敬称の一つである御母堂/御丈母・御尊父・御岳父も解説

御母堂は「ごぼどう」と読みます。漢字から母親の敬称だと想像できますが、誰のお母様を表すのかご存じでしょうか?

最近では耳慣れない言葉になりましたが、知っておくと便利な表現です。

そこで、「御母堂」や「御尊父」など改まった表現について解説します。

御母堂は相手の実母のこと

御母堂とは、相手の実母に対し尊敬の念を込めた敬称です。「ごぼどう」と読みます。

“御”を付けず“母堂”だけでも相手を敬う言葉となりますが、御母堂という使い方をするのが一般的です。

ただし、相手との関係性によっては御母堂とかしこまって呼ぶよりも、お母様もしくは氏名で呼んだ方がいいという考えもあります。地域によっても独自のルールが定められていることがあるので、御母堂という敬称は慎重に使った方がいいでしょう。

また御母堂は相手の実母に対する敬称なので、自分の実母に使うのは間違いです。

日常生活では御母堂という言葉を使うことはほとんどないので、意味や使い方を知らないという方は多いです。御母堂は相手に敬意を表す言葉なので、知っておいて損はないでしょう。

御母堂以外の続柄別敬称

相手の実母以外の続柄はどのような敬称になるのでしょうか。

日常生活で使う機会は少なくても、覚えておくといざという時に役に立つものです。

相手の実父の敬称〜御尊父(ごそんぷ)

相手の実父を敬う言葉は、御尊父(ごそんぷ)です。“尊父”だけでも敬称になるのですが、言葉の始めに“御”を付けるのが慣例です。

御母堂と同じく自分の実父には御尊父は使いませんし、関係性によってはお父様と呼んだ方がいい場合もあります。

御尊父と呼ぶべきなのか、お父様と呼ぶべきなのかというのは相手との関係性を考慮するといいでしょう。

妻から見て夫の母(義母)の敬称〜御岳母(ごがくぼ)

相手の実母は御母堂という敬称になると説明しましたが、妻から見た配偶者の母親(義母)は御母堂ではなく御岳母という敬称になります。読み方は、ごがくぼです。

御岳母は配偶者の母親に対する敬称なので、第三者が使うのと間違いになります。

ただし現在では、御岳母ではなく御母堂と呼ぶことも受け入れられています。時代の流れによって、少しづつ使い方が変化していくのでしょう。

夫から見て妻の母(義母)の敬称〜御丈母(ごじょうぼ)

夫から見て妻の母(義母)を敬う言葉は、御丈母です。ごじょうぼと読みます。

御丈母ではなく、御母堂という敬称を使っても咎められることは少ないでしょう。

妻から見て夫の父(義父)の敬称〜御岳父(ごかくふ)

妻から見て夫の父に対する敬称は御岳父となり、読み方はごかくふです。

御岳父ではなく、御尊父と呼んでも間違いではないとされています。

夫から見て妻の父(義父)の敬称〜御岳父(ごがくふ)

夫から見て妻の父(義父)を敬う言葉も、御岳父(ごがくふ)となります。こちらも御岳夫ではなく、御尊父と呼んでも問題ありません。

ただし御岳父という本来使うべき敬称があるので、相手に敬意を払う意味でもできる限り正しい使い方をした方がいいでしょう。

続柄に合わせた敬称

紹介した続柄以外にも、それぞれ敬称があります。

いくつか下記にまとめました。

  • 祖母は御祖母様
  • 祖父は御祖父様
  • 夫は御主人様、旦那様
  • 妻は御令室様(ごれいしつさま)、御令閨様(ごれいけいさま)、奥様
  • 息子は御子息様
  • 娘は御令嬢様
  • 孫はお孫様
  • 兄は御令兄様(ごれいけいさま)
  • 弟は御令弟様(ごれいていさま)
  • 姉は御令姉様(ごれいしさま)
  • 妹は御令妹様(ごれいまいさま)

叔父や叔母(伯父や伯母)の場合は、様をつけるといいでしょう。

このように、続柄によって敬称が変わります。聞き慣れない言葉が多いかもしれませんが、あらたまった場では相手を敬う言葉を使った方がいいでしょう。その為にも、それぞれ敬称を知っておくことが大切です。

御母堂様?敬称に様はつけるべき?

