と対面後は必ず合唱と一礼をします。遺族が同行している場合は、対面後に遺族にも一礼してください。

面会はお悔やみの言葉を伝えて手短に済ませる

霊安室での面会は、お悔やみの言葉を伝える程度で手短に済ませましょう。

死因や生前の様子など、故人の情報を細かく聞くのは、遺族に対する配慮に欠ける行為なのでNGです。

伝えたいことや想いはたくさんあると思いますが、あまり長居するのは遺族や施設の迷惑になりかねません。

また、霊安室で面会する際のお悔やみの言葉は「お悔やみ申し上げます」はもちろん、「安らかなお顔で眠っていらっしゃる」など、暗いイメージにならない言葉を選ぶとよいでしょう。

もちろん、最後は遺族に「ありがとうございました」とお礼を伝えるのも忘れないようにしてください。

病院の霊安室は制限時間があるので注意

病院で亡くなられた場合、ご遺体は病院の霊安室に一時安置されます。

しかし、日本では多くの方が病院で亡くなられるため、複数の患者が亡くなると霊安室の数が足りなくなるケースも。

霊安室の数が間に合わなくなる事態を避けるため、病院の霊安室には制限時間が設けられています。

制限時間は病院によって違いますが、だいたい3時間程度が目安です。

訃報を受けてすぐに霊安室へ面会しに行く場合、制限時間によってごく僅かな時間しか面会できなかったり、到着するまでに移動していたりするケースがあるので注意しましょう。


霊安室で面会するときは事前確認と遺族への配慮を忘れずに

霊安室で故人と面会するときに最も大切なのは、遺族への配慮を心構えることです。そのためには、遺族と施設の双方に事前確認と連絡を入れ、面会時も失礼のないような行動が求められます。

葬儀ほど厳格なマナーはありませんが遺族への配慮を忘れずに、故人との貴重な時間を過ごしてください。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事