葬式でのハンカチは白の無地!葬式でマナー違反とならないためのハンカチマナーを徹底解説

葬式でのハンカチは白の無地!葬式でマナー違反とならないためのハンカチマナーを徹底解説

ハンカチは、告別式やお通夜等に参列する際に、数珠や袱紗等とあわせて忘れずに用意しておく必要がある、葬儀において大切な小物のひとつです。

葬儀では、数珠や袱紗と同様ハンカチにも相応しい色や素材、持ち運び方といったマナーがあります。

一般的に通夜や葬式の際に使うハンカチは、白か黒色の無地を使います。

葬儀は涙を誘う場面もありハンカチを使用する機会が多いので、マナーを守り、失礼のないように参加することが大切です。

葬式で使用するハンカチの色やデザイン、使い方のマナーなどをわかりやすく解説します。


葬儀の際に使うハンカチは白の無地が基本

葬儀は故人を偲び見送る場であり泣いてしまう場面も多く、涙を拭うためのハンカチが必要です。

お通夜や告別式といった葬儀に参列する際に使用するハンカチは、白色で無地のものが最もふさわしいとされています。

白色無地のハンカチは、葬儀だけでなく冠婚葬祭いずれのシーンにも使用することが出来るので、複数枚用意しておくと安心です。ただし、シルク地のものは葬儀では使用できません。

近年では、白の他に黒色のハンカチの使用も許容されるようになってきました。

ただし、黒色のハンカチはあくまで葬儀等の弔事でのみ使用できるものであり、結婚式等の慶事で使用するのはマナー違反となるので注意しましょう。

マナー違反とされる原色や鮮やかな色のハンカチ

白と黒以外にも、近年は袱紗で使用されるような色も、葬儀に参列する際に使用するハンカチの色としてマナー違反ではないとされています。例えば、グレーや紫、白に近い淡い水色やピンクのハンカチなどです。

一方で、原色や濃い色、鮮やかな色はマナー違反とされるので、これらの色のハンカチを葬儀で使用するのは控えましょう。

ハンカチの柄は無地が基本だが華美なものでなければOK

葬儀では無地のハンカチを使用するのが基本ではありますが、近年ではレースや刺繍があしらわれたハンカチも許容されるようようになりました。

ただし、こうした無地でないハンカチを使用する場合もできる限り控えめなデザインのものを選び、派手な模様や光沢がついたものなど華美なデザインは避けましょう。

ハンカチの素材は麻や綿など一般的ものを使う

葬儀で使用するハンカチには、一般的なハンカチにも広く使用されている麻や綿やポリエスルの素材のものを選びます。

シルク素材のハンカチは結婚式等の慶事には使用できる一方で、光沢があるため「光り物」とみなされ、葬儀での使用はNGです。間違って持っていかないように注意しましょう。

タオル地のものは極力使用しない

ハンカチの素材としてはタオル地はポピュラーではありますが、葬儀で使用するハンカチの素材としてはややカジュアル過ぎるため、使用しないほうが望ましいです。

ただし、沢山泣いてしまいそうなお葬式や、夏の暑い日のお葬式では、涙や汗をたくさん拭う必要があるかもしれないので、そういったときにはサブ(2枚目)のハンカチとして、タオル地のハンカチも持参しても良いでしょう。

葬儀、通夜の際のハンカチの使い方

葬儀、通夜の際のハンカチの使い方

次に、葬儀や通夜でのハンカチの使い方や持ち運び方について解説します。

葬儀でのハンカチの持ち運び方

葬儀では、女性はハンカチはバッグかポケットの中に入れて持ち運ぶようにするのがマナーです。また、男性はスーツのポケットにハンカチを入れて持ち運ぶようにしましょう。

喪服として和服を着る場合は、袂にハンカチを入れても問題ありません。

ポケットチーフとして使用するのはNG

男性は、葬儀ではポケットチーフを使用するのはNGです。

欧米では葬儀にポケットチーフを使用することは慣習として定着していますが、日本で葬儀に参列する場合は、ポケットチーフを使用するのはドレスコードとして相応しくありません。

葬儀の際には、ポケットチーフは使用せす、ハンカチは胸ポケット以外のポケットにしまいましょう。

子供にハンカチをもたせる場合は極端に華美なものでなければOK

葬儀に子供と一緒に参列し子供にもハンカチを持たせる場合は、大人と同様に白色で無地のものを持たせるのが無難ではありますが、多少の柄や色がついたものも許容はされます。

ただし、極端に華美なものを持たせるのはマナー違反となりますので控えましょう。


まとめ 葬儀の際に使うハンカチもマナー違反にならないように注意する

葬儀に参列する際のマナーとして、黒や白、グレー、淡い色の無地のハンカチがふさわしいとされています。

葬儀では、涙を誘う場面も多いため、ハンカチは出番の多い小物のひとつです。また、葬儀では基本的にみな喪服を着、服装は黒で統一されるため、余計にハンカチが目立ちやすくなります。

相応しい色や素材のハンカチを選び、失礼のないようにしましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事