御母堂ではなく、御母堂様と呼ぶことも多いでしょう。

ですが、“御”と“様”を付けることで二重敬語となるのではと懸念する方がいるかもしれません。

結論から申し上げると、御母堂様という敬称は間違いではありません。あえて二重敬語にすることで、最大級の敬意を払う言葉にしているからです。葬儀の挨拶や弔電でも、御母堂様という敬称を用いてもマナー違反とはなりません。事実、弔電は御母堂様という敬称が用いられることが多いのです。

相手の実父の敬称である御尊父も、御尊父様と呼んでかまいません。

御母堂が用いられるシーン

御母堂という言葉は、日常会話で使うことは少ないでしょう。では、どのようなシーンで御母堂が用いられるのでしょうか。

葬儀

葬儀の挨拶や弔電では、相手の母親を御母堂もしくは御母堂様と呼びます。相手の父親に対しても、御尊父や御尊父様という敬称を使うべきです。

ただしお住まいの地域や、故人との関係性によって御母堂という敬称がふさわしくない場合があります。葬儀で挨拶する時や弔電を打つ際は、失礼にならないように、関係性等を高所することが大切です。

お悔やみメール

お悔やみメールを送る際にも、御母堂を使います。メールは弔電と違い、葬儀で読み上げられることはないので、親しい間柄であれば御母堂ではなくお母様と呼んだ方がいいかもしれません。例えば、ごく親しい友人の実母に御母堂という敬称を使うのは間違いではありませんが、お母様と表現した方が気持ちも伝わりやすいかもしれません。

ちなみに、これまでメールでお悔やみの言葉を伝えるのは失礼だと考えられてきました。ただ、近年ではメールで伝えることは問題ないという考えに変わりつつあります。

大切なのはどのようなツールを使うのかではなく、故人を偲び、遺族を気遣うことなのです。

ビジネス

葬儀以外では、ビジネスシーンで御母堂という言葉を使うことがあります。御母堂という言葉は葬儀の際、故人に対する敬称として使われることが多いので、亡くなった人だけに使うべきだと認識している方が少なくありません。日常生活で、これほどかしこまった呼び方をすることがないのもそのように考えられる理由の一つでしょう。

しかし、御母堂は相手の母親を敬う言葉なので、ビジネスのシーンで使っても問題ありません。会社の上司や取引先の実母を表す際、御母堂を用いると相手を敬うことにもなります。御母堂だけではなく、御尊父も同様です。

弔電における御母堂の正しい使い方 

弔電はお通夜や葬儀で読み上げられることがあります。その為、弔電を打つ際は失礼にあたらないように注意が必要です。

相手の実母が亡くなった際の弔電における正しい使い方を下記にまとめました。

  • 御母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます
  • 御母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします
  • 御母堂様の逝去を悼み心より哀悼の意を表します

相手の実父に対しても、御母堂と同じような使い方をするといいでしょう。

ちなみに弔電を送る際は、必ず喪主を確認する必要があります。故人の敬称は、喪主から見た関係性でつけるべきだからです。

例えば、亡くなった女性の息子が喪主の場合は御母堂となりますが、女性の夫が喪主であれば、女性は妻にあたるので奥様や御令室様(ごれいしつさま)となります。夫が喪主にも関わらず、御母堂を使うのは失礼にあたるので注意しましょう。

まとめ お悔やみを伝えるには相手にあった表現をすること

御母堂とは、相手の実母に対し尊敬の念を込めた敬称です。葬儀で使われることが多いため、故人に対して使う敬称と思われがちですが、御母堂は相手を敬う言葉なので生きている方にも使います。その際、御母堂様という使い方をしても問題ありません。

また、続柄によっても敬称は変わります。例えば、相手の実父は御尊父、義母は御岳母や御丈母となります。いずれも相手に敬意を払う言葉なので、正しく使うことが大切です。

御母堂という言葉は、日常生活で使う機会は少ないことですが、続柄に合わせた正しい敬称を知っておくと、いざという時のためになるものです。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事