洗礼とはキリスト教の信仰を表明するための儀式|洗礼の種類や受け方やメリットなどを詳しく解説

洗礼とはキリスト教の信仰を表明するための儀式|洗礼の種類や受け方やメリットなどを詳しく解説

洗礼とは水による再生の秘跡であり、キリスト教徒になるための儀式でもあります。全身を水に沈める浸礼は初期キリスト教では主流でしたが、現在では少なくなりました。

そして乳幼児への「幼児洗礼」は、キリスト教全宗派で行われているわけではありません。カトリックでは3世紀以降から行われており、その子供が成長してキリストとの一体を望めば再度洗礼を行います。

洗礼はキリスト教の信仰を表明する儀式でもあるのです。洗礼を受けたい場合やその種類など、詳しく解説します。

洗礼のもともとの意味はキリスト教徒への入信の儀式

旧約聖書のレビ記にてイスラエルの民が水で罪を洗い清めた話があり、そこから水は罪の清め・赦しの象徴となりました。

カトリックでは洗礼によって得られるキリストの救いを奇跡と捉え、プロテスタントではキリストによって救われる証と捉えています。

カトリックでは原罪と自罪、両方の罪の赦しを得られる儀式であり、プロテスタントではクリスチャンとして生まれ変わることを意味します。

共通しているのは、洗礼はイエス・キリストを追随することの宣言です。

人は聖書を信じイエス・キリストを通して罪を赦され救われます。最後の審判の時にイエスと共に復活して新しい国で幸せに暮らすためには、洗礼を受けなくてはなりません。つまり、洗礼はキリスト教徒になるための入信の儀式と言えます。

洗礼を受けるためにはどうしたらよいのか

キリスト教の洗礼を受けるには、どの宗派・どの教会に属するのか、近所にある教会などを探す必要があります。

教会が決まったら志願者はその宗派と教会についてや聖書の教え、祈りを学ぶ準備講座などを受講し、求道期前~求道期~洗礼準備期間~入信の秘跡・洗礼式という流れです。

洗礼を受けないとクリスチャンではない?

この問題は昔から世界中で議論され続けており、今もなお明確な答えは出されていません。同じ宗派であっても個々の教会、個人によって考え方が異なるからです。

神は慈悲深いので洗礼を受けなくても信仰心があればいいとの考え方もあれば、聖書には洗礼の必要性が記述されているので必要だという人も多くいます。

例えば、マタイによる福音書28章の中で復活したイエスが弟子たちに「父と子と聖霊の名によって彼らにバプテスマ(洗礼)を授けなさい」と語った記述です。イエスの追随者(クリスチャン)になるには洗礼は必ず必要であると綴られています。

さらにイエス昇天後、ローマカトリック初代教皇と謂われる使徒ペトロの伝道に感動した3,000人もの人々が洗礼を受けたと聖書に記されています。

洗礼を受けずともクリスチャンであると自負する人々もいますが、洗礼を受けていないことで聖体拝領を受けることができません。

中には、最期にまとめて罪を洗い清めて天国にゆきたいと願い、洗礼を晩年まで行わなかった人もいます。

洗礼を受けることによるメリット

4つの恩恵(カトリック)

  1. 原罪と個人の罪、両方が赦される。
  2. 水と聖霊によって新しい人生を授けられる。
  3. 神の民である教会のメンバーになれる。
  4. 成聖の恩恵によって神が魂の中に宿り、生命を一致させることによって人の魂が霊的に生まれ変わり、神の国に入る資格が得られる。

洗礼の種類

洗礼の種類

キリスト教の洗礼の方法には三種類あり、どの方法を用いるかは宗派・教会によって異なります。

プロテスタント、特にバプテスト派の洗礼は水の中に全身を浸します。それはイエス・キリストの死と復活の再現のためです。水の中に沈んだ時、イエスと共に死に、水から引き上げられた時にイエスと共に復活します。

洗礼とはキリストとの一体であり、バプテスマ(洗礼)の言葉の意味は「浸す」です。

バプテスト派などが洗礼を大人に限っているのは、イエス・キリストがそうであったからです。意味が理解できない子供の内には洗礼を施しません。

一方、カトリックは洗礼で罪を洗い清める意味もあり、人は原罪を持って生まれることから、赤ちゃんにも洗礼を授けます。

水と三位一体を用いて行われた洗礼「父と子と聖霊の名によってあなたにバプテスマを授けます」との祈祷を受けていれば、プロテスタントからカトリックに宗旨替えしたとしても再び洗礼を受ける必要はありません。

洗礼は人生において一度きりの儀式です。

幼児洗礼

ローマカトリック・東方正教会・東方カトリック、一部プロテスタントが行います。東方正教会は乳幼児の洗礼にのみ、浸礼します。

カトリックでは洗礼式には白い服が好ましいとされており、代々家に伝わる洗礼用の白いローブに身を包んで洗礼を受ける赤ちゃんもいます。

キリスト(教会)に迎い入れるために赤ちゃんであっても洗礼で原罪を落とし、両親はキリスト教の教義の中で育てることを神に誓います。

浸礼

浸礼(Immersion baptism)は全身を水の中に浸します。聖書に記載があるイエス・キリストが受けた洗礼と同じ方法です。

東方正教会と一部カトリック教会、バプテスト派など一部プロテスタントで用いられており、中には一部水没に留め、潅水礼と組み合わせて執り行うところもあります。

潅水礼

潅⽔礼(Affusion)は聖水を受洗者の頭に注ぐ洗礼方法です。

12世紀~14世紀の西ヨーロッパで特に用いられるようになり、現在もカトリック・プロテスタントの多くの宗派がこの方法を用いています。

滴礼

滴礼(Aspersion)は頭に振りかける洗礼方法です。

潅⽔礼とともに病人のバプテスマと呼ばれた頃もあり、浸礼が行えない人にとって救いでした。今ではこの双方が主流となっています。

旧約聖書民数記8章6-7に「ふりかけの水は清めである」と、滴礼の記述があります。

まとめ 洗礼は信仰のゴールではなくスタートである

洗礼は、キリスト教における一番最初の儀式(秘跡)。

洗礼はゴールではなく、水で原罪を洗い清めて神とキリストと聖霊と一体となる、クリスチャンとしての人生のスタートなのです。


リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事