一周忌法要のお返しの相場は3,000円〜5,000円前後!お返しの選び方、渡し方を解説

一周忌法要のお返しの相場は3,000円〜5,000円前後!お返しの選び方、渡し方を解説

一周忌法要では、施主が参列者へ参列とお供えのお礼としてお返しをします。

お返しの品物は、あとに残らないお菓子や食品がよく選ばれていますが、一周忌の場合は食器やタオルなど記念に残るものでも問題はありません。

また、相手が好きなものを選ぶことができるカタログギフトも人気のお返しです。

一周忌法要のお返しについて、費用相場や品物、渡し方など詳しく解説します。


一周忌法要のお返しは、施主が参列とお供えのお礼として行う

一周忌(いっしゅうき)は、亡くなってからちょうど一年経った同月同日、祥月命日(しょうつきめいにち=なくなった日と同じ月日)に行う年忌法要です。

一周忌は年忌法要の最初の年となります。

四十九日を過ぎると、葬儀の際の「香典」に該当するものが「お供え」や「御仏前」と呼ばれるのです。

一周忌法要のお返しとは、参列者が持参する「お供え」や「御仏前」に対するお返しのことを意味します。

「引き出物」ともいい、遺族が法要の参列者に準備するものです。

「香典」というのは亡くなった方が仏になる前(四十九日まで)のお供えのことで、それ以降の法要では「香典」「香典返し」という言葉は使わずに、「お供え(お仏前)」「引き出物」と呼ぶということを覚えておきましょう。

一周忌のお返しは「御斎(おとき)」と呼ばれる会食と引き出物、御斎を行わない場合には持ち帰り用の折り詰めとお酒、引き出物を渡すのが一般的です。

お返しの品物はあとに残らないものを選ぶのが一般的

四十九日までの香典返しでは、「後に残らないもの」を選ぶのが一般的です。

一周忌の場合も香典返しと同様に、石鹸やお茶といった日用品や食品など、あとに残らないものが良いとされています。しかし、近年はあとに残るものを選んでも問題ないとされています。

また、一周忌法要には、葬儀ほどではないものの親族以外の、故人と縁のある方をお招きするものです。

遠方からいらっしゃる方も多いため、持ち帰りやすいものをお渡しするとよいでしょう。

一般的なのは、お菓子の詰め合わせやタオルなどです。

お菓子や食品、調味料など

一周忌の引き出物には、通常の品物に加えて「引き菓子」といってお菓子をお贈りすることもあります。

引き菓子には、一周忌の法事に出席いただいた方がご自宅に帰って、ご家族でお菓子を分かち合って亡くなった方を偲ぶという意味が込められているのです。

あとに残らないものとして、お菓子や食品、お茶、調味料などのものを選びます。

一周忌法要のお返しはあとに残るものを選んでも問題ない

一周忌の引き出物は、あとに残るものを選んでもよいとされており、地域や風習によっても違いますが、食器やお盆などの雑貨・日用品や、記念となるものをお渡ししてもよいです。事前に親戚などに確認するとよいでしょう。

ただし、お返しに商品券を渡すことは失礼なので控えたほうが良いという意見もあります。

一周忌は遠方からこられる方もいらっしゃいますので、お持ち帰りいただくことを考えてあまり重いものやかさばるものは避けた方がよいでしょう。

カタログギフトで相手に好きなものを選んでもらうのが人気

近年特に人気が高いのがカタログギフト。

カタログギフトは、小さめの雑誌サイズの冊子にさまざなま商品が掲載されていて、もらった方がカタログから希望する商品を選ぶことができるのも人気である理由のひとつです。

