納骨式に参加する場合の香典の金額相場は5,000円〜10,000円!ケース別、はじめてでもわかる香典のマナー解説

納骨式に参加する場合の香典の金額相場は5,000円〜10,000円!ケース別、はじめてでもわかる香典のマナー解説

忌明けとなる四十九日法要に合わせて行われることが多い納骨式。納骨式に参列する場合は、お通夜や告別式などと同様に香典が必須です。

納骨式のみに参列する場合の香典の金額相場は一般的に5,000円〜10,000円とされていますが、故人との関係やその後法要まで参加する場合などによって金額相場が異なるため注意しておかなければなりません。

納骨式に参列する場合の香典の金額相場や、香典の書き方、マナーについて詳しく解説します。

納骨式のみ参列する場合の香典の金額相場は5,000円〜10,000円

納骨式のみに参列する場合の香典の金額相場は一般的に5,000円〜10,000円とされています。

しかし、故人との関係やその後法要まで参加する場合などの状況によっては金額相場が異なるのです。

どのような違いがあるのかを詳しく解説します。

納骨式と法要を行う場合の香典の金額相場は立場によって異なる

納骨式と法要を行う場合の香典の金額相場は、立場や状況によって異なります。それぞれの立場ごとの金額相場を解説します。

納骨式と法要の両方に参列する場合

納骨式と法要を同時に行う場合は、2回分の香典は必要ありません。その時同時に行う法要の香典のみを渡しましょう。

例えば、納骨式と四十九日法要を同時に行う場合は、四十九日法要の香典のみを持参します。

そのため、この場合の納骨式の香典は四十九日法要の香典が費用相場となるのです。

四十九日法要の香典費用の相場は、次の通りとなります。

▼四十九日法要の香典費用の相場

  • 親 :3万円~10万円
  • 兄弟・姉妹 :1万円~5万円
  • 祖父母・叔父・叔母 :5千円~3万円
  • 親族以外・故人の友人・知人 :5千円~1万円

節目となる法要と同時に行う場合の香典の金額相場は、さらに違うので注意が必要です。一周忌などの法要は、特に節目となる重要な法要として位置付けられています。

一周忌のような節目になる法要には、故人と縁があった方が大勢参列する大規模な法要と、法要後に会食を行うため、施主にとっては費用負担が大きくなりがちです。

納骨式と一周忌などの節目となる法要を同時に行う際には、通常の一周忌法要の香典相場に5千円ほどを上乗せしましょう。

具体的な金額目安は次のとおりとなります。

▼納骨式と一周忌などの節目となる法要がある場合

  • 親 :3万5千円~10万5千円
  • 兄弟・姉妹  :1万5千円~5万5千円
  • 祖父母・叔父・叔母 :1万円~3万5千円
  • 親族以外・故人の友人・知人  :1万円~1万5千円

納骨式のみに参列する場合

納骨式のみに参加する場合も、香典を用意しておきましょう。

納骨式のみを行う場合の香典費用の相場は、5千円から1万円程度。納骨式に参列する際は、香典以外にも費用が発生する場合もあります。

式後の会食に参加するのであれば、香典とは別に会食費を用意しておきましょう。

別に香典袋を用意するのではなく、香典に会食費用(5千円ほど)をプラスして多めに包んで渡すのが一般的です。

納骨式に参列する場合は、生前の故人との関係性がどのような場合であっても、同じくらいの額の香典が必要となります。

納骨式のみに参列する場合の香典費用の相場は以下の通りです。

▼納骨式のみ参列の場合

  • 親 :1~5万円
  • 兄弟・姉妹 :1~3万円
  • 祖父母 :5千円~1万円
  • 叔父、叔母 :5千円~1万円
  • その他 :3千円~1万円

香典を渡す際は「4」や「9」といった数字はなるべく避けるようにしましょう。これは「死」や「苦」を連想させるためです。

また、全般的に偶数は「2で割り切れる」というところから「故人との関係が切れる」ことを連想させてしまうため、あまり好まれるものではありません。

H4法要のみに参列する場合

法要のみに参列する場合は、四十九日法要や一周忌といった法要ごとに香典の金額相場が決まっており、故人との関係性にyって異なります。

初七日や四十九日法要に参列する場合

初七日を別で行う場合、また四十九日についての相場は以下の通りとなります。

  • 親 :10万円
  • 兄弟・姉妹 :1~5万円
  • 祖父母 :5千円~3万円
  • 叔父・叔母 :5千円~3万円
  • 甥・姪 :5千円~3万円
  • いとこなどのその他の親戚 :3千円~1万円
  • 友人・恩師・仕事関係者など :3千円~1万円

