叔父が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円〜3万円!夫婦連名の場合や遠方へ香典を送る場合の対応方法をわかりやすく解説

叔父が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円〜3万円!夫婦連名の場合や遠方へ香典を送る場合の対応方法をわかりやすく解説

一般的に叔父が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円〜3万円が適切とされていますが、送る側の年齢や関係の深さによって金額は変わります。

夫婦連名で香典を包む場合も同様、香典の金額相場は1万円〜3万円です。遠方で葬儀に参列できない場合は、郵便局の現金書留に手紙を添えて香典を送るようにしましょう。

叔父が亡くなった場合の香典の金額相場や、香典を送る場合の対応方法などを詳しく解説します。

叔父が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円〜3万円

叔父が亡くなった場合の香典の金額相場は、1万円〜3万円です。

平成28年度の香典に関するアンケート調査によると、叔父・叔母への香典の平均金額は約1万7千円、もっとも回答が多かった金額が1万円でした。このことからも、叔父への香典の金額の相場は1万~3万円であると良いことがわかります。

叔父・叔母への香典金額を地域別で見ると、近畿地方が約2万5千円、2位の東京よりも5千円高いです。

東京に関して言えば、物価の高さが香典の金額にも反映されているのでしょう。

そして近畿地方、東京に次いで高額だった北関東と南関東は、葬儀・告別式の費用にかける金額が高い地域でもありました。

その裏には、同県内に住んでいる・何かと親戚付き合いが多いといった関係性の深さもあると考えられています。

叔父といった親戚関係のみならず会社や知人などもお付き合いの程度、そして風習といった地域性の違いが、香典金額にもあらわれるのです。

一般社団法人 全日本観光ん総裁互助協会/

渡す側の年齢によって包む金額は異なる

香典の金額は渡す人の年代によっても異なります。

たとえば、叔父に渡す香典の金額は、20代は1万円との回答が多く、平均金額は約7千円。30代も1万円との回答が多いですが、平均金額は1万円を超え、50代以上となると倍額となっています。

50代は子育てが一段落し、社会的地位も安定していることから気持ちにも余裕がある世代であるといえます。その年代の社会における立ち位置も、香典の金額にあらわれているのかもしれません。

夫婦連名で香典を出す場合の金額相場

香典は1世帯につき一つであるため、二人分包むことはありません。

ただ、気をつけなけらばならないのが、葬儀後の会食に出席することがきまっている場合です。会食に参加する際は、その分を加算して入れる必要があります。

会食費用の平均金額5千円を2人分を加算し、香典は2万円となります。

割り切れる2という数字はよくないといわれているため躊躇してしまいそうですが、この場合は遺族側も承知のはずなので気にすることはありません。

それでも中には2は縁起が悪いので、香典は1万円、残り1万円はお供え物にされる方もいます。

しかし現実的に考えれば、会食費用を出した方が、遺族の助けになるでしょう。

さて、夫婦連名にするのかについては、故人との関係性によって判断します。妻の親族、夫婦で仲良くしていた知人などの場合は、夫婦連名でも構いません。

その場合は、中央に夫の名前をフルネームで入れ、その左横に妻の名前を入れます。

家族で香典を出す場合の金額相場

夫婦連名同様、香典は1世帯につき一つとの考え方です。ただし、家族の場合は年齢・同居の有無・収入の有無などによります。

子どもが小さい・学生の場合

表書きは世帯主である親の名前のみ、裏側もしくは内袋の氏名等を記入する欄に、親の名前に添えて子どもの学年組みと名前を書きます。

社会人の子どもの場合

独立していれば、子どもだけで個別で出します。ただし、経済的な事情など特別な理由がある場合は連名でも構いません。

社会人で親と同居の場合、連名でも可能ですが、故人との関係性が深ければ金額を増やした方がいい場合もあります。

また、兄弟・姉妹で連名で出すことができ、その場合不祝儀袋の表書きは、右側に年長者/男兄弟から順に書きます。

親と社会人の子どもとの連名の場合、余程の事情がなければ包む金額を少し増やされることをおすすめします。

また、連名数が多くなり、遺族に余計な負担をかけさせたくない場合は、不祝儀袋に香典返し辞退を一筆書き添えておきましょう。

子どもが所帯を持っている

二世帯で同居されている方も多いですが、香典は1世帯一つ、同じ屋根の下に暮らしていても、親世帯・子ども世帯それぞれで香典を包みます。

遠方で直接香典を渡せない場合の対応方法

遠方で直接香典を渡せない場合の対応方法

遠方で直接香典が渡せない・お悔やみを伝えられない場合は、郵送で送ることができます。

訃報が届いたものの出席できない、後日弔問に訪れたくても遠方だと時間を取るのも大変です。せめてお悔やみの気持ちとして香典を送りたいと思う方もいるでしょう。

郵送ならば本州で2日以内、国内であれば遅くとも3日以内には届けることができます。

場所によっては、葬儀期間内に会場宛に届けることも可能です。

ただし、交通インフラが麻痺して指定通りに届けられない場合もありますので、葬儀会場への配達はおすすめできません。

また、葬儀会場は他の家族の葬儀も同日に行われることが多々あります。

慌ただしい中、葬儀会社の方々に迷惑をかけてしまうこともあり、トラブルが発生しないともいいきれないので、自宅に送る方が良いでしょう。

遠方へ香典を送る場合は郵便局の現金書留を使用する

遠方に香典を送る場合は、郵便局から現金書留で郵送します。専用の封筒はコンビニでは取り扱っていないので、郵便局で購入しましょう。

通常と大型の2種類あるので、送りたい不祝儀袋の大きさに合うのを選びます。

封筒は大きさ関係なく1枚21円で、現金書留代435円が基本料金に加算、またオプションとして320円加算すると配達証明をつけることも可能です。

確実に本人に配達されたとの郵便局側の証明が欲しい方は、このオプションをつけると良いでしょう。

配達証明のオプションなしでも郵便追跡はできますが、この場合は相手先への配達が完了しただけの確認となりますので、本人が受け取ったのかまではわかりません。

現金書留は土日も配達していますので、週末にあたっても問題ないです。

お悔やみの言葉とお詫びの手紙を同封する

香典を郵送で送る場合、できれば出席できなかったことへのお詫びの手紙も書きましょう。

一筆箋で香典袋に同封してもいいのですが、やはりここは一枚でもいいので、手紙で気持ちを伝えた方が気持ちが伝わります。

その際は、白地に縦書きの便箋を使うのがマナーです。インクの色も黒ではなく、薄墨もしくはグレーを用います。

手紙は、別途封筒におさめて、香典とともに現金書留専用封筒にいれて送りましょう。

また、香典とお供え物を一緒に送りたい場合も、現金書留で送ることができます。この場合、定形外普通郵便に現金書留をオプションとしてつける形式になります。有料にはなりますが、日時指定も可能です。

もし香典返しを望まない場合は、不祝儀袋にお金を入れる前にその旨一筆書いておきましょう。

内袋がある場合は氏名等を書く欄の左端に、ない場合は外袋の裏・左端に、「香典返しは辞退させていただきたく お願い申し上げます」などと書きます。

まとめ 叔父が亡くなった際の香典の相場は1万円〜3万円だが、送る側の年齢や付き合いの深さによって金額は異なる

送る相手との関係や社会的立場によって香典の金額は異なりますが、送る側の年代によっても包む金額が違ってきます。決して一律ではないのです。

香典を包む際は、香典の平均相場と故人との関係性を合わせ見て決めましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事