終活年賀状は40歳代からはじめても大丈夫!ポイントや注意点を例文を交えてわかりやすく解説

終活年賀状は40歳代からはじめても大丈夫!ポイントや注意点を例文を交えてわかりやすく解説

終活年賀状とは、年始に出していた年賀状を廃止することを相手に伝えるもの。近年では40歳代から終活年賀状をはじめるケースも増えてきました。

年賀状を辞める理由は年齢によるものや忙しさによるものなどさまざまありますが、相手に「人間関係のお付き合いを辞める」という誤解を招かないように注意しなければなりません。

終活年賀状を出す際のポイントや注意点を、そのまま使える例文を交えて詳しく解説します。

終活年賀状とは年賀状じまいのための年始の挨拶

年始の挨拶として親戚や知人に出していた年賀状を廃止することを「年賀状じまい」と呼びます。年賀状じまいをする旨を記載して送る年賀状が「終活年賀状」です。

高齢になり、年賀状を書くことや宛名の管理が負担になったといった理由で、終活年賀状を出したいという人が増えています。

終活のために人間関係の整理をすることも、目的のひとつとなるのです。

終活年賀状を発送せずに年賀状を出さないことでも年賀状じまいは行えますが、郵送事故の可能性や、健康上の理由で郵送できなくなったのかと心配する人もいるでしょう。

相手にいらぬ心配をかけないように「来年から年賀状は出しません」と宣言し、儀礼的なお付き合いをきちんと終了させるための挨拶状が終活年賀状です。

40歳代で終活年賀状を出しても大丈夫

最近では、年賀状でわざわざ近況報告をせずとも、携帯電話やインターネットが普及したこともあり、電話やメール、SNSなどで気軽に連絡を取り合うことができるようになりました。

そのため、40歳代や50歳代でも、思い切って年賀状じまいをされる方が増えています。

40歳代であっても、日頃からメールやSNSに慣れ親しんでいる人であれば、ハガキでの年始挨拶は終了してネット上のやりとりだけにしてしまうのも一案です。

終活年賀状を出すタイミング

終活年賀状を送るのにふさわしい年代は60歳代~80歳代と言われていました。

これは満60歳の還暦をはじめとする、いわゆる祝年(いわいどし)が60歳代~80歳代には多くあるからです。

祝年を人生の節目と考えて年賀状じまいをすれば、年賀状じまいを寂しいものでなく慶賀として捉えることができます。

祝年は、以下のとおりです。

  • 還暦(かんれき):61歳(満60歳)
  • 古希(こき):70歳
  • 喜寿(きじゅ):77歳
  • 傘寿(さんじゅ):80歳
  • 米寿(べいじゅ):88歳
  • 卒寿(そつじゅ):90歳
  • 白寿(はくじゅ):99歳
  • 紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじゅ):100歳

100歳を超えた長寿祝いには、108歳の茶寿や111歳の皇寿、120歳の大還暦があります。人生の節目としてはもうひとつ、60歳または65歳の定年退職も大きな節目です。

仕事関係の年賀状が多かった人は、定年退職を機に年賀状じまいをするのも良いでしょう。

終活年賀状を出すときのポイントと注意点

終活年賀状を出すときのポイントと注意点について、文例もお示ししながら解説します。

終活年賀状の理由は自己都合で

今回の年賀状が最後となる旨を明確に伝えます。どうして年賀状じまいをするのか、相手が納得する理由も書き添えましょう。

また、「やめる」「これで最後」「終わり」といった直接的な表現は避け、「ご遠慮する」「控える」「失礼する」「書き納め」といったマイルドな言い回しにすると相手に良い印象を与えます。

この他にも、多忙を理由にしたいと考える方もいるかと思いますが、直接的に多忙と表現するのはお勧めできません。

「そちら(差出人)の都合でこちらへの礼儀を怠るのか」「私に年賀状の一枚も出せないほど忙しいのか」とネガティブに受け取られる恐れがあるからです。

介護と仕事の両立で忙しいならば、親との時間を大切にしたい、などマイルドな表現を用いて、他の交流手段をお伝えするのが無難でしょう。

理由の文例

理由を書くときの表現の文例は以下の通りです。

  • 還暦を迎え思うところあり
  • 寄る年波を感じるに至り
  • 高齢により筆をとるのが難しくなりましたので
  • SNSを始めましたので
  • 家族のすすめもあり

年賀状じまい宣言の文例

宣言の文例を下記紹介します。

  • 年始のご挨拶を今年限りとさせて頂きます
  • 本年をもちまして新年のご挨拶状を最後とさせて頂きます
  • 新年のご挨拶は、今年限りで失礼させて頂きます
  • 本年にて年賀状を書き納めとする所存です

