おりんの正しい鳴らし方は?宗派別に詳しく解説

おりんの正しい鳴らし方は?宗派別に詳しく解説

仏壇に置く金属製の仏具を「おりん」と言い、澄んだ音は人々の邪念を払ったり、祈りを極楽浄土まで届けると言われています。

おりんはお線香をあげるときに鳴らすイメージがありますが、本来は読経の区切りに鳴らすものです。宗派によって鳴らし方が異なり、お線香をあげるときは鳴らさない宗派もあります。

おりんの正しい鳴らし方と作法を、宗派別に詳しく解説します。


おりんの役割・鳴らす意味を解説

チーンと澄んだ音を響かせる仏具の「おりん」は、ただ綺麗な音を鳴らすだけのものでなく、役割や意味があるものです。

おりんの役割と鳴らす意味について解説します。

本来は読経の始まりと終わりを区切るために鳴らすもの

おりんは仏壇に欠かせない仏具なので、お線香をあげるときに鳴らすイメージがありますが、厳密に言えばお参りのときではなく読経のときに使うものです。

また、読経の際におりんを鳴らしたら合掌をすると思われがちですが、おりんは合掌をする合図で鳴らすものでもありません。

本来、おりんは読経の始まりと終わりを区切るために鳴らすものです。宗派やお寺によってタイミングは少々変わりますが、読経のひと区切りの合図として鳴らします。

そのため、合掌をするだけならおりんを鳴らす必要はありません。

本来の使い方をするのであれば、お経や正信偈を読むときに鳴らすとよいでしょう。

澄んだ音で人々の邪念を祓ったり、祈りを極楽浄土へ届ける役割も

おりんには読経の区切りを表す役割以外にも、澄んだ音によって人々の邪念を祓う役割もあります。

邪念とは人が持っている悪意やたくらみなどの邪(よこしま)な考えや、雑念のことです。

お線香には煙があの世とこの世の架け橋となり、煙を通じて仏様と心を通わせる意味があると言われています。さらにお線香には、上品な香りによって自分自身の身体や空間を清浄し邪念を祓う役割もあります。

そしておりんにも、お線香の煙と同じように澄んだ音が、人々の心を癒やし邪念を祓うと言われているのです。

また、おりんの音には供養や祈りを極楽浄土に届ける役割もあると考えられています。

おりんを鳴らす際に合掌をするのは、音に乗せて気持ちを極楽浄土に届けているからです。

極楽浄土に届ける祈りに邪念は必要はありません。美しい音を聞いて邪念を祓い、仏様や故人への思いを込めて、おりんを鳴らしましょう。

宗派によって違うおりんの正しい鳴らし方とお作法を解説

宗派によって違うおりんの正しい鳴らし方とお作法を解説

おりん本来の澄んだ音を響かせるためには、正しく鳴らす必要があります。また、宗派によって決まったお作法があるため、ただ鳴らすだけではマナー違反になってしまうことも。

おりんの正しい鳴らし方とお作法を宗派別に解説します。

基本的にりん棒は力を入れずにつまんで優しく叩く

おりんはりん棒(リン棒)と呼ばれる棒を使って鳴らしますが、ただ音を出せばいいわけではありません。

おりんの音をより美しく響かせるためには、りん棒を正しく扱う必要があります。

りん棒は上部を親指と人差し指で優しくつまむように持ち、おりんの外側もしくは内側を優しく叩きましょう。

真上から縦方向におりんの縁を叩いてしまいがちですが、本来の音色が響かないので外側もしくは内側を叩きます。

そもそも縁を叩いてしまうと、りん棒が傷ついてしまう可能性があるため、縁はあまり叩かないほうがよいでしょう。

なお、外側か内側のどちらを叩くかは、宗派や地域の風習によって異なるので、無宗教の人や地域の風習が特にない場合はどちらを叩いても問題ありません。

おりんを鳴らす回数は宗派によって違う

仏壇へお参りをする際は、お線香をあげた後に合掌をする前におりんを慣らします。なお、おりんを鳴らす回数は宗派によって違います。

弔問先でお線香をあげる際は、必ず弔問先の宗派を確認してからお線香をあげてください。

無宗教の場合は特に鳴らす回数などは決まっていないので、1~2回くらいで問題ありません。

真言宗〜おりんを2回鳴らす

真言宗ではおりんを2回鳴らします。1回目を音を響かせる程度に優しく叩き、2回目は少し強く叩きましょう。

曹洞宗〜お寺によっておりんを鳴らす回数が異なる

曹洞宗ではお寺によって鳴らす回数が異なります。3回鳴らすお寺もありますが、おりんの内側を2回鳴らすと決まっているお寺もありますので、予め確認をしておきましょう。

浄土宗〜経本に記されている回数分おりんを鳴らす

浄土宗はお経を唱えることを重視しているので、おりんは読経のときにしか鳴らしません。読経のときは、経本に記されている回数分だけおりんを鳴らします。

そのため、お参りではおりんを鳴らしません。

浄土真宗〜おりんを鳴らさない

浄土真宗はお経を唱えることを重視している宗派です。おりんを鳴らすこと自体は重視されておらず、おりんを鳴らしても鳴らさなくても故人は全て仏になれるという考えを持っています。

そのため、浄土真宗では邪念を祓ったり、祈りを極楽浄土へ届けることを目的におりんを鳴らしません。

なお、浄土真宗では勤行と呼ばれる、朝晩に御本尊に向かって法華経の寿量品・方便品を読み、南無阿弥法華経と題目を唱える際にのみおりんを鳴らします。一方、合掌のみをする場合はおりんを鳴らしません。

  • 御本尊:最も大切な信仰の対象である仏像や経典、仏塔、お守り、仏や菩薩などの彫刻・絵画など
  • 法華経:大乗仏教の代表的な経典のこと

寿量品と方便品は法華経の中でも、最も重要なな法理が説かれている部分であり、ほかの品(章)の意味も備わっているため、勤行では寿量品と方便品を読みます。


おりんの正しい鳴らし方は宗派によって異なる

おりんは正しい鳴らし方をすることで、本来の澄んだ音を響かせることができます。なお、間違った鳴らし方をすると本来の音が響かないだけでなく、りん棒やおりんが傷ついてしまう可能性があるため注意が必要です。

りん棒の持ち方や叩き方は基本的に同じですが、宗派によって叩く場所や鳴らす回数が異なるので、必ず宗派の習わしを確認してからおりんを鳴らしましょう。

浄土宗や浄土真宗など、そもそもおりんを鳴らさない宗派もあるので、事前にお作法確認しておくと安心です。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事