市民葬・区民葬ってどんなお葬式?プラン内容やメリット、デメリットを解説

市民葬・区民葬ってどんなお葬式?プラン内容やメリット、デメリットを解説

葬儀にはさまざまなスタイルがあり、各葬儀社で魅力的なプランが日々登場しています。そして近年は、以前よりも小規模でシンプルな葬儀が強く求められる傾向にあるため、低価格で葬儀ができるプランが増えています。

葬儀の小規模化が進む中で注目されているのが「市民葬」や「区民葬」です。市民葬や区民葬は、各自治体が行っているサービスのひとつで、近年のニーズに合った葬儀として広まりつつあります。

そもそも市民葬や区民葬とはどんなお葬式なのでしょうか?

プランや葬儀の内容とともに、メリットやデメリットなどを解説します。


各自治体が行っている市民葬・区民葬とは

葬儀は費用が高い印象がありますが、近年では低価格で葬儀ができるプランが次々に登場しています。

そして、各自治体でも近年のニーズに合わせて、「市民葬」や「区民葬」と呼ばれる葬儀プランの提供が始まりました。

そもそも市民葬・区民葬とはどのようなお葬式なのか、プランの内容や費用を解説します。

市民葬・区民葬は自治体が行っている安価でお葬式ができるプラン

市民葬・区民葬とは、各自治体が市民もしくは区民に向けて行っている、安価でお葬式ができるプランのことです。

各自治体が提携している葬儀社にて、自治体が協定した料金で葬儀を執り行うことができます。なお、自治体の中には葬儀社ではなく、自治体が葬儀を主催するケースもあります。

もともとは、第二次世界大戦後に東京都と葬祭業協同組合が協力して作られた制度が始まりでした。現代では少しずつ広まってはいるものの、まだまだ全国的に定着しているわけではないので、市民葬・区民葬が導入されていない地域もあります。

市民葬・区民葬の費用は自治体によって異なる

市民葬・区民葬の費用は自治体によって異なります。

例えば、お通夜から火葬までを2日間に渡って行う一般的な葬儀の場合、100万円以上の費用がかかりますが、市民葬・区民葬を利用すれば20~50万円ほどで可能です。

また、埼玉県川越市など一部の地域では、複数のプランやオプションプランを用意しています。

なお、市民葬・区民葬の費用については、各自治体のホームページに記載されているので確認してみましょう。

利用条件は喪主か故人が住んでいる自治体であること

市民葬・区民葬は、以下のいずれかの条件に当てはまる場合のみ利用可能です。なお、所得に関する制限はありません。

  • 故人が住んでいた自治体
  • 喪主が住んでいる自治体

また、故人と喪主が住んでいる自治体が異なる場合は、それぞれの自治体で市民葬・区民葬の有無や内容を確認してください。

どちらかの条件に当てはまっていれば利用可能なので、より希望通りの葬儀が可能な自治体を選びましょう。

プランの内容と市民葬・区民葬の流れは一般的な葬儀とほぼ同じ

市民葬・区民葬のプランの内容や流れは、基本的に一般的な葬儀とほとんど同じです。

安価な葬儀は一日葬や直葬など、簡素な葬儀になるイメージを抱きやすいですが、市民葬・区民葬ではお通夜から火葬まで2日間に渡って行う標準的な葬儀が安価で執り行えます。

なお、自治体によっては多少簡素になっていたり、一部の儀式を省略したプランが選べたりするケースもあります。

また市民葬・区民葬では、葬儀社の式場ではなく、公民館や公営の式場などの公共施設が式場になるケースが多いです。


市民葬・区民葬のメリットとデメリットを解説

市民葬・区民葬のメリットとデメリットを解説

市民葬・区民葬は魅力的なメリットがたくさんありますが、その分デメリットもあります。

市民葬・区民葬のメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

信頼できる葬儀社で安く葬儀ができることがメリット

市民葬・区民葬のメリットはやはり、費用を安く抑えられることです。経済的な負担を大幅に減らせるので、お金に余裕ない場合でも標準的な葬儀を執り行えます。

また、自治体と提携している葬儀社は信頼できる優良な葬儀社であるケースが多いです。
自分たちで葬儀社に依頼する場合、余計な不要は取られないか、対応やサポートはきちんとしているかなど、よく比較して選ばなければなりません。

しかし、市民葬・区民葬を利用する場合は、すでに葬儀社が決まっているので、評判を調べる必要がないうえに、信頼できる葬儀社であるケースが多いため、安心して準備を任せられます。

最低限の葬儀なので必ずしも希望通りにはならないことがデメリット

市民葬・区民葬には魅力的なメリットがたくさんありますが、意外とデメリットも多いです。

まず、安価で標準的な葬儀が可能ですが、必要なもの以外は用意されません。必要最低限のものしか用意されないので、希望通りの葬儀ができるできない可能性があります。

もちろん、市民葬・区民葬でも希望通りの葬儀を執り行えるケースもありますが、必要最低限以上のものを求める場合は、その都度オプションとして追加料金がかかります。

場合によっては、葬儀社独自の格安プランよりも料金が膨れ上がるケースもあり得るので、希望を全て叶えた葬儀を営むなら、市民葬・区民葬以外のプランも検討すべきでしょう。

近年では、格安で魅力的なプランを用意している葬儀社が増えているので、市民葬・区民葬とどちらがより予算や希望に合っているか比較することをおすすめします。

市民葬・区民葬はメリットとデメリットをよく比較して検討を

市民葬・区民葬の大きなメリットは、安価で標準的な葬儀を行えることです。中には、複数のプランを用意している自治体もあるため、ある程度の希望は通ります。

しかし、基本的には必要最低限のもののみしか用意されていません。オプションの追加も可能ですが、希望を全て叶えるとなると、葬儀社独自の格安プランよりも高くなるケースも出てきます。

そのため、市民葬・区民葬は信頼できる葬儀社でとにかく安く、なるべく標準的な葬儀を執り行いたい方に向いているプランだと言えるでしょう。

もし市民葬・区民葬を利用するのであれば、メリットとデメリットをよく比較して、葬儀社のプランも合わせて検討することをおすすめします。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事