40歳代や50歳代の年賀状じまいの理由の文例

40歳代や50歳代が年賀状じまいをする場合、不自然ではなく相手に受け入れてもらいやすい理由の文例は、以下の通りです。

●時代の移り変わりを理由にする
さて、SNS全盛の昨今、私も今まで皆さまと交わして参りました年賀状を来年からはご遠慮させていただきたくお願いいたします

※今後はメールやSNSでの連絡に切り替える場合の理由として使えます。

●家族を理由にする
おかげさまで今年は末の娘も就職し、親の手から巣立つこととなりました

私ども夫婦もこれを機に終活を始めることとなり、その一環として年賀状でのご挨拶は今年をもって失礼させていただきたく存じます

●年齢を理由にする
私も本年で58歳、還暦も近づいてきた今、心機一転新しいチャレンジをしていきたいと思っております

毎年皆さまからいただいております年賀状も、来年からはメールでのご挨拶に代えさせていただく所存ですので、悪しからずご了承ください

皆様に出しているという旨を記載する

終活年賀状を受け取ったとき、「『私と』付き合いをやめたいんだ」と誤解する人もいるかもしれません。そうなると、せっかくこれまで大切にしてきた人間関係にヒビが入ってしまうこともあります。

そこで気まずい思いをしないよう、「あなただけではなく、みんなに出しているんですよ」ということが伝わる表現を選ぶようにしましょう。

「これまで皆さまと交わして参りました年賀状ですが、今後は〜」や、「どなたさまもご理解いただければ幸いです」などのような表現を用いるのがおすすめです。

もし、少数の方には年賀状を出し続けるつもりで、年賀状を送る相手とそうでない相手が実際にはいたとしても、必ず「皆様に」「どなたさまにも」という表現を入れます。

自分だけ、と相手に思われてしまうと、相手の気分を害してしまう可能性があるためです。

親戚や共通の友人など近しい関係の方に送る場合には、全員に統一して同じ内容の物を送り、トラブルにならないように注意しましょう。

今後の連絡先と、どう対応してほしいかを記載する

年賀状じまいをしてからもお付き合いを続けたい相手には、今後の交流手段も伝えます。

SNSなどのアカウントでも良いでしょうが、電話番号など自分で確実に連絡が取れると思うものも含めておくのが望ましいです。

電話番号やメールアドレス、LINEなどの連絡先や、Facebook、インスタグラム等のSNSアカウントを記しておけば、これまでとはまた違った交流をとることもできます。

「今後はメールや電話等でご連絡頂ければ幸いです

以後はSNSにて近況報告を行わせて頂きます

今後とも〇〇経由のお付き合いのほど何卒よろしくお願い申し上げます」

上記のように書き添えましょう。

終活年賀状の発送を機にお付き合い自体も遠慮したい方に対しては、代替手段の記載を省略しても構いません。

年賀状を送りあう程度しかお付き合いがなかったとしても、連絡先が書いてあったほうが関係を継続する意思があるということが見えるので、受け取った相手も気分を害さず済むでしょう。

「SNSなどはあまり人に知らせたくない」と考える人は、終活年賀状用のフリーアドレスなどを取得する方法もあります。

また、今後相手からの年賀状は受け取るのか、辞退するのかを書き添えると親切です。

自分は送らないのに送ってもらうのは申し訳ないので、受け取りも辞退させて頂く、という形式でも構わないですし、受け取りはするということでも構いません。

お詫びや感謝の気持ちを伝える

自己都合で年賀状を辞めることに対してのお詫びや、これまでのお付き合いについてのお礼を伝えます。

お詫びは、「勝手ではございますが、ご容赦ください」というように、お礼は「これまで心のこもった年賀状をいただき、ありがとうございました」などというように表現するとよいでしょう。

