略礼服・礼服・正礼装・準礼装|それぞれの違いを解説

略礼服・礼服・正礼装・準礼装|それぞれの違いを解説

冠婚葬祭では礼服を着用しますが、礼服には正礼装・準礼装・略礼服とそれぞれ格式の違いがあります。

そして、格式の違いによって適したシーンが異なり、主催者と参加者で格式を分けなくてはならないことも。

間違った服装で出席してしまわないように、それぞれの違いを理解しましょう。

略礼服・礼服・正礼装・準礼装のそれぞれの特徴と服装の違いを解説します。


礼服・正礼装・準礼装・略礼服の特徴と違いを解説

礼服には正礼装・準礼装・略礼服があります。

礼服とは冠婚葬祭で着用する服装の総称

礼服とは、冠婚葬祭で着用するフォーマルな服装の総称です。

例えば、葬儀や法事で着用する喪服や、結婚式で着用するタキシードなども礼服の一種。

そして礼服は、格式の高さによってそれぞれ正礼装・準礼装・略礼服の3種類に分類されます。

冠婚葬祭のそれぞれの場面において、自分の立場に合った格式の礼服を着用するのがマナーです。

正礼装は最もフォーマルな服装

正礼装は礼服の中でも最も格式が高いフォーマルな服装です。モストフォーマルとも呼ばれています。

格式が高い行事に参加する場合や、人をもてなす主催者側に立つ場合に着用します。

準礼装は正礼装の次にフォーマルな服装

準礼装は正礼装の次に格式が高いフォーマルな服装で、セミフォーマルとも呼ばれています。

格式の高い行事から、少々カジュアルな行事まで幅広いシーンに着用できる礼服です。

一般的に喪服として着用するブラックスーツは、準礼服にあたります。

略礼服は平服にあたる服装

準礼服はカジュアルすぎないフォーマルな服装で、平服が準礼服にあたります。

格式張らない結婚式やパーティー、急なお通夜などに着用します。

男性の正礼装・準礼装・略礼服の服装とは

礼服はそれぞれ格式の違いによって正礼装・準礼装・略礼服の服装に分類されますが、男性の正礼装・準礼装・略礼服の服装とはどのような服装なのでしょうか?

男性の具体的な礼服の服装について解説します。

男性の正礼装はモーニングコートや燕尾服

男性の正礼装は「モーニングコート」「燕尾服」「タキシード」です。それぞれで着用するシーンが異なるので、TPOに合わせて着用しましょう。

昼に行われる慶事や弔事に着用するモーニングコート

モーニングコートは昼間に行われる慶事や弔事に喪主などが着用します。また、結婚式や披露宴では新郎や主賓、卒業式や入学式では主催者側が着用します。

なお、名前の通りモーニングコートは朝昼に着用する服装なので、夜に開催される行事の場合は着用しないのが一般的です。

モーニングコートはベルトを使わずサスペンダーで固定するのが基本で、前襟がラウンドしたジャケットになっています。

そしてジャケットの下にはベストを着用します。ベストは基本的にジャケットと同じ布地を使用し、色違いの場合はグレーが無難です。

夜に催される慶事で着用する燕尾服

燕尾服はモーニングコートと対称的な、夜に着用する正礼装です。格式高い舞踏会や晩餐会、音楽会、結婚式、披露宴などで着用します。

ベストと白い蝶ネクタイを合わせるのが一般的です。

ドレスコードが「ホワイトタイ」に指定されている際に、燕尾服を着用します。

燕尾服の最大の特徴は、ジャケットの裾が二股に割れているところです。後ろ姿が燕の尾に似ていることから、燕尾服と呼ばれています。

夜の正礼服であるタキシード

タキシードは夜用の正礼装です。もともと夜用の正礼装は燕尾服であり、タキシードは準礼装でしたが、現在では燕尾服を着るケースがほとんどないため、タキシードが夜用の正礼装として着用されています。

また、夜用ではあるものの、昼間に開催される結婚式や披露宴にて、新郎や新郎新婦の家族、主賓が着用するケースも多いです。

ドレスコードが「ブラックタイ」に指定されている際に、タキシードを着用します。

男性の準礼装はディレクターズスーツやブラックスーツ

男性の準礼装にはディレクターズスーツやブラックスーツがあります。

なお、ブラックスーツは準礼装ではあるものの、ディレクターズスーツよりも格式が低いです。しかし、さまざまなシーンで着回しの効く礼服なので、1着は持っておくと良いでしょう。

昼の慶事に着用するディレクターズスーツ

ディレクターズスーツは昼間の結婚式や披露宴にて、新郎や新郎新婦の家族、主賓、上司などが着用する服装です。入学式などの公式な式典やパーティーなどでも着用します。

上着は黒やネイビーなどのダークカラーで、グレーのベストに、コールパンツを合わせて着用します。

慶事から弔事ま昼夜問わず着用できるブラックスーツ

ビジネスで着用する黒いスーツもブラックスーツと呼びますが、礼装用に仕立てられたブラックスーツは上下とも黒い無地のスーツのことを指します。

ブラックスーツは昼夜問わず、結婚式のようなおめでたい席から弔事まで、幅広い行事で着用できる服装です。ネクタイの色は行事に合わせて変えて着用します。

黒いビジネススーツをブラックスーツとして活用する人もいますが、礼装用のブラックスーツは光沢がなく色がとても深いので、野外で着用するとはっきり違いがわかってしまいます。

