煩悩の数はなぜ108個?煩悩の本来の意味や108個となった由来を解説

煩悩の数はなぜ108個?煩悩の本来の意味や108個となった由来を解説

大晦日に除夜の鐘を108回撞くことから、人間の煩悩は108個あるとされているのは、ほとんどの方がご存知のことでしょう。

しかし、人間の煩悩がなぜ108個といわれているのか、その理由や本来の意味までご存知の方は少ないのではないでしょうか。

煩悩という言葉は、現代では「煩悩にまみれている」等あまりよくないイメージで使われがちですが、実際にはもっと広い意味を持つ言葉です。

煩悩の意味を知ることでわたしたち人間の幸せや心のあり方について考えるヒントとを得ることが出来ます。

煩悩の本来の意味や、煩悩の数が108個とされている由来を詳しく解説します。

煩悩の意味を解説

「煩悩」という言葉は、仏教用語であり、惑(わく)、随眠(ずいみん)とも呼ばれます。

まず、煩悩とはどのような意味を持つ言葉であるかを解説していきます。

煩悩は人の心身を悩ませ悟りを妨げるもの

仏教において、煩悩とは、「心身を悩まし、乱し、煩わせ、汚す心の作用」のことを指し、悟りを妨げ、人間の苦の原因となるものです。

煩悩には、一切の欲望、他者への怒りや憎しみ、仮の実在への執着などといったものがあります。

例えば、お金や地位や恵まれた容姿などは、手に入れることによって幸せになれると多くの人が信じています。

しかし、仏教では「有無同然」という言葉があり、これは、私たち人間には、何かを手に入れていないこと(無)に対しての苦しみがある一方で、手に入れたこと(有)によって生じる苦しみもあることを示しているのです。

例えば、お金が無いと、私たちは自分の望むものが手に入れられなくて苦しいと感るでしょう。一方で、お金を手に入れると、今度はそれを失うことを恐れたり、どのように管理していくかに不安を感じたり、また別の苦しみを味わう事になります。

このように、この世を生きる限り、私たちは何かを得たいという欲望によって苦しみ、またその何かを得られた際には、今度はそれを失いたくないという執着によって苦しみます。

こうした心の動きが煩悩と呼ばれ、私たちはこの煩悩にとらわることで、悟りを得ることが難しいのです。こうした悟りを得られない心の状態は「無明(むみょう)」と呼ばれます。

仏教は、私たち人間がこれら煩悩にとらわれることなく、無明から抜け出し、悟りを得るための教えとされています。

煩悩は三毒からくる

煩悩は人を苦しめ、悩ませるもので様々な種類がありますが、その中でも特に人間の諸悪・苦しみの根源となる煩悩が3つあるとされ、それらは「三毒(さんどく)」と呼ばれています。

三毒は、貪・瞋・痴(とん・じん・ち)の3つから構成され、それぞれ「貪欲(とんよく)」・「瞋恚(しんに)」・「愚痴(ぐち)」とも呼ばれます。

三毒のそれぞれの意味は下記のとおりです。

  • 貪:むさぼり。必要以上に求める心。
  • 瞋:怒りの心。憎しみの心。
  • 痴:審理に対する無知の心。

また、貪・瞋・痴は、それぞれ動物の鶏・蛇・豚に喩えられることもあります。

煩悩がなくなれば幸せになれるわけではない

人の悩みや苦しみの種になっているのであれば、煩悩はなくなったほうが良いと考えるのは自然なことでしょう。

しかしながら、なにかしらの欲求があり、その欲求が叶えられないことに悩み、叶えようと努力してきたからこそ、人間の技術や社会は発展し、私たちの暮らしはより豊かになり、幸福になってきたという側面もあります。

また、大乗仏教の教義では、悟り(菩提)もそれを妨げる迷い(煩悩)も、ともに人間の本性の働きであり、煩悩があるからこそ人は悟り(菩提)を求めようとする心が生まれるので、煩悩と菩提は別の物ではないという考え方があります。この考え方は「煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)」と呼ばれています。

言い換えれば、煩悩を縁として、私たちは悟りに近づくことが出来るのです。

このように、煩悩は人間の本性の働きであり、なくせば幸せになれるわけではなく、むしろ煩悩をなくそうとすることによってまたひとつの執着を生み、苦しみを生むことにもなり得ます。

煩悩をなくそうとするよりも、煩悩にとらわれすぎないように自分の心を見つめなおすことで、より私たちは幸せに気付くことが出来るのではないでしょうか。

煩悩の数が108個である由来を解説

煩悩の数が108個である由来を解説

煩悩の数は俗に108個とされています。しかし、なぜ108個であるといわれるようになったのでしょうか。

この108という煩悩の個数の由来については、いくつかの説があります。

人間の煩悩が108個ある理由を説明するものとして最も有名なのが、六根(ろっこん)を由来とする説です。

六根とは、仏教において、感覚や意識を生じ、またそれによって迷いを起こさせる原因となる6つの器官のことを意味します。

具体的には、眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の6つです。

これら6つの器官から生じる煩悩は、それぞれ好・悪・平という3種類に分かれ、さらに浄(きよらか)・染(きたない)の2種類に分類されます。

それら煩悩は前世(過去)・現世(現在)・来世(未来)という三世(3つの時間)にわたって人を悩ませるとされているのです。

以上から、煩悩は6(六官)×3(好・悪・平)×2(浄・染)×3(三世)=108通りになるというのが、六根を由来とする説。

六根を由来とする説の他には、古代インドで「108」という数字は「とても多い」という意味で使われていたことに由来しているという説や、暦を由来とする説(十二か月(12)と二十四節気(24)と七十二候(72)の合計で108となることを由来とする説)などがあります。

煩悩の数については諸説ある

ここまで、煩悩の数が108とされる由来について解説してきましたが、実は、煩悩の数は108以外にも諸説あり、多いものでは84,000の煩悩があるとする説もあります。

煩悩の数が用いられているもの

一般的に煩悩の数とされている108という数ですが、これは大晦日で除夜の鐘を撞く回数に使われていることでも有名です。

その他にも、煩悩から脱却し、悟りを得ようとする仏教の教義を表すために、数珠の基本の玉の数にも108個という個数が広く用いられています(ただし、最近では、略式数珠として108の約数である27や36の玉数で作られた数珠も多く作られています)。

まとめ 煩悩は人間にとって必要なもの

「煩悩」と聞くとマイナスのイメージが湧く方が多いかもしれませんが、煩悩は悩みや苦しみの種となる一方で、わたしたち人間の本質でもあります。

煩悩があるからこそ、人間の社会は発展してきたという面もあり、大乗仏教では、煩悩を縁として人は悟りに近づくことが出来るという考え方もあります。

つまり、煩悩は人間を人間たらしめているものともいえるのです。

煩悩そのものをなくそうとするよりも、自分の心を見つめなおし、煩悩にとらわれすぎていないか静かに省みることによって、私たちの心はより平安に近づけるのではないでしょうか。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事