「お悔やみ申し上げます」をメールで伝える際のマナーを解説!故人との関係性別の文例も紹介

「お悔やみ申し上げます」をメールで伝える際のマナーを解説!故人との関係性別の文例も紹介

突然の訃報に対して、葬儀に参列できない場合は基本的に電報や手紙を出すのが正式なマナーです。しかし、故人との関係性が親密な場合はメールで弔意を伝えてもマナー違反とはなりません。

その場合、忌み⾔葉を避けることはもちろんのこと、「ご冥福をお祈りします」などの文言も注意が必要です。宗教・宗派によっては、冥福はNGワードになる可能性があります。

メールでは「お悔やみ申し上げます」が無難でしょう。

お悔やみ申し上げますメールを送る際のマナーを、具体的文例を交えて解説します。

お悔やみ申し上げますをメールで送って良い相手と悪い相手

訃報もメールやSNSでもたらされることが多い昨今、わざわざ手紙を書くのではなくそのまま返信することはよくあります。訃報の送り主に返信として、お悔やみメールを送ることは問題ありません。

しかし、お悔やみを申し上げる側には送る際は慎重さが求められます。

まず、普段遠慮のない付き合いをしている友人であっても、基本的なマナーとしてフォーマルな対応が求められます。

そして他人を通じて伝えられた訃報には誤報の可能性もあるので、気をつけなくてはなりません。お悔やみメールを送ったが実は誤報だったというケースは、とても失礼なことであり、相手によってはトラブルを招く可能性もあります。

返信をする時の基本的なマナーを解説します。

親しい友人などにはメールで送っても大丈夫

常に連絡を取り合っている友人が送り主の場合、または人伝いの場合であってもメールでお悔やみを申し上げて大丈夫です。

ただし、お悔やみメールはフォーマルであることを念頭に丁寧語を用いた文章にします。

ビジネスにおいては基本的に、お悔やみメールでまずは気持ちを伝えますが、上司や同僚、取引先との関係性によっては直接電話で伝えた方がいい場合もあります。

もしメールが届いた時間が遅い時間だった場合は、ひとまずメールでお悔やみを伝え、翌朝改めて電話でお悔やみを伝えましょう。

親族や関係性の薄い友達などにはメールで送るのはNG

親族から訃報メールが届いた場合、電話でメールを見たことを告げ、お悔やみを申し上げます。

親族の場合は葬儀の手伝いなどをおこなわなければならないこともあります。メールで何度もやりとりするより、直接電話した方が遺族側の負担にならずに済むでしょう。

そして久しく連絡を取り合っていない友人に関する訃報の場合、本人からのメールであればお悔やみメールを返信しても構いません。

しかし、人伝いの場合は間違っていることも考えられますので、確認を兼ねて電話をかけましょう。いきなり訃報の件から入るのではなく、まずは相手の近況から尋ねます。

もしもご不幸が本当であれば、本人の口から訃報がもたらされることでしょう。その時にお悔やみを申し上げます。

また、友人よりも関係性が薄い場合も、本人からもたらされた訃報でない限りお悔やみメールは送りません。中には知られたくないという人もいるので、その人と関係が深い人から詳細を聞いた方が無難です。お悔やみの方法を含めて相談した方がよいでしょう。

お悔やみ申し上げますをメールで送る際のマナーと注意点

「この度はご愁傷様でした」これは口語のため、メールでは送りません。基本的には、「お悔やみ申し上げます」と書きましょう。

また、宗教によっても決まりごとがあります。

お悔やみメールを送る前に、注意しておくべきことを詳しく解説します。

―共通の注意点-

  • 敬称・誤字脱字に気をつける。
  • 最後に返信不要の旨を加える。
  • お悔やみメールであることをタイトルで知らせる。
    ※お悔やみ/お悔やみ申し上げます/謹んでお悔やみ申し上げます/など。
  • 文章は短く簡潔に。
  • 直接的な言葉は避ける。
  • 忌み言葉は避ける。
  • 絵文字やスタンプは使わない。
    ※手紙の場合は句読点は使いませんが、メールに関しては決まりはありません。