また、「今後も変わらぬお付き合いを賜りますよう」などというように、今後のお付き合い継続のお願いについても触れます。

もし、ほとんど年賀状だけのお付き合いで、それをやめてしまうと関係が途絶えてしまうような方がいたとしても同じように記載しましょう。

可能であれば手書きでメッセージを添える

枚数が多い場合は仕方がないですが、可能であれば、一言でも手書きのメッセージを添えるのが望ましいです。相手に誠意が伝わります。

特に目上の人に送る場合は、手書きの一文は必須です。

デザインは、普通の年賀状と同じで構いません。気になる方は、フォーマルなデザインを選ぶとよいでしょう。

理由別 終活年賀状の例文

理由別 終活年賀状の例文

理由別の終活年賀状の例文をご紹介します。

年齢を理由として終活年賀状を出す場合

「〇〇様におかれましてはお健やかに新春をお迎えのことと存じます

さてわたくしも古希を迎え手足の衰えを感じるようになりました

皆様と交わしておりました年賀状ですが誠に勝手ながら今年をもちまして書き納めとさせていただきます

長年にわたり温かい賀状を賜りありがとうございました」

「明けましておめでとうございます

お元気に新春をお迎えのことと存じます

旧年中はご厚情を賜りありがとうございました

さて私におきましてはここ最近文字の読み書きが辛くなって参りました

そのため本年を持ちまして新年のご挨拶状を最後とさせていただきます

勝手ではございますが今後も変わらぬお付き合いのほどお願い申しあげます」

「謹賀新年

寄る年波により、最近では年賀状の作成が難しくなって参りました。

そのため、本年をもちまして皆様への新年のご挨拶を終了とさせて頂きます。

今後とも皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。」

「謹賀新年

旧年中は大変お世話になりました

令和初のお正月となりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか

人生100年時代と言われておりますが、私もそろそろ折り返し地点を迎えております

大変恐縮でございますが、終活の一環として

皆様への毎年の年賀状は今年で最後とさせていただく所存です

誠に勝手ではございますが今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します

令和〇年 元旦」

「新春のお慶びを申し上げます

私も今年で喜寿(米寿、70歳、80歳)になります

高齢になり、毎年の年賀状の準備が難しくなって参りました

そのため誠に勝手ではございますが、今年をもちましてどなた様にも新年のご挨拶状を最後とさせていただきます

皆様からの年賀状は毎年楽しみにしておりましたので、もし差支えなければ例年通りお送りいただけますと励みになります

今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します

時節柄、お風邪など召されぬようご自愛ください

令和〇年 元旦」

年賀状から他の連絡手段に変更したい場合

「あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

本年も何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

私事ではございますが、今後は新年のご挨拶を含む近況報告をFacebook(その他SNS)でさせて頂くことといたしました。

勝手都合により恐縮ではございますが何卒ご承知おき頂き、今後は(アカウント)までご連絡頂ければ幸いです。」

「謹賀新年旧年中は大変お世話になりました

恐縮でございますが時代の移り変わりもあり、

本年をもちましてどなた様にも年始のご挨拶を控えさせて頂く事に致しました

非礼を深くお詫びいたします

今後はメールや電話、ラインにてお付き合いをさせて頂ければ幸いです

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

令和〇年 元旦」

「あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりありがとうございました

さて、本年で私もちょうど50歳を迎え、人生の折り返し地点に差し掛かりました

つきましてはこれを機に、皆さまと取りかわして参りました年賀状を、

本年をもってご遠慮させていただきたく存じます

勝手ながらご容赦ください

来年からは、メールにて新年のご挨拶を申し上げますので、

今後ともかわらずお付き合いくださいますようお願いいたします

(メールアドレス)」

40代、50代で忙しさを理由に終活年賀状を出す場合

直接的に多忙と表現するのはお勧めできません。

「私に年賀状の一枚も出せないほど忙しいのか」とネガティブに受け取られる恐れがあるからです。マイルドな表現を用いましょう。

文例は以下のとおりです。

「旧年中は大変お世話になりありがとうございました

さて毎年の年賀状でありますが高齢の親との時間を大切にしたいため本年を持ちましてご遠慮させていただきます

ご無礼をどうかお許しください

これからは電話やメール、ライン等で近況報告をさせていただければ幸いです

勝手都合により恐縮ではございますが何卒ご承知おきいただき今後は(連絡先)までご連絡頂ければ幸いです」

「あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

本年も何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、SNS全盛の昨今、私も今まで皆さまと交わして参りました年賀状を来年からはご遠慮させていただきたくお願いいたします。

今後は新年のご挨拶を含む近況報告をFacebook(その他SNS)でさせて頂くことといたしました。

勝手都合により恐縮ではございますが何卒ご承知おき頂き、今後は(アカウント)までご連絡頂ければ幸いです。」

「謹んで新年のお祝いを申し上げます

旧年中はいろいろとお世話になりありがとうございました

おかげさまで今年は末の娘も就職し、親の手から巣立つこととなりました

私ども夫婦もこれを機に終活を始めることとなり、その一環として年賀状でのご挨拶は今年をもって失礼させていただきたく存じます

これからは電話やメール等で近況報告をさせていただければ幸いです

今後とも変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願い申し上げます

令和〇年 元旦」

まとめ 40歳代で終活年賀状を送る場合は年賀状じまいの理由をマイルドに表現するのがベター

40歳代や50歳代で終活年賀状を送る場合は、交流自体を辞めると勘違いされたり、相手のために年賀状一枚も書けないのかと失礼な印象を与えてしまったりする恐れがあります。

相手に不愉快な思いをさせないよう、年賀状じまいの理由をマイルドな表現にすることが大切です。

また、それ以外の点でも絶縁状のように受け取られないように、相手の立場を配慮した表現を心がけましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事