年齢によっても変動しますが、初七日と四十九日をそれぞれ別できちんと行う場合は、参列者の多さから四十九日のほうを高めに、初七日を低めに設定して考えることが多いです。

四十九日が葬儀と一緒になることはまずないので、ほとんどの場合「葬儀と初七日」と「四十九日」で香典を考えることになります。

納骨式に持参する香典のマナー

納骨式に持参する香典のマナー

四十九日まで故人は霊で、それを過ぎると仏になるため、香典の書き方も四十九日前後によって違ってきます。

香典の表書きには、四十九日までは「御霊前」と書き、四十九日を過ぎたら「御仏前」とするのがマナーです。

ただし、どちらの表記が正しいのか迷ったら「御香典」とします。

当日、香典は「ふくさ」に包んで、納骨式の前に喪主へと差し出すのが基本です。

しかし、喪主が香典を束ねるための袋を持参していないこともあります。

この場合、儀式の前に荷物を多くさせてしまうことになるため、いつお渡しすれば良いのかを事前に確認しておくと良いでしょう。

香典の表書きは宗派によって書き方が異なるため注意

表書きは宗教や宗派によって書く内容が異なります。

適切な書き方をしなければ失礼と受け取られることもあるので、各宗教ごとの書き方をご確認ください。

仏式

仏教での表書きは、「御仏前」や「御香典」と書くのが一般的です。香典袋の外袋中央上部に記します。

お通夜やお葬式では薄墨を用いるので迷う方もますが、納骨式の香典では通常の濃い墨で書きましょう。

先方が浄土真宗の場合は、四十九日を迎える前でも「御仏前」で問題ありません。

浄土真宗では故人はご逝去すると救済されて、すぐに仏さまになるという教えがあるためです。

神式

神道をはじめとした神式の霊祭に参列する場合は、表書きは御玉串料・御榊料と書くのが一般的です。

「御神前」や、仏教と同様の「御霊前」も良く用いられます。

神式で用いる不祝儀袋は、白い無地のものを用いることにはご注意ください。

ハスやユリが描かれている祝儀袋はそれぞれ仏教やキリスト教専用なので選ばないようにしましょう。

キリスト教

キリスト教共通の表書きとしては「御花料」や「お花料」があるので、先方の宗派がわからない場合はこれらを用いるようにしましょう。

香典袋はユリか十字架が描かれたものか、白い無地の封筒に水引をつけずに使用します。

中袋に現金を包み、中袋表面に金額を記載する

中袋とは、二重構造になっている香典袋の内側にあたる封筒です。

紙幣を直接包む外袋よりも小さな袋であり、表に金額を、裏には氏名・住所を記載します。

住所は縦書きに書くのが主流で、省略せずに郵便番号から番地、あるのであればアパート名・部屋番号などもしっかりと記入してください。

番地などで数字を書くときは漢数字を用いますが、ゼロは零ではなく、「〇」と書くことも覚えておきましょう。

住所の記入枠があらかじめプリントされている中袋では、住所を横書きで書くこともあります。

この場合は、数字は算用のアラビア数字(1、2、3など)で書きますので注意が必要です。

水引は白と黒の水引きを選ぶ

香典袋には、「水引(みずひき)」と呼ばれるひもを結ぶものがあります。

結婚式などで使うご祝儀袋で目にしたことがあるかもしれませんが、水引は一般的に贈答品へ結んでおくるもので、「人と人を結びつける」という意味合いがあるともいわれているものです。

葬儀や法要の場合はお祝い事ではないため、ご祝儀袋で使用されるような赤や金の色の水引は避け、必ず白と黒のものを選ぶようにしましょう。

まとめ 納骨式に参列する場合の香典の金額相場は立場によって異なる

納骨式に参列する場合の香典の金額相場は立場によって異なります。

その他にも、故人との関係や参列する人の年齢なども金額相場に影響するため、さらに注意が必要です。

金額相場を正しく理解し、故人やご遺族に対して失礼のないように香典をお渡ししましょう。

法要の際にも、マナーを守るのが故人の供養につながります。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事