―直接的な表現-

  • 死→ご逝去/息をひきとる/他界/急死/
  • 生存中→お元気な頃 /ご生前/
    ※死因など生々しい現実を表現するのも避ける
  • 「肝臓ガンと最期まで闘われた」→「最期まで自分らしくあられた」

―敬称一覧-

  • 父:お父様・ご尊父様 /お舅様(夫の父の場合)・ご岳父様(妻の父)
  • 母:お母様・ご母堂様/お姑様(夫の母の場合)・ご岳母様(妻の母)
  • 夫:ご主人様・旦那様・ご夫君様
  • 妻:ご令室様・ご令閨様・奥様・奥方様
  • 子供:ご子息様・ご令息様・ご令嬢様・ご息女様・お嬢様
  • 祖父母:御祖父様・御祖母様・御祖父様・御祖母様
  • 兄:ご令兄様・兄上様・お兄様
  • 弟:ご令弟様・弟様
  • 姉:ご令姉様(ごれいしさま)・姉上様・お姉様
  • 妹:ご令妹様・妹様
  • 伯父伯母:ご令伯様(伯父伯母とも)・伯父様・伯父上様・伯母様・伯母上様
  • 叔父叔母:ご令叔様(叔父叔母とも)・叔父様。叔父上様。叔母様・叔母上様

時候の挨拶は入れない

お悔やみの手紙と同じく時候の挨拶抜きで本題から入ります。

冒頭の挨拶を省くことで、不幸を知ってすぐさまお悔やみの気持ちを示すために連絡したことをあらわしているのです。

忌み言葉は避ける

不幸の連鎖・死を想像させる言葉は極力使わなないようにします。

―おもな忌み言葉-

  • 重ね重ね
  • ますます
  • いろいろ
  • 度々
  • 次々
  • 日々
  • 時々
  • 呉々も
  • 再三
  • 再び
  • しばしば
  • さらに
  • とんでもない
  • とんだこと
  • おしまい
  • 流す
  • 滅ぶ
  • 捨てる
  • 相次ぎ
  • 消す
  • 離れる
  • 無し
  • 亡くなる
    など

宗教や宗派によって使う言葉に気をつける

宗教によって死生観が異なりますので、言葉には気をつける必要があります。

「冥福」には死者の魂がさまようことなく無事浄土にたどり着けますようにとの意味が込められており、仏教においてよく聞かれる言葉ですが、浄土真宗では使いません。

浄土真宗の死生観は即得往生で、死後直ちに浄土に入るので魂がさまようことがないからです。

そして、神道では故人は家族の守護神になり、キリスト教では死は終わりではなく復活の日に再生が約束されており、死者の幸せを祈る必要がありません。

「冥福」と使ってしまうと、故人の宗教によっては失礼になる可能性もあるので注意しましょう。

宗教問わず使える言葉は以下の通りです。

  • 心よりお悔やみ申し上げます。
  • 謹んでお悔やみ申し上げます。
  • 謹んでお祈り申し上げます。
  • 心から哀悼の意を申し上げます。

―宗派別NGワード―

仏教:浮かばれない/浮かばれぬ/迷う/

神式・キリスト教・浄土真宗:成仏/供養/冥福/往生/あの世/

―宗教別お悔やみの言葉-

▼仏教

  • この度の御訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。
  • ご急逝を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
  • ご逝去の報に接し、遠い地より《故人名》様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

▼神道

  • 御霊(みたま)の安らかなることをお祈り申し上げます。
  • 《故人名》様の在りし日のお姿を偲び心より哀悼の意を表します。
  • 御霊のご平安を心よりお祈り申し上げます。

▼浄土真宗

  • ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
  • ご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。
  • ご急逝を悼み、謹んで哀悼の意を表します。

▼キリスト教

  • 安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます。
  • 謹んで哀悼の意を表します。ご家族の皆様に神様のお慰めがありますよう心からお祈り申し上げます。
  • 神の御許に召されました《故人の名》様の安らかなお眠りを心よりお祈り申し上げます。

