袱紗の色は慶弔によって使い分ける!袱紗の色や包み方、渡し方をわかりやすく解説

袱紗の色は慶弔によって使い分ける!袱紗の色や包み方、渡し方をわかりやすく解説

袱紗(ふくさ)は、贈り物の金品を包むのに使う正方形の布のことです。

葬儀では香典を、結婚式にはご祝儀を包みますが、使用する場面によってふさわしい袱紗の色が異なります。

弔事では紺色や深緑などの寒色系を、慶事では赤やオレンジなどの暖色系の袱紗を選びましょう。男女どちらでも慶弔両用できるのは紫色の袱紗です。ご家庭に1枚持っておくと、さまざまな場面で使えます。

袱紗には色のほかにも、知っておきたいマナーがいくつかあります。基本的なマナーから、金封の包み方や渡し方まで詳しく解説します。


袱紗は結婚式や葬儀に参列するときに必須の持ち物

袱紗(ふくさ)とは、贈り物の金品を包む儀礼用の絹布のことを指します。熨斗袋を持ち運ぶとき、袱紗に包むのがマナーとなっているため、結婚式や葬儀に参列するときに欠かすことのできないアイテムです。

袱紗にはさまざまな色や種類があり、使用する場面によって使い分ける必要があります。

袱紗の種類や色、それぞれのシーンにふさわしいものを解説します。

金額によって袱紗の種類を変えよう

一般的な袱紗は、約45cm四方の正方形の布地です。さまざまな種類があり、金封を包みやすい形状の袱紗もあります。中に入れる金額によって使い分けるが基本的なマナーです。

金封袱紗

金封袱紗とは、洋型の封筒のような形をしており、祝儀袋を差し込むだけで使用できるものです。香典やご祝儀を包む煩わしさも崩れる心配もないので、気軽に使うことができます。

しかしながら、金封袱紗は略式のものとされています。そのため、金封袱紗は、香典やご祝儀の金額が3万円以下の場合にしか使えません。

高額を包む場合は、次から解説する2つのタイプどちらかの袱紗を使うのがおすすめです。

爪付き袱紗

爪付き袱紗とは、四方ある布地の角の1つに爪が付いているタイプのものです。

袱紗をたたんだあとに爪で引っ掛けて固定するため、持ち運ぶときに袱紗が崩れる心配がありません。包む金額が3万円以上であっても、使うことができます。

台付き袱紗

台付き袱紗とは、袱紗に専用の台が付属されているものです。台の上にご祝儀や香典を置いて、袱紗をたたみます。

付属の台は取り外すこともできるので、布地だけで使うこともでき、直接香典を手渡すときには香典を置く台にもなるので便利です。こちらも、包む金額が高額な場合でも使えます。

茶道でも袱紗は使われている

袱紗は、葬儀や結婚式で欠かせないアイテムでもありますが、実は茶道でも必須のアイテムだということをご存じでしょうか?

茶道で使用するものは、「帛紗(ふくさ)」と呼ばれ、金封を包む袱紗よりもサイズは小さく、茶道具を拭き清めたり、お茶碗を拝見したりするときに使われます。

さばきのよい絹製が一般的で、大きさではなく重さによって種類分けされています。性別や宗派によって持つべき色は異なるのも特徴的です。

男性は紫色。表千家の女性は朱色、裏千家の女性は赤色もしくはさび朱色を使います。

袱紗の色は慶弔で使い分けるのがマナー

袱紗の色は慶弔で使い分けるのがマナーです。弔事と慶事、それぞれに場面ふさわしい袱紗の色はどのような色なのでしょうか?

弔辞と慶事、それぞれの場面にふさわしい色を解説します。

弔事用の袱紗は紺色やグレーなどの寒色系

お葬式など弔事用の袱紗には、寒色系のものを選びましょう。具体的には、紫色・紺色・グレー・深緑などです。

紫色やグレーでも、明るい色合いのものは弔辞の際ふさわしくありません。

弔事用の袱紗は、模様が入っていない無地のものを選びます。

慶事用の袱紗は赤色やオレンジなどの暖色系

結婚式など慶事用の袱紗は、赤や朱色といった暖色系のものを選びます。具体的には、赤・オレンジ・紫色などです。

弔事用とは異なり、縁起のよい柄であれば無地でなくても問題ありません。

慶弔どちらでも使うことができる色

まだ袱紗を持っていない方が初めて購入するなら、慶弔どちらにも使えるものを選ぶと良いでしょう。慶弔どちらにも使える袱紗の色を紹介します。

男性は紺色なら慶弔両用できる

男性が袱紗を持つ場合、慶弔両用できる色は紺色です。しかし、女性は使うことができない色なので注意しましょう。

たとえば、妻が葬儀に参列するときに袱紗を持っておらず、夫の袱紗で代用しようとしても、紺色の袱紗は使うことができません。

女性はえんじ色なら慶弔両用できる

女性の場合、慶弔どちらでも使えるのはえんじ色の袱紗です。こちらも女性専用で、男性が使うのはマナー違反となります。

男女どちらでも使えて慶弔両用できるのは紫色

慶弔両用でき、そして男女どちらが使ってもふさわしいものは紫色の袱紗です。紫色の袱紗をご家庭に1つ持っておけば、さまざまな場面で使えて便利でしょう。

紫色といっても、慶弔どちらでも使えるのは濃い色合いで無地のものです。しかし、柄が入っていたり淡い色合いだったりするものは、弔辞にはふさわしくないので注意しましょう。


