遺品整理は不用品回収とは違う|遺品整理の心構え

遺品整理は不用品回収とは違う|遺品整理の心構え

身内が亡くなったとき、故人が遺した私物を整理する必要があります。

遺品整理は故人が大切にしていたものを整理するので、自分たちで整理する場合も業者に依頼する場合も思い出の品を扱う「心構え」が必要です。

また、遺品整理をするとき、不用品は回収してもらうのが一般的ですが、遺品整理と不用品回収にはどのような違いがあるのでしょうか?

遺品整理と不用品回収の違いと遺品整理の心構えについて解説します。

遺品整理と不用品回収の違いを解説

遺品整理と不用品回収は似ているようで異なるものです。

遺品整理と不用品回収の違いを解説します。

遺品整理とは故人の私物を整理して部屋を掃除すること

遺品整理とは故人の私物を必要なものと不要なものに仕分け、整理をして、部屋を綺麗に掃除することです。

大掃除とも似ていますがただの掃除ではなく、相続に関する貴重品も整理しなくてはならないため、細かなところまで徹底的な整理を行います。

不用品回収は不用品を回収するだけで遺品の分別は行わない

遺品整理と混同されやすい不用品回収は、仕分けや掃除などは行わず、不用品の回収と処分みのを行います。

遺品整理の作業内容

  • 不用品の回収・処分・分別
  • 遺品の買取
  • 貴重品捜索
  • 遺品の供養・お焚き上げ
  • 簡易清掃・ハウスクリーニング
  • 消臭
  • 家屋解体
  • リフォーム
  • 不動産仲介・買取
  • 車やバイクの買取
  • 相続の相談

※業者によって作業やサービス内容は異なります

不用品回収の作業内容

遺品整理は貴重品や大切なものを取り扱うので、ものの扱いが丁寧です。一方の不用品回収は不用品のみを取り扱うので、業者に依頼した際の物の扱い方が雑になります。

不用品回収は基本的に回収するだけなので、遺品整理を業者に依頼する場合は、不用品回収業者ではなく遺品整理業者に依頼しましょう。例え不用品が大量に出てしまった場合でも、遺品整理業者が回収してくれるので問題ありません。

遺品整理は遺品の供養も行う

遺品整理の特徴のひとつが遺品の供養やお焚き上げも行うことです。

遺品整理はただ故人の私物を整理するだけではありません。業者に依頼すれば、思い出の詰まった品や愛用品など、処分しにくいものの供養やお焚き上げをしてもらえます。

寺院で供養するケースと業者側で供養するケースがあるので、依頼する場合は供養する方法について問い合わせるとよいでしょう。

故人が大切にしていたものを整理する遺品整理の心構えとは

故人が大切にしていたものを整理する遺品整理の心構えとは

遺品整理を進めていくうちに不用品だけでなく、故人が大切にしていた愛用品や思い出の詰まった品が必ず出てきます。

処分しにくいものがたくさん出てくるのが、遺品整理の最大の問題点。最大の問題と向き合うためには、思い出の品を扱う心構えが必要です。

遺族で遺品整理する場合と、業者に依頼する場合にわけて、遺品整理の心構えを解説します。

遺族で整理する場合は無理をせず優先順位をつけて整理する

遺族で遺品整理をする場合は、無理をしないで進めるようにしましょう。

故人と近い関係であるほど、精神的に辛い場面が多々あると思うので、後悔のない遺品整理をするためには無理をしないことが大切です。

無理をしないためには、優先順位をつけて整理することをおすすめします。

整理するたびに思い出に浸っていてはいつまでも辛いばかりで、なかなか不用品を処分できません。

いつまでも片付けないわけにはいなかいので、思い出の優先順位を決めて、不要なものを処分して必要なものだけを残しましょう。

優先順位をつけるときは、ある程度基準を作っておくと作業が進めやすくなります。

思い出ときちんと向き合うことが遺品整理をするうえで大切なので、不用品として遺品を処分しても、思い出は忘れないようにそっと心の中にしまっておきましょう。

遺品整理は精神的に大変な作業ではありますが、いつまでも遺品を放置している方が故人に失礼だと心構えることで、向き合いやすくなるかもしれません。

遺品整理業者に依頼する場合は主導権を握って丸投げをしない

後悔のない遺品整理を行うためには、遺品整理を業者に依頼する場合でも、作業は丸投げをしないことが大切です。

遺品整理を行う機会は人生に幾度とないため、依頼する側にとっては初めてのことが多いでしょう。不慣れで知識が乏しいゆえに、業者に言われるがままになってしまうケースがあります。

しかし、業者に主導権が握られて丸投げになってしまうと、残しておきたいものが処分されたり、不用品を全て回収してもらえなかったりなど、さまざまなトラブルの原因になることも・・・。

もちろん、業者は遺品整理のプロなので、基本的なことはお任せして問題ありません。ただし、何を重視して作業してほしいのかはっきり伝えて、主導権は握ったままで丸投げはしないようにしましょう。

遺品整理と不用品回収は対応やサービス内容が全く違う

遺品整理と不用品回収は混同されやすいですが、対応やサービス内容が全く違います。

ただ不用品を回収してほしいだけなら、不用品回収業者に依頼するだけで問題ありませんが、きちんと仕分けをしたいのなら遺品整理を行いましょう。

自分たちで遺品整理を行う場合は、無理をせずに思い出に優先順位をつけて、思い出と向き合いながら整理を行うと良いです。

また、業者に依頼する場合は、主導権は握ったままで丸投げはしないことが大切です。

遺品整理は精神的に大変な作業ですが、後悔のなく整理できるように、思い出のものを扱う心構えを持ちながら作業を進めましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事