さらに弔意を表したい場合は弔電や供花を送る

お付き合いの度合いによってはお悔やみメールだけでいい場合もありますが、たいていは後日、お通夜・葬儀告別式に出席、それができない場合は弔電やお花を送ります。

また、関係性によっては弔電ではなく、手紙とともに香典を送る場合もあります。

お悔やみ申し上げますメールの文例

お悔やみ申し上げますメールの文例

相手別にて具体的なメールの文例をご紹介します。そのまま、もしくはアレンジしてお使いください。

友人に送る場合

友人の場合、多くがスマートフォンを用いたやりとりでありアドレス登録されていますので、タイトルに自分の名前を入れなくても構いません。

メールタイトル:お悔やみ申し上げます

本文:

この度の《故人名》様の訃報に接し

心よりお悔やみ申し上げます

あまりにもの突然のことにとても驚いています

《友人名》や家族はなおのこと無念だと思います

何か手伝えることがあれば遠慮なく言ってください

すぐに駆けつけます

どうかお力落としなされませんように

追伸

返信は不要です。

どんな些細なことでもいいので何かあれば連絡ください。

上司、同僚に送る場合

会社関係の場合、スマホでPC宛のメールを管理しているところがほとんどです。どちらでも見やすいようなメールにします。

―上司の場合-

タイトル:【お悔やみ申し上げます】

本文:

《故人名》様の思いがけない訃報に接し 心よりお悔やみ申し上げます

《上司名》、そしてご家族の皆様のご心情いかばかりかとお察しいたします

どうかお力落としなされず ご自愛くださいませ

仕事の方は心配をおかけしないように全員で力を合わせて頑張ります

どうか心ゆくまで ご家族との大切な時間をお過ごしくださいませ

略儀ではございますがメールにて失礼いたします

追伸:

何かございましたらご連絡くださいませ

このメールへの返信は不要でございます

―同僚・部下の場合-

タイトル:【お悔やみ】

本文:

この度の《故人名》様のご逝去を悼み 心よりお悔やみ申し上げます

とても辛い中 ご葬儀の準備などで大変なことでしょう

仕事のことは気にせず 

《故人名》様の旅立ちをしっかりとお見送りされてください

とにかく気を強く持って ご自愛ください

略儀ながらメールにて失礼いたします

追伸:

何かあれば遠慮なく連絡をくださいませ

このメールへの返信は不要です

取引先に送る場合

―取引先の家族の訃報-

タイトル:<お悔やみ申し上げます>:《自分の苗字》【《社名》】

本文:

《故人名》様のご逝去の報に接し 謹んでお悔やみ申し上げます

突然のことで何かとお取り込みのことと存じ

略儀ながらメールでのお悔やみとさせていただきました

失礼の段 何卒ご容赦下さいませ

ご心情いかばかりかとお察しいたします

どうかお力落としなされませんようにご自愛くださいませ

落ち着かれましたらご連絡ください

追伸:このメールへの返信は不要でございます

―取引先の社員の訃報-

タイトル:<お悔やみ申し上げます>:《自分の苗字》【《社名》】

本文:

この度は《故人名》様の訃報に接し 大変驚いております

謹んで心よりお悔やみ申し上げます

《故人名》様には大変お世話になりました 

会社は違えど私にとっては尊敬する先輩でありました 

もう会えないと思うといたたまれなくなります

心より哀悼の意を表します

本来ならばお目にかかりお悔やみを申し上げたいところではありますが

突然のことで皆様も何かとお取り込み中のことと存じ

略儀ながらメールにて失礼いたします

追伸:このメールへの返信は不要でございます

まとめ お悔やみ申し上げますメールはマナー違反ではないが相手によって注意が必要

メールでお悔やみ申し上げる場合、以下ポイントに気をつけましょう。

  • 人間関係や社会的立場によってメールではなく電話の方がいい時もある。
  • 気の置けない間柄であっても、お悔やみのメールは丁寧語を用いる。
  • 冥福の言葉を用いない宗教・宗派がある。
  • 忌み言葉や直接的な表現は避ける。

お悔やみ申し上げますメールは相手との関係性、ルールを守ればマナー違反にもトラブルにもなりません。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事