袱紗の包み方と渡し方のマナーも解説

袱紗の包み方と渡し方のマナーも解説

袱紗には色だけでなく、包み方や渡し方にもマナーがあります。袱紗に関するマナーは慶事と弔事で異なる点もあるため、注意が必要です。

袱紗は慶弔によって包み方が異なる

袱紗の包み方は、慶事と弔事では異なります。それぞれの正しい包み方を解説します。

弔事の場合の袱紗の包み方

葬儀や法事など、弔事の場合はどのように袱紗を包んだらよいのでしょうか。包み方の手順を解説します。

  1. 角が上下に来るように袱紗を裏向きに広げます
  2. 不祝儀袋を表向きにして、袱紗の中央に置きましょう
  3. 右、下、上の順にたたみます
  4. 最後に左側を折って、端を裏側に回して折り込んだら終わりです

爪付きの袱紗を使う場合は、広げるときに爪が左側にくるように包むのがマナーです。

慶事の場合の袱紗の包み方

結婚式などお祝いの場に参列するときは、袱紗は弔事と真逆の包み方をします。弔事は基本的に、「逆さごと」をとっているため、真逆となるのです。

  1. 角が上下に来るように袱紗を裏向き広げます
  2. ご祝儀袋を表向きにして、袱紗の中央に置きましょう
  3. 左、上、下の順にたたみます
  4. 最後に右側を折って、端を裏側に回して折り込んだら終わりです

爪付きの袱紗を使う場合は、広げるときに爪が右側にくるようにしましょう。

慶弔両用の袱紗の使い分け方

お持ちの袱紗が慶弔両用できる色ならば、上下反対にすることで慶事と弔事とで使い分けることができます。慶事では右開き、弔事では左開きになるように包むと覚えておくと安心でしょう。

金封袱紗の場合は、慶事のときは左側にご祝儀袋を、弔事のときは右側に不祝儀袋を差し込みます。爪付き袱紗の場合には、慶事のときは爪が右側、弔事では爪が左側です。

慶弔両用タイプの中には、表面が赤色で裏面が緑色になっている袱紗もあります。こういった2色タイプの袱紗は、場面に合わせてどちらの色を表に出すかを考えて包みましょう。

袱紗で包まれた香典の渡し方

葬儀で香典を渡すときにも、覚えておきたいマナーがあります。基本は、渡す直前で袱紗から香典を取り出すこと。香典を渡す場所によっても多少マナーは異なりますが、基本をおさえておきましょう。

受付で渡す場合

お通夜やお葬式に参列する際は、袱紗に包んだ香典を斎場の受付で渡すのが一般的です。受付では、お悔やみの言葉を述べて一礼します。

お悔やみの挨拶は、「このたびはご愁傷様です」や「心よりお悔やみ申し上げます」といった言葉が適しています。

挨拶のあと、受付の前で袱紗を開いて香典を差し出します。そのまま差し出しても悪くはありませんが、「御霊前にお供えください」と、言葉を添えるとより良いです。

不祝儀袋の表書きを相手が読める向きにして、両手で渡しましょう。その後、受付では氏名や住所を記帳するように促されます。

直接手渡しで渡す場合

受付がない葬儀などで、直接ご遺族に香典を渡すこともあるでしょう。

こういった場合も、「このたびは突然のことで驚いております」や「このたびはご愁傷様です」と、まずはご遺族に挨拶をします。そして、「御霊前にお供えください」と、言葉を添えて香典を取り出します。

直接先方に渡すときも、相手の目の前で袱紗を開き、袱紗から取り出した香典は台やお盆の上に載せ相手に差し出しましょう。このとき、先方が不祝儀袋の表書きを読める向きにするのがポイントです。

台やお盆がないときは、折りたたんだ袱紗を台の代わりにしましょう。台付き袱紗の場合は、そのまま付属の台を使うことができます。

まとめ 弔事なら袱紗の色は紺などの寒色系を使用する

袱紗は、冠婚葬祭の場で金封を包むために使うものです。色や種類にもさまざまなマナーがあるので、あらかじめポイントを抑えておきましょう。

突然必要となるケースもあるので、大人なら必ず1つ持っておきたいアイテムといえます。

男性なら紺色、女性ならえんじ色が慶弔両用できますが、男性がえんじ色、女性が紺色を使うのはマナー違反。

ご家庭に1つ常備しておきたいという方は、男女どちらでも慶弔両用できる濃い紫色の袱紗がおすすめです。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事