法事における平服とは?男性女性別の着方とマナーを解説します

法事における平服(へいふく)とはどのような服装を指すのでしょうか。

初七日、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌に「平服でお越しください」と言われた場合、服装やマナーについて悩んでしまうものです。

黒無地のジャケットに白シャツといったスタイルや、濃紺やグレーのダークスーツ、地味な色合いのアンサンブルやワンピースなどドレスコードがわからず困っている方に、略喪服など喪服の種類と男性女性別の注意点を解説します。

法事における平服とはどのような服装?男性女性別マナーを確認

法事における平服とはどのような服装なのか悩んでいませんか?法事の他に、就職活動や結婚式などでも「平服でお越しください」という案内を目にすることがありますが、

本当に普段着のようなカジュアルな服装で参加して良いのかというと、そうではありません。

法事にはそれぞれの意味合いがあり、その場にふさわしい格好で弔問することはご遺族や故人への思いの表れになるので、ドレスコードはしっかりと把握しておきたいものです。

初七日、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌に「平服でお越しください」と言われた場合の正しい服装のマナーを男女別に確認していきましょう。

法事における喪服の種類と格式

喪服とは、葬儀や法事の際に着る黒や薄墨色の礼服のことをいいます。

故人の死を悼み「喪に服す」気持ちを表すためにも、参列する法事に応じてふさわしい喪服に身を包むのがマナーです。

 法事に初七日、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌といった種類があるように、喪服にも種類や格式があるので確認しておきましょう。

正喪服とは最も正式で格式高い喪服を指す

正装服とは、葬儀を主催する喪主・親族側が着用する最も正式で格式の高い喪服を指します。参列者は主催者側よりも格式高い服装で参列することのないよう、葬儀や法事には準礼服を着ていくのがマナーです。

男性は、黒無地のモーニングコートか和装の場合は紋付羽織袴が正喪服となり、女性の正喪服は、黒無地のワンピースやアンサンブル、スーツと言ったブラックフォーマルウエアか、和装であれば染め抜き五つ紋の黒喪服となります。

準喪服とは一般的な「喪服」を指す

一般的に、四十九日や一周忌~三回忌の法事に参加する際は、喪主、親族、参列者を問わず全員が準喪服を着用します。男性はブラックスーツ、女性は黒無地のワンピースやアンサンブル、スーツといったブラックフォーマルを着用します。準喪服の着こなしマナーを男性・女性・子供別に見ていきましょう。

▼男性の場合

喪服
黒無地で光沢のない生地のスーツ。上着はシングルでもダブルでも構いませんが、パンツは裾がシングルのものを選びましょう。

ワイシャツ
白無地のレギュラーカラー。ボタンダウンや色柄のシャツはカジュアルすぎて場にふさわしくありません。

ネクタイ
光沢のない黒無地のもの。結び方も、くぼみ(ディンプル)ができないよう気をつける必要があります。

ベルト
シンプルな黒無地のベルト。革ベルトでもクロコダイルやパイソン柄のものは避けるようにしましょう。

 
金具のない紐で結ぶタイプの黒い革靴。エナメルやスエード素材のものは避けましょう。

 靴下
白や色柄物は避け黒無地の靴下を着用しましょう。

▼女性の場合

喪服
ワンピースやアンサンブル、パンツスタイルのブラックフォーマル。長袖から五部袖のトップス、スカート丈は膝からふくらはぎ丈にし、露出の高いデザインは避けましょう。 

アクセサリー
結婚指輪の他に、真珠のネックレスやイヤリングの着用はOKです。ただし、不幸が重なるイメージがある2連のネックレスや華美なデザインのアクセサリーは避けましょう。

バッグ
光沢、飾りのないシンプルな黒の布製バッグ。サイズは数珠や袱紗が入る程度の大きさで、荷物が多い場合は黒のサブバッグを使用しましょう。

パンプス
布製、または革製の黒無地パンプス。ヒールの高いパンプスや、エナメル素材のもの、サンダル、ミュールなど素足が見える靴はNGです。

ストッキング
30デニール以下の黒の薄手ストッキング。

▼子供の場合

学生であれば学校の制服を着用するのがマナーです。学校によっては制服が明るい色合いであったり、ズボンやスカートがチェック柄であったりと判断に迷うkともあるかと思いますが学生服が正式な服装なので、心配する必要はありません。

制服がない場合は白シャツにグレーや黒のスカートまたはズボン、未就学児も落ち着いた色合いの服装でキャラクターの絵柄が入った服や飾りのついていないものが好ましいでしょう。
乳幼児用の服にはダークトーンのものが少ないため、薄い水色やベージュといったなるべく落ち着いた色合いのものを選びます。

略喪服とは礼服ではなく「平服」を指す

略喪服とは、三回忌までの法事と、お通夜など急な弔問の際に着用する、準喪服よりひとつ格が下がる服装です。

喪服よりも自由度は高くなりますが、黒や濃紺、グレーなどの控えめな服装が故人を偲ぶ場としてふさわしいとされています。
「平服でお越しください」という案内があった場合は略喪服で伺うと良いでしょう。男性・女性・子供それぞれの服装マナーを見ていきましょう。

