訃報への返信はメールやLINEでも大丈夫?関係性別に注意点や文例を解説

訃報への返信はメールやLINEでも大丈夫?関係性別に注意点や文例を解説

スマホが普及したことでメールやLINE等のSNSで訃報の連絡がくることも増え、人の死を知らせる訃報だからこそ返信の内容はよく考えなければいけません。 

訃報への返信は様々なマナーがあり、知らずに送ってしまうと失礼になってしまう場合もあります。

そうならないためにも、友人から。会社から。ビジネス先や親戚までの訃報の返信方法や注意点、文例を関係性別に解説します。


訃報の返信方法のマナーとメールやLINEでの返信方法を解説

突然のお悔やみメールが送られてくるとどう変身すればいいのか困ってしまいますよね。 

人の死は突然訪れるもの。初めて訃報のメールが来て返信を必要と迫られている人にとってはどうしていいものかわかりません。 

また、手紙などでしか訃報をもらったことがない人にとってはそもそもきちんとした形式で返信したほうがいいのではとも思ってしまうものです。 

訃報の返信はメールやLINEでもOK

結論からいいますと訃報の返信はLINEなどの通話アプリ、メールなどでも問題はありません。 

しかし、その訃報の返信内容はマナーという観点からは気を使った方がいいと言えます。

例えばLINEやメールなどのお悔やみメールへの対応をする場合、友人や親戚などの親しい間柄、または普段から連絡を取り合っている上司や同僚などであればなんの問題もありません。 

取引相手などのビジネス間のやり取りがある相手にはLINEやメールでの訃報返信には十分注意が必要です。 

例えばFAXや電話でそういった情報がきたのであればそれにあった対応をしなければいけません。 

連絡方法はすべての人間にたいして一緒というわけではありませんのでその都度、連絡方法に対する返信の確認は怠らないようにしましょう。  

また、訃報の返信をする際には言葉の使い方も気をつけなけれいけません。 

人が亡くなった時の言葉の中には「忌み言葉」と呼ばれるものや、亡くなった人に対する敬称は特にを付けなければいけない言葉があるのです。 

訃報に返信するときの基本的なメールの例文

では実際に訃報を返信するときの基本的なメールの例文をご紹介します。

今回は相手方の父親がなくなった場合です。

〈例文〉

この度はご尊父様の訃報に接し、大変驚いております。

心身ともに大変な時かと思いますが、体にはどうかご自愛ください。

まずは略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。

お悔やみのシーンで用いられる敬称

故人の敬称にもお悔やみメール(訃報)を送る、返信する際には注意しましょう。 

例えば母の場合は「ご母堂様(ごぼどうさま)」。

父の場合は「ご尊父様(ごそんぷさま)」といった感じです。

妻の場合は「ご令室(ごれいしつ)」、夫の場合は「ご主人様」と関係性の敬称はとくに注意しましょう。 

この敬称は弔電などにも使えます。 
弔電の作法や例文は下記ページを参考にしてください。

避けるべき忌み言葉や重ね言葉を知っておこう

忌み言葉とは葬式などの人が亡くなった場面で避けるべき言葉、絶対に使ってはいけない言葉のことを言います。 

よく上司やビジネスなどでのやり取りで

  • 「たびたび」
  • 「重ね重ね」

などの言葉を使うと思います。 

これらのネガティブな場面などでもよく使うこの言葉は不幸を繰り返すという連想ができてしまうため、人が亡くなったことを伝える訃報の返信では不適切とされています。 

「重ねて」や「続いて」なども「重ね重ね」などと同じよう不幸を連想させるので注意です。 

 重ね言葉は同じ言葉を続けて使う日本語表現のこと。この場合は重ね重ねや度々などは当てはまります。

これらは冠婚葬祭の場では禁句とされているので、使わないようにしましょう。

また数字にも気を付けなければいけません。 

例えば4は死を連想させます。 

9は苦をイメージしますので不吉な数字とされています。 

数字はあんまり使わないかもしれませんが覚えておくといいでしょう。 

覚えるのがちょっと難しい場合は、不幸を連想させるような言葉、離別を想起させるような言葉をお悔やみメールの返信の際には避けるとシンプルに覚えておくといいかもしれませんね。 