デメリットとしては、もらった方が自分で申し込む必要があること、実際に品物が届くまでに時間がかかることが挙げられます。

参列者の趣向がわからない場合に、特にオススメです。

一周忌法要のお返しの相場は3,000円〜5,000円が一般的

家族、親族や親しい間柄の方は、1万円から3万円程度包むのが一般的です。また、法要のあとに会食がある場合にはプラス1万円した金額が相場となります。

香典返しは「半返し」というのが一般的ですが、一周忌法要でのお返しは、会食と引き出物を合わせた金額がお供えの7割以上になるのがよいとされているのです。

ただし、「会食代+引き出物」で御仏前と同等の金額になるように、お返しをする地域もあります。

一周忌の法要のあとに会食を行い、そちらに参列者の方が出席する場合は会食のお膳の金額を差し引いて引き出物の金額を決定するのが一般的です。

いただいた御仏前が2万円で、お斎が7000円なら、引き出物は3000円~5000円前後のものを用意するといいでしょう。

この金額のバランスも、親戚などに事前に確認したほうが無難です。

また、多額の香典をいただいた場合は、後日宅配便や郵送などで、半返しになるように差額相当のお返しの品を贈りましょう。

一周忌法要のお返しは熨斗をつけて渡す

一周忌法要のお返しは熨斗をつけて渡す

一周忌のお返しには、熨斗(のし)を付ける必要があります。

お店では、さまざまな熨斗を用意しているので、一周忌法要にふさわしいものを選びましょう。

水引は黒白か双銀の結びきりを使う

水引は、黒白か双銀の結びきりを使うのが一般的です。一部の地域では、黄白の水引を用いるところもあります。

濃墨を使って書く

熨斗に文字を書くときに、弔事であれば「薄墨で」と思われがちですが、一周忌法要のお返しには、濃墨で書くのがマナーとなります。

薄墨を使うのは、故人がまだ仏様になっていない四十九日まで、それ以降は、普通の濃い墨で熨斗を書きます。

熨斗の表書きは「粗供養」もしくは「志」

熨斗の表書きは、「粗供養」もしくは「志」と書きます。関西地方では「粗供養(そくよう)」と書くことも。

熨斗の下部には、喪主の名前を「姓のみ」書きます。

お返しにはお礼状を添える

一周忌の引き出物は、基本的には手渡しでお礼を述べて渡すことが多いので、お礼状や挨拶状は必須ではありません。

しかし、御仏前やお供え物のお礼と一周忌法要をに参列いただいたことへのお礼を述べるお礼状をつけるとより丁寧です。

法事のお返しの専門店に頼めば、一周忌にふさわしいお礼状をつけてくれます。

お礼状を書く時の注意点は以下の通りです。

  • 「拝啓」ではじめ「敬具」でしめる
  • 参列していただいたことへのお礼を書く
  • 家族の近況や現在の心境などを簡単に説明する
  • 「本来は直接出向いて挨拶をすべきところを、このお手紙で失礼します」という旨の一文を最後に添える

お礼状の文例

文例を以下紹介します。

「拝啓

亡父 〇〇〇〇(故人の氏名)儀 一周忌法要に際しましては、

ご多忙の中ご参列いただきまして、誠にありがとうございました。

また、故人へのお供えとしてお心遣いを頂戴いたしまして、厚くお礼を申し上げます。

この1年、私たち家族は皆様の温かい励ましのお陰で、何とか前向きに生活できるようになりました。心から感謝しております。

今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。

同封の品はほんの心ばかりではありますが、御礼の品でございます。

略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます。

敬具  

令和〇〇年〇月〇日

〒〇〇〇〇〇〇〇(郵便番号以下施主の住所を記載) 〇〇〇〇(施主の氏名)」

渡し方のマナー

お返しの品物は、当日お持ち帰りいただくことから、「引き出物」や「引き物」と呼ばれています。

法事の引き出物は、お斎(=おとき・会食)を終えた後か、お帰り場面でお渡しするのが一般的です。

会食をホテルやレストランで行う場合は、事前にスタッフに伝えておき、席を立つ前に渡してもらう方法ができる場合もあるので、問い合わせてみるとよいでしょう。

お斎がない場合は、折り詰めとお酒とともに、引き出物の品物をお持ち帰りいただくこともあります。

また、当日多額の香典をいただいた場合は、一周忌法要から1カ月以内を目安にお返しの品物を郵送や宅配便で贈るのがマナーです。

一周忌法要を欠席した方から供花やお供えを頂いた場合には、お礼状を添えてお返しの品を贈りましょう。

その際、参列者に贈ったものと同じ品物にする場合と、御斎の代わりとして品物をひとつ追加する場合があります。

欠席した方に向けた挨拶状は、「おかげさまで一周忌法要が滞りなく済ませることができました」と、報告を一文加えると良いでしょう。

地域によってマナーが異なりますので、分からない場合は親族やご近所の方に確認してみるのが確実です。


まとめ 一周忌法要のお返しはお菓子など残らないものだけでなく、あとに残るものを選んでもよい

一周忌法要のお返しは、お菓子や石鹸のようにあとに残らないものだけでなく、あとに残るものを選んでもよいとされています。

タオルや寝具など、記念に残るもの、カタログギフトなどを参列者のタイプを考慮してきめるとよいでしょう。

費用の点も含め、地域による違いがある場合が多いため、近所の人や家族、親戚に相談するのが無難です。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事