喪中なのに年賀状を出してしまった!そんなときどうする?年賀状を出したとき、もらったときの対応を解説

一般的に喪中は年賀状を控えるものとして知られていますよね。もし、誤って喪中にもかかわらず年賀状を出してしまった場合は、松の内があけてから、相手にお詫びとお悔みの気持ちを伝える必要があります。

一方で、喪中の人が、喪中であることを知らせていなかった場合や、知らせるのが遅くなったことで年賀状を受け取ってしまった場合は、慌てて喪中はがきを出すのではなく、別に年賀状を送ってくれた相手にお礼とお詫びの気持ちを伝えることが必要です。

こうしたお詫びやお悔み、お礼の気持ちを丁寧に相手に伝えるには、寒中見舞いや年始状を送るのがマナーです。

また、予め喪中と分かっている相手への新年の挨拶としても、寒中見舞いや年始状は送ることができます。

ただし、寒中見舞いや年始状には、出すべき時期や文面、切手・ハガキのデザイン等、気を付けるべきマナーがあるので注意が必要です。

喪中に年賀状を送ってしまったとき、年賀状が届いたときの対応方法や、寒中見舞いや年始状を送る際のマナーについて詳しく解説します。


喪中の相手に年賀状を出してしまったときの対処方法

「喪中」とは、近親者を亡くした遺族が、喪に服す期間のことです。

一般的に喪中はお祝い事を慎むという考え方があるため、喪中の方に年賀状を出すことは避けるべきだと考えられています。

しかしながら、年賀状を投函した後、行き違いで相手から喪中による年賀欠礼状が届き、相手が喪中であったことをその時初めて知るという場合もあるでしょう。

こういった場合は、喪中を知らなかったことと、失礼へのお詫び、またお悔みの気持ちを相手に伝えるのがマナーです。

まずは電話やお手紙、どちらも難しい場合はメールで相手に速やかに非礼をお詫びし、その後、寒中見舞いをお送りするようにしましょう。

寒中見舞いを出す期間は、松の内があけてから、立春(2月4日)までとされています。

したがって、寒中見舞いは1月末までを目安に投函します。

一般的には、関東では元旦から1月7日まで、関西では元旦から1月15日までが松の内です。

寒中見舞いには、「寒中お見舞い申し上げます」と、挨拶文を冒頭に書きます。

挨拶文の後に書く文例を下記で紹介しますので、参考にしてみてください。

▼文例1

「この度は〇〇様ご逝去とのこと ご服喪中を存じ上げず年賀状を差し上げてしまい

 大変失礼いたしました

 謹んで哀悼の意を表します

 また お悔やみが遅れましたことをお詫び申し上げます

 寒さ厳しき折 何卒お身体を大切にお過ごしくださいませ

 〇〇年〇月」

▼文例2

「この度はお葉書を頂き ありがとうございました

 〇〇様のご逝去を 存じ上げなかったとはいえ 

 新年のご挨拶を申し上げてしまい 大変失礼いたしました

 遅ればせながら お悔やみ申し上げます

 時節柄 どうぞご自愛くださいませ

 〇〇年〇月」

会社関係ではあえて年賀状を出す場合もある

会社や法人の場合は、そもそも「喪に服す」=「喪中」という考え方をしません。

そのため、社長や役員、またその配偶者や親族が亡くなられた場合でも、会社は喪中はがきを出す必要はなく、あえて年賀状を出すという場合もあります。

会社宛であれば、基本的に喪中という考えはせずに、年賀状をお送りして差し支えありません。

ただし、一族経営や家族経営等、家族・親族の関係が強い会社の場合は、例外的に会社として「喪中」とすることがあるので、注意が必要です。

また、会社を通して知り合った方であっても、個人的な付き合いが深く、喪中であることをお互いに知るような関係であれば、年賀状を差し控えたほうが良い場合があります。

他にも、社内の人同士で新年のあいさつをする場合は、忌引き等で社内でも喪中であることがわかっているような方がいれば、年賀状を送るのは控えておいた方が良いでしょう。


年賀状の代わりとなる年始状

喪中による年賀欠礼状が届き、喪中であることがわかっている相手に、年賀状の代わりに出すことのできる新年の挨拶として、年始状というものがあります。

年始状は年賀状と同じく、松の内の期間に出すものです。

年始状では、相手が喪中であるため「おめでとうございます」といったお祝いの言葉は使わず、下記のような挨拶文を冒頭に使用します。 

「謹んで年頭のご挨拶を申し上げます」