▼男性の場合

スーツ
地味な色合いのダークスーツ(黒・紺・グレーなど)無地が望ましいですが、織柄や薄いストライプなら気にする必要はありません。 

ワイシャツ
準喪服と同様、白無地・レギュラーカラーのシャツ。

ネクタイ
黒が無難ですが、地味な色柄であれば問題ありません。

ベルト
準喪服と同様、シンプルな黒無地の物。


準喪服と同様、黒革の紐靴。

 靴下
準喪服と同様、黒無地のソックス。

▼女性の場合

スーツ・ワンピース
セットアップスーツやワンピース、アンサンブルで、黒紺グレーなど地味な色合いの服装。スーツのインナーも白などの明るい色は避け、ダークカラーを選びます。準喪服と同様、露出の高いデザインは避けましょう。

アクセサリー
結婚指輪の他に、真珠のネックレスやイヤリングの着用はOKです。ただし、不幸が重なるイメージがある2連のネックレスや華美なデザインのアクセサリーは避けましょう。

バッグ
光沢、飾りのないシンプルな黒の布製バッグ。サイズは数珠や袱紗が入る程度の大きさで、荷物が多い場合は黒のサブバッグを使用すると良いでしょう。

パンプス
準喪服と同様、布製または革製の黒無地パンプス。

ストッキング
30デニール以下の黒の薄手ストッキング。

▼子供の場合

準喪服と同様、学生ならば学校の制服、制服のない場合や未就学児は白シャツにグレーや黒のスカートまたはズボン、未就学児や乳幼児も落ち着いた色合いの服装が好ましいです。

平服?喪服?法事での服装マナー

法事によっては平服で行くべきか、喪服で行くべきか迷ってしまうこともありますが、主催者側と参列者で服装に違いがあるので注意が必要です。

初七日、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌以降にふさわしい法事での服装マナーを確認していきます。

初七日は準喪服が基本

初七日は、亡くなった日から7日目に行われる法要で「しょなぬか」「しょなのか」と読み、喪主や遺族は正喪服または準喪服を着用します。男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルがふさわしいでしょう。参列者は男女ともに準喪服で良いとされています。

四十九日は準喪服で参列

故人が亡くなって49日目に行われる法事を四十九日(しじゅうくにち)といい、亡くなった日を1日目と数えて48日後に執り行われます。

喪主・親族側、参列者ともに準喪服がふさわしい服装ですが、遺族側に「平服でお越しください」と言われた際は、黒・紺・グレーなど落ち着いた色合いのスーツが無難です。

男性はレギュラーカラーの白シャツ、女性はダークカラーのインナーなどを合わせると良いでしょう。

百箇日は準喪服か略喪服(平服)で

故人が亡くなって100日目に行う法事を百箇日(ひゃっかにち)と呼びます。百箇日法要は、「卒哭式(そっこくしき)」とも呼ばれ、大切な人との永遠の別れから100日経ったことで、泣き叫ぶほどの悲しみから卒業するという意味が込められています。

喪主・親族側の服装はブラックスーツやダークスーツなどの準喪服が一般的で、このとき男性は白シャツ以外の小物はすべて黒のものを身につけるのがマナーです。

女性は黒か濃紺、グレーなど地味な色合いのワンピースやスーツ、アンサンブルが好ましいです。スーツに合わせるブラウスやカットソーは白など明るい色味は避けましょう。 

一般参列者は親族側より服装の格を下げることが大切ですので、略喪服または地味な平服で良いとされています。男性ならばダークトーンのスーツやジャケットにパンツに白シャツ、ネクタイも極力地味なものを選びましょう。

女性の平服の定番は、黒・紺・グレーのワンピースやスーツ、アンサンブルです。スーツのインナーは黒のものがなければ白いブラウスでも構いません。夏場は半袖でも構いませんが、なるべく露出の少ない五分袖程度にとどめておくと上品でしょう。

一周忌~三回忌は準喪服が基本

喪故人が亡くなって満1年の「一周忌」と、2年目の命日に行う「三回忌」の法要は、四十九日の次に大事な法要です。 

親族は準喪服を着用します。参列者も、平服でお越しくださいと言われない限りは準喪服の着用が良いでしょう。

七回忌以降は黒のほかグレーや濃紺など地味な色合いの平服で 

故人の命日から節目にあたる、七回忌、十三回忌、二十二回忌、二十七回忌、三十三回忌と、七回忌以降は親族のみで法要を行うケースも多くなります。 

七回忌以降は親族、参列者ともに平服で良いとされていますが、やはりここでも黒・紺・グレーなどの地味な色合いのスタイルを心がけ、華美な印象にならないことが大切です。

法事における平服とは捉え方に注意が必要

法事における平服とは、正喪服や準喪服より格式の下がる略喪服のことを指します。どのような服装で法事に行けばよいか迷ったら、以下の3つのポイントを抑えて参列するとよいでしょう。

  • 法事における平服とは普段着やカジュアルな服装という意味ではなく、地味な色合いの略喪服のこと。
  • 参列者は百箇日と七回忌以降は平服(略喪服)で、それ以外は準喪服で行くと安心。
  • 法事の際、親族から「平服でお越しください」と案内があった場合、一般参列者は親族側より格式を下げた服装にする必要があるため、素直に平服(略喪服)で参列して良い。

男性も女性も「平服」の捉え方には十分注意し、ドレスコードやマナーを守って、故人を偲ぶ思いと親族をねぎらう気持ちを伝えましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事