宗教や宗派に合わない言葉は使わない

また、故人や故人の親戚、家族が信奉している宗教の忌み言葉も控えるべきです。 

例えば仏式葬儀の場合は

  • 「浮かばれない」
  • 「迷う」

などはタブーとされています。 

キリスト葬儀の場合は

  • 「冥福」
  • 「供養」
  • 「往生」

など訃報の返信の際で知らずによく使ってしまいがちな言葉も禁止です。 

キリスト教を信仰している方には「ご冥福をお祈りしています」などは使わない方が無難です。

関係性別の注意点や文例を解説

関係性別の注意点や文例を解説

訃報の返信は友人や親戚などの親しい間柄や、同僚や上司などの会社関係、取引先などのビジネス関係などでまた返信の内容は違ってきます。 

もちろん、フランクな間柄であればある程度は畏まらなくても問題はありませんが、会社関係ともなると言葉選びには気を付けた方がいいといえます。 

特に人の死の話題はデリケート。少しの無礼がこれからの関係悪化につながりかねません。とくに日本人は礼儀を重んじる国民性ですので十分に注意しましょう。 

お悔やみメールの返信の例文とともにそれらを見ていきます。 

会社の方やビジネス関係の方への返信の注意点

まずは会社やビジネス関係の方に当てる返信に注意点や例文をご紹介します。

〈上司や同僚などに使う例文〉

この度はご主人様の悲報の接し、心からお悔やみ申し上げます。 突然のことでしたので、驚いております。 お気持ちはいかばかりかと、お慰めの言葉もありません。 やむを得ない事情により、お通夜、ご葬儀ともに駆け付けることがでいず大変申し訳なく思っております。 どうかお力を落とされませんよう、願っております。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 ご返信は不要です。 

 という感じが差し触りがないかと思います。 

とくに会社関係は友人のようにとはいきませんので、その状況に応じて文面を変えましょう。 

敬称は亡くなった方に応じて変えるようにしましょう。 

親しい間柄でなければ「突然のことでしたので~」の一文はいらないでしょう。 

ちなみに取引先などのビジネス関係の場合は……。

〈取引先などに使う例文〉

このたびは〇〇様にご不幸があったことに際し、心からお悔やみ申し上げます。  心身ともに大変な時期かとは存じますが、どうぞご無理をなさいませんように。  直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼します。   謹んでご冥福お祈りいたします。 

ビジネス関係だと時候の挨拶を気にしたりしますが、訃報の返信には時候の挨拶は必要ありません。

この場合はシンプルな前置きと用件を伝えるだけでも問題ないですよ。 

訃報の返信は連絡をしてきてくれた人、そして故人と自分との関係性によって変わってきます。 

また、その人が信仰している宗派、宗教で言葉使いに気を付けなければいけません。 

そのあたりがわからない場合は差し障りのない文面を送りましょう。 

親しい友人への返信の注意点

親しい間柄送る訃報の返信の方法を良いパターン、駄目なパターンで挙げていきます。 

今回はLINEやメールの際の連絡方法での例なのでぜひ参考にしてみてください。

こういったパターンは知らないとよく送りがちなので注意が必要です。

〈良いパターンの例文〉 

ご尊父様がご逝去されたとの悲報に接し、さぞやお心落としされているかと存じます。大変な時に連絡をしてくれてありがとう。ご尊父様のご冥福心よりお祈りしております。大変な時期だとは思うけど、なにかできることがあれば遠慮なく言ってね。

親しい仲にも礼儀ありといいう言葉があるように、フランク過ぎず、少し硬く柔らさが残る文面が適切です。 

もちろん、気心の知れている相手だからといって何を返信してもいいというわけでもありません。 

訃報の返信は短すぎず、長すぎず、そしてシンプルがベストです。 

こういったメールだと時候の挨拶や件名を入れないとと思ってしまいますが、メールやLINEなどの媒体は件名の欄がないことも多いので、ない場合は特に気にすることはありません。 

ちなみに駄目た例文は……。

〈駄目なパターンの例文〉 

え、お父さんなくなっちゃったの。。。 突然の連絡でびっくりしちゃった(;_:) 今は辛いだろうけど元気だして……。 心よりご冥福お祈り申し上げます。

よく送ってしまいがちな絵文字やフランクな内容の文面。 

こと訃報の返信においては絵文字やフランクさはタブーで、その非常識さが関係性に軋轢を生みかねません。 

LINEの場合は後追いのスタンプも絶対駄目です。 

とくに人が亡くなった際のメールの返信は気を遣うようにしましょう。 

親戚への返信の注意点

親戚の場合は硬すぎず、しかしフランク過ぎないことを意識します。

以下だと親しくない親戚、親しい親戚でも扱うことができるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

〈例文〉

突然のご家族のご逝去の報に際し、なんと申し上げてよいのか言葉もありません。 皆さまのお心痛を思うと胸が締め付けられる思いです。 私にできることがあれば遠慮なくご連絡ください。  この度は、心よりお悔やみ申し上げます。 

ビジネス関係の訃報は相手のことを知らないことが多いですが、親戚の死ともなると顔を合わせたことがある人やそれに近しい間柄が多いです。

相手を思いやる気持ちを文面に込めるとよりよくなります。


まとめ〜訃報への返信は相手に合わせてシンプル丁寧に行うこと

人はいつしか死ぬもの。今は葬儀の参加経験や訃報の返信の経験がなくても、いつかはする日が来るものです。 

その際に日常的な感性でメールやLINEを返信していては非常識な人間だと思われかねません。 

今回ご紹介した忌み言葉や返信のマナー、友人や親戚、会社関係などのビジネスごとにご紹介した例文を参考に然るべき日、然るべき時の返信としてぜひ活用してみてください。 

 訃報の返信を実際に目にするとシンプルすぎてしまうのではないかと思いますが、逆にシンプルな方が簡潔で理解しやすくていいですよ。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事