荼毘に付す(だびにふす)はどんな意味?語源や使い方を解説

投稿:2021-11-08
荼毘に付す(だびにふす)はどんな意味?語源や使い方を解説

荼毘に付す(だびにふす)とは、仏教用語であり、日本では火葬にすることを指します。「荼毘」という言葉自身が葬儀のことを指すこともあり、下層を行うことが直接的な「荼毘に付す」の意味となります。

遺体を火葬場で焼くという段階のみを指す言葉のため、告別式や火葬場まで運ぶ段階のことは含まれておらず、言葉の使い方には注意しておかなければなりません。

「荼毘を付す」という言葉の意味や使い方について、例をまじえ詳しく解説します。

荼毘に付す その読み方と意味

「荼毘に荼付す(読み方:だびにふす)」は、故人を火葬することを意味する言葉です。

亡くなった後の遺体は、様々な行程を経てお墓等に安置されますが、荼毘に付すとはその中でも「火葬すること」のみを表わします。

荼毘に付すとは、日本では火葬にすることを指す

日本で行われた最初の火葬は、700年の道昭と言われています。

それまでは遺体は土葬、風葬するのが常識でしたが、古代インドから仏教が伝わってきたと同時に、古代中西部インド出身アーリヤ人の風習である火葬も伝来し、だんだん広まっていったのです。

そもそも古代インドでは、遺体は火葬、土葬、風葬、水葬のうちどれかで葬られていました。その中でも火葬は最高ランクに位置付けられ、行われた件数も最も多かった背景には、ヒンドゥー教の教えが大きく関係しています。

ヒンドゥー教では、遺体を死後速やかに焼くことで、肉体への未練を断ち切り、煙と共に天に昇ることで成仏出来ると考えられているのです。

キリスト教は死後に復活するという考えから土葬がメインです。このように死に対する概念の違いが慣習の違いを作っているのです。

インドでは川の横でご遺体を焼き、そのまま川に流す風習が今でも残っています。

しかし、現代の日本は、周りへのにおいを配慮して煙が出ないような火葬の仕組みに進化しました。

そのため、日本の火葬後に親族で骨を拾い、骨壺に納めお墓等に安置する習慣は我が国独特の文化です。

そういった背景から、外来語である荼毘に付すの言葉には「火葬」の意味しか含まれていません。

荼毘の語源は「パーリ語」から

仏教用語は古代インド中西部の「パーリ語」と、インドや南アジアの「サンスクリット語」がルーツと言われています。

荼毘の語源はパーリ語「jhapeti」から来ていますが、「荼毘」の漢字に意味はなく、外来語の音がそのまま形になりました。

他にも音がそのまま写されたものとして有名なのは、般若心経です。

パーリ語の「jhapeti」は焼身や梵焼(ぼんしょう)と訳すことが出来て、お守り等のお焚き上げを梵焼祭と言うこともあります。

参考:Jhapeti, Jhāpeti_ 2 definitions.html

「荼毘に付す」使い方や例文

「荼毘に付す」は「火葬のみ」を表すため、使いどころはかなり少ないです。また使用する際も注意点があります。

実際の使い方や例文、注意事項を解説します。

仏教の用語であるため、キリスト教や神道など他宗教信者を火葬にする場合には使わない

荼毘に付すは仏教用語です。そのため、宗教が違う故人に対しては使用しません。

日本の神道も仏教とは異なる宗教なので使わず、この場合は「火葬する」という表現になります。キリスト教やイスラム教の人にも使用しないよう注意しましょう。

また、火葬ではな他の方法で弔った時も、「荼毘にふす」ではなくその風習を表わす正しい言葉を使います。

ペットの火葬でも荼毘に付すを使用して良い

近年ではペット愛好家も増え、家族の一員として扱われていますよね。ペットが亡くなった際、火葬をする人も増えてきました。

ペットを火葬した際でも、荼毘に付すという言葉を使ってもかまいません。

今ではペット専用の火葬場の数も、需要に比例して増えてきているので、以前より使われる機会も増えるのではないでしょうか。

「荼毘に付す」と「火葬」の違いは使いどころ

「荼毘に付す」と「火葬」はほとんど同じ意味の言葉になります。

ただし、「火葬」はだれにでも使うことができますが、「荼毘に付す」は仏教で火葬を行った場合しか津買えません。

また、「火葬した」と表現するよりも、「荼毘に付された」とした方がやわらかい響きとなります。こうした理由から、通夜やお葬式の挨拶の時には「荼毘に付す」をを使うことが多いです。

荼毘に付すを用いた例文

遺族や火葬場が主語の場合は「荼毘に付す」と言いますが、故人を主語にした場合は「荼毘に付された」と受動態となります。

荼毘に付すの例文を見ていきましょう。

  • 辛いと闘病生活を終え、今年一月に父は無事に荼毘に付すことができました
  • 大好きな祖父が荼毘に付し、孫娘は一晩中泣き明かした。
  • 変死した男性の遺体は、解剖後に私たちの手で荼毘に付すことになった。
  • 愛犬を荼毘に付すために、ペット専用の火葬場に問い合わせた。
  • 仕事の後、駆け付けた頃には、もう友人は荼毘に付されてしまっていた。
  • 何らかの事情で、既に被害者の遺体は荼毘に付されているとのことだ。

荼毘に付す以外の表現方法、類語

荼毘を使った他の熟語表現には、「荼毘に付する」や「荼毘する」があります。

そもそも「荼毘に付す」とは遺族が自身の家族に対して用いる言い回しなので、家族以外の人が敬意と共に使う場合は「荼毘に付される」や「荼毘される」という受動態の表現に変わるのです。

荼毘に付すの類語は、「天に昇る」や「見送る」と言えるでしょう。

<例文>
父が本日、無事に見送られました。
父が本日、天に昇りました。

いずれもあの世に行く行為を表わしています。

最後に関連した表現として紹介するのが、「荼毘葬」と呼ばれるもの。これは通夜や葬儀を行わず、火葬する(荼毘にふす)だけで弔うことを意味します。最近では直葬(ちょくそう又は、じきそう)と呼ばれることが多いです。

まとめ 荼毘に付す(だびにふす)は仏教用語で火葬のこと

荼毘に付すは火葬のみを表わしますが、場合によっては葬儀~骨壺安置までの一連の工程を指す場合もあります。

由来と一緒に本来の意味を知っておけば、大きく間違うこともないので安心ですね。

荼毘の意味とは

荼毘に付すとは、日本では火葬にすることを指します。

荼毘の由来から、仏教以外の人には使えますか

荼毘に付すは仏教用語です。そのため、宗教が違う故人に対しては使用しません。

荼毘に付すの語源とは

荼毘の語源はパーリ語「jhapeti」から来ていますが、「荼毘」の漢字に意味はなく、外来語の音がそのまま形になりました。

荼毘に付されるの例文を教えてください

仕事の後、駆け付けた頃には、もう友人は荼毘に付されてしまっていた。

著者:葬儀のデスク編集部
葬儀のデスク編集部
葬儀のデスクは、お葬式に関するよき相談サイトです。
消費者には「分かりやすい 相談役」として、葬儀社さまには「最高コスパの集客方法」としてご利用いただいてます。

おすすめの記事

今月のピックアップ記事