「新年のご挨拶を申し上げます」

挨拶文の後に書く文例を下記で紹介しますので、参考にしてみてください。

▼文例

「お静かに新年をお迎えのことと存じます

 この度は〇〇様ご逝去とのこと 心より哀悼の意を表しますと共に

 新しい年が〇〇様にとって穏やかな年でありますよう 心からお祈り申し上げます

 本年もどうぞよろしくお願いいたします」

喪中に年賀状をもらったときのマナーについて解説

喪中はがきは、こちらからは年賀の挨拶をすることを控えるということをお知らせするためのものであり、喪中の方が年賀状を受け取ること自体は特に問題ありません。

喪中であることを伝えていなかった相手から喪中に年賀状をもらったときは、寒中見舞いをお送りします。

喪中であることを伝えていなかったことのお詫びと、年賀の挨拶を返せない旨をお伝えし、年賀状に代えて新年の挨拶を寒中見舞いで行うのがマナーです。 

一方で、喪中はがきを出した相手からも年賀状が届く場合があります。

予め喪中であることを伝えていたにもかかわらず年賀状が届いてしまった場合は、相手がこちらが喪中であることを失念している場合が考えられます。

こういった場合は、相手と今後も良好な関係を築くためにも、何の返事もしないという事は避け、念のために喪中であることを今一度伝えるとという意味で寒中見舞いをお送りすると良いでしょう。


年賀状の代わりに年始状や寒中見舞いを送る

喪中である方は、年賀状の代わりに年始状や寒中見舞いを送ることで年始の挨拶をします。また、喪中に年賀状を受け取った際の返信として寒中見舞いを送ることが一般的なマナーです。

年始状や寒中見舞いの挨拶文に続く文例を下記で紹介しますので、参考にしてみてください。

▼文例1

「本年も〇〇様にとって佳き一年となりますよう心よりお祈りします

 本年もどうぞよろしくお願いいたします」

▼文例2(返信として)

「この度は丁寧なお年始状を賜りましてありがとうございました

 昨年〇月に〇〇が他界しいたしました

 本来であれば旧年中にお知らせを申し上げるべきものを 行き届かず年を越してしまい 誠に失礼いたしました

 本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします

 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」

▼文例3(返信として)

「年始のご挨拶は 喪中につき差し控えさせていただいたもので

 返信が遅くなってしまい 申し訳ございません

 寒さの厳しい折 どうごご自愛くださいませ

 本年もよろしくお願い申し上げます」

年始状や寒中見舞いは切手やデザインに気をつけるのがマナー

年始状や寒中見舞いは、はがきで出すことが一般的ですが、年賀はがきの使用は控えてください。

また、切手についても、慶事用の切手を使用するのは避けましょう。

弔事用の切手を用意する必要はないので、通常の切手を使用して問題ありません。

華美すぎない、相手に合わせた切手を使用すると良いでしょう。

まとめ 喪中は年賀状ではなく寒中見舞いで対応しよう

喪中の方は年賀状を送ることができません。また、喪中の方へ年賀状を送ることも避けるべきです。

しかし、年賀欠礼状が年賀状を投函した後に届いたり、喪中と知らされていなかったので年賀状を送ってしまったという場合もあるかと思います。

逆に、喪中と知らせていなかった、知らせるのが遅くなったことで、年賀状を受け取ってしまった喪中の方もいるでしょう。

こういった場合は、年賀状に代えて寒中見舞いや年始状を送ることで、お悔みやお詫び、お礼の気持ちをお互いに伝えることが大切です。

また、喪中と伝えていたにもかかわらず年賀状が届いた場合も、相手は失念している場合もあるので、喪中の方は返事をしないとう対応ではなく、念のため寒中見舞いをお送りし喪中であることを今一度お伝えすると良いでしょう。

他にも、予め相手が喪中と分かっていた場合や、自分が喪中である場合にも、寒中見舞いや年始状でお互いに新年の挨拶をすることもできます。

今回ご紹介した対応方法やマナー、文例を参考に、寒中見舞いや年始状を活用し、喪中でも失礼のないよう新年の挨拶をするようにしましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事