普段着用するビジネススーツ以外に、フォーマルな場に出席する礼服として最低限持っておいた方がいい服装だと言えるでしょう。

男性の略礼服はダークスーツ

ダークスーツは男性の略礼服にあたる服装で、ブラックスーツと同じ用に昼夜問わずさまざまな行事で着用できます。

ダークカラーのスーツなので黒以外にも、ネイビーやダークグレーなどのカラーバリエーションがあります。

ダークスーツは仕事で着用するビジネススーツと似ているため、正しい着こなしを行わないと仕事服に見られてしまうので注意しましょう。


女性の正礼装・準礼装・略礼服の服装とは

女性の正礼装・準礼装・略礼服の服装とは

女性の正礼装・準礼装・略礼服は、基本的にドレスタイプの服装が多いです。パンツスーツでも問題ないケースもあります。

また、行事に合わせて色選びする必要もあるので、礼服のバリエーションを複数用意しておくろ良いでしょう。

では、女性の具体的な礼服の服装について解説します。

女性の正礼装はアフタヌーンドレスやイブニングドレス

昼は襟元が詰まった露出の少ないデザインで、夜は綺羅びやかなドレスが女性の正礼装です。

よく女性皇族が皇室行事に出席される際に、露出が少ない上品なお召し物を着用していますが、まさにあの服装こそが最も格式の高い正礼装になります。

また、正礼装の色に関しては、結婚式などのお祝いの席では明るい色、葬儀や法事などでは黒を選ぶのが一般的です。

昼の正礼服あるアフタヌーンドレス

女性の昼用の正礼装はアフタヌーンドレスです。

襟元が詰まっていて、7~8分丈もしくは長袖で、露出が少ないドレスになっています。

アフタヌーンドレスはロングのワンピースが正式な服装ですが、アンサンブルやツーピース、スーツタイプのアフタヌーンドレスでも問題ありません。

夜に催される慶事で着用するイブニングドレス

イブニングドレスは主に、夜のパーティーや音楽祭などで着用する正礼装です。

胸元や背中、肩などを露出したロング丈のワンピースで、ラメが入っている布地やサテン、ブロケードなどの光沢のある生地で作られています。

袖はなしかオフショルダー、もしくはワンショルダーが一般的です。

露出が多く非常に華やかな服装なので、弔事では着用しません。

女性の準礼装はセミアフタヌーンドレスやディナードレス

女性の礼服の中でも、最も着る機会が多いのが準礼装です。

準礼装はさまざまな行事で着用できるうえに、ドレスコードが指定されているお店に行くときにも使えるので、1着は持っておきたい服装です。

準礼装ではパンツタイプの服装でも問題ありませんが、スカートの方が格式が高くなるので、なるべくスカートタイプの礼服を用意しましょう。なお、スカート丈は膝下ならロングでなくても問題ありません。

デザインが豊富な昼の準礼服セミアフタヌーンドレス

アフタヌーンドレスよりもデザインが自由で、ワンピースやアンサンブル、セパレートなどさまざまな形のドレスがあります。

スカート丈は膝より少し長めが一般的で、無地はもちろん、プリント柄やレースなどの素材のドレスでも問題ありません。

夜の準礼服ディナードレス、カクテルドレス

女性の夜の準礼装にはディナードレスとカクテルドレスがあります。ディナードレスとカクテルドレスに格式の違いはありません。

ディナードレスは襟がない袖のついたドレスで、カクテルドレスはイブニングドレスよりも自由なデザインになっています。

全体的にイブニングドレスよりも露出は少ないので、さまざまなシーンで使いやすいドレスです。

女性の略礼服はカジュアルすぎないドレスやアンサンブル

女性の略礼服は特に決まった形の服装はありません。

カジュアルすぎないドレッシーな素材のワンピースやアンサンブル、パンツなどが女性の略礼服になります。

なお、結婚式の二次会や同窓会などカジュアルな場に参加する場合は、ドレッシーなニットやカットソーでも問題ありません。

ただし、弔事の場合は露出を抑えた地味な色のワンピースやパンツスーツを着用しましょう。

礼服は正礼装・準礼装・略礼服の中からそれぞれのシーンに合わせて着用する

礼服は格式の高さによって正礼装・準礼装・略礼服に分類できます。

一見同じように見える服装でも、それぞれで適切なシーンが異なるので、礼服はTPOをわきまえて着用しましょう。

ただ、全ての格式の礼服を揃えるのは大変なので、礼服を購入するなら冠婚葬祭のどの行事でも着用できるように仕立てた準礼装を用意することをおすすめします。

準礼装は格式が高い行事にも、カジュアルだけどドレスコードが決まっている行事にも参加できるオールマイティーな礼服なので、1着は持っておくと良いでしょう。

また、格式の高い礼服やシーンに合った礼服を持っていない場合は、レンタルサービスを利用するのもおすすめです。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事