お葬式の場にふさわしいネクタイは?タイピンはNG?葬儀の場に適切なネクタイを解説

投稿:2022-01-10
お葬式の場にふさわしいネクタイは?タイピンはNG?葬儀の場に適切なネクタイを解説

喪服に合わせるネクタイは、黒ければいいというものではありません。

そして紳士の身だしなみとして、ネクタイにはネクタイピンが必須という方もいます。一方、大切な場面で万が一ネクタイがジャケットから飛び出してはいけないとの配慮から、使用される方もいるでしょう。

通常ならば何の問題もありませんが、葬儀の場合は特別です。葬儀には身だしなみにも配慮するべき点が多いため、クローゼットからおしゃれ着用の黒のネクタイを見つけ、これで一安心と思った方は気をつけましょう。

葬儀の場でのネクタイとネクタイピンに関するマナーを解説します。

葬儀でネクタイピンはつけていいの?基本的なマナーを解説

そもそも、喪服にネクタイピンを合わせてもいいもなのでしょうか?

女性は真珠のネックレスとイヤリングを身につけることができます。ならば男性も、光り物が入っていないネクタイピンであればマナー違反にはならないのではと思う方がいても不思議ではありません。

葬儀の場は喪服で参列、ネクタイピンはNG

お葬式、たとえお通夜であっても基本的にネクタイピンはつけないのがマナーです。

会社勤めをしていると、ある日突然訃報が舞い込み、帰宅して着替える時間もないままお通夜に出席しなくてはならないことはよくある話です。

ビジネススーツの多くはダーク系の色なので、急な時はネクタイだけ替えて出席することはできます。もし手元に葬儀用のネクタイがなければ、コンビニエンスストアや駅構内の売店などでも購入できます。

その際、着け替えた葬儀用のネクタイについうっかり、いつものようにタイピンをつけてしまわないように気をつけましょう。

お通夜はぜったいに喪服でなければならないわけではありませんが、お悔やみの席のため服装に配慮が求められます。葬儀では、装いが華やかになりがちのネクタイピンといったアクセサリー類はふさわしくありません。

しかし、どうしてもネクタイピンをしなくては身だしなみが崩れそうだなどの不安をお持ちの方、実は身につけられないこともないのです。

真珠のついた葬儀用のネクタイピン

真珠は悲しみの涙をあらわすともいわれることから、お悔やみの席での着用が認められています。真珠があしらわれたお葬式用のネクタイピンであればつけても良い良いです。

しかし、真珠といっても様々な色があります。

若い方にはピンクがかった色の真珠が人気ですが、悲しみの席にはふさわしくありません。葬儀用ネクタイピンの真珠は白系、もしくはグレー系の真珠で、かつ、留め具は輝きを抑えたシルバーもしくはアンティーク加工のようないぶし系の色が良いとされています。

大きさも7mm、大きくても8mm以下。形の種類は、バロックや淡水ではなく円形の真珠がふさわしいです。

これらのことは女性のアクセサリーにも同じことが言えます。

では真珠がついていない、シンプルなネクタイピンの場合はどうでしょうか?

どうしても使わなければならない場合は黒、もしくは光沢がない暗色系、黒色で光沢のない織物や布で覆われた、装飾品が施されていない葬儀用のネクタイピンを使いましょう。

表から見えない位置ならネクタイピンをつけても良い

葬儀用のネクタイピンもなく、どうしてもつけたいという理由がある場合、表から見えない位置につけると良いです。

ネクタイの大剣裏のループに通した小剣(ネクタイの細い方) とシャツとをタイピンで挟むと、表からは見えません。

葬儀でネタイピンを使うのであれば、

  • 葬儀用のものを用意する
  • 表に見えないようにつけ方を工夫する

こういった工夫をするようにしましょう。

三回忌までの法要もネクタイピンはNG

お葬式が終わった後も、初七日や四十九日、一周忌などの法要があります。時間が経つごとに略式になっていきますが、三回忌までは喪服を着用することが多いです。

そのため、三回忌までの法要にネクタイピンはふさわしくありません。

ただし近年は、法要を省略したりごく親しい身内だけで行ったりするケースも増えてきました。また、三回忌は遺族は略式喪服を着用することが多く、参列者は平服でと言われることもあります。喪服を着用すべきかは、事前に確認した方が良いでしょう。

葬儀の場では基本装飾品を避けること

ここ数年、紳士服ではボタンでもカフスボタンでも留められる、コンバーチブルカフスといった袖に折り返しのあるシャツが人気です。そのためカフスボタンが再び注目を集めるとともに、ネクタイピンやラペルピンといったアクセサリーを好んで身につける人も多くなってきました。

最近では冠婚葬祭用のアクセサリーとして、ネクタイチェーンなどが販売されているのも見かけます。

しかしながら、それらは決して弔事用ではありません。慶事用であるにも関わらず、弔事を含む冠婚葬祭との言葉を使っているお店があるので気をつけましょう。

もっとも、失敗しない方法はアクセサリーを身につけないことですが、カフスボタンに関しては葬儀用の黒いカフスであれば着用可能です。

最期のお別れをする特別な儀式の場に、胸元や手元を引き立てるおしゃれは必要ありません。

時計や結婚指輪はつけてもOK

喪服を着用している時、時計や結婚指輪はつけていても問題ありません。ただし、あまりにも目立つデザインだった場合は、目立たないシンプルなものに変えるか、外した方が無難でしょう。

冠婚葬祭出席者全般において言えることですが、自分が目立つことはNGです。華美に着飾らず、なるべく目立たず周囲に溶け込むような服装がベター。葬儀は、厳粛に執り行われる儀式であることを忘れないようにしましょう。

 
■次のページ:葬儀用ネクタイを選ぶ時のポイント

著者:葬儀のデスク編集部
葬儀のデスク編集部
葬儀のデスクは、お葬式に関するよき相談サイトです。
消費者には「分かりやすい 相談役」として、葬儀社さまには「最高コスパの集客方法」としてご利用いただいてます。

おすすめの記事

今月のピックアップ記事