お葬式の場にふさわしいネクタイは?タイピンはNG?葬儀の場に適切なネクタイを解説

お葬式の場にふさわしいネクタイは?タイピンはNG?葬儀の場に適切なネクタイを解説

喪服に合わせるネクタイは、黒ければいいというものではありません。

そして紳士の身だしなみとして、ネクタイにはタイピン必須という方もいらっしゃいます。一方、大切な場面で万が一ネクタイがジャケットから飛び出してはいけないとの配慮から、使用される方もいらっしゃいます。

通常ならば何の問題はありませんが、葬儀の場合は特別です。葬儀には身だしなみにも決まりごとがあるのです。クローゼットからおしゃれ着用の黒のネクタイを見つけ、これで一安心と思った方は気負着けましょう。

葬儀の場でのネクタイとネクタイピンに関するマナーを解説します。

葬儀でネクタイピンはつけていいの?基本的なマナーを解説

そもそも、喪服にタイピンを合わせてもいいもなのでしょうか?

女性は真珠のネックレスとイヤリングを身につけることができます。ならば男性も、光り物が入っていないタイピンであればマナー違反にはならないのではと思われる方がいても不思議ではありません。

葬儀の場にネクタイピンはNG

ズバリ、葬儀、たとえお通夜であっても基本的にネクタイピンはNGです。

会社勤めをしているとある日突然訃報が舞い込み、帰宅して着替える時間もないままお通夜に出席しなくてはならないことはよくある話です。

ビジネススーツの多くはダーク系の色なので、急な時はネクタイだけ替えて出席することはできます。万が一、手元に葬儀用のネクタイがなければ、コンビニエンスストアや駅構内の売店・キヨスクなどでも簡単に入手することができます。

その際、着け替えた葬儀用のネクタイについうっかり、いつものようにタイピンをつけてしまわないように気をつけましょう。

お通夜は100%喪服でなければならないわけではありませんが、お悔やみの席であることには違いありません。葬儀では、装いが華やかになりがちのネクタイピンといったアクセサリー類はご法度です。

しかし、どうしてもネクタイピンをしなくては身だしなみが崩れそうだ、そんな不安をお持ちの方、実は身につけられないこともないのです

葬儀用のネクタイピンはある

実際に、真珠のついた葬儀用のタイピンをお持ちの方もいらっしゃいますし、女性も真珠のネックレスとイヤリングであれば葬儀で身につけることができます。

真珠は悲しみの涙をあらわすともいわれることから、お悔やみの席での着用が認められています。しかし、真珠といっても様々な色があります。

若い方にはピンクがかった色の真珠が人気ですが、悲しみの席にはふさわしくありません。この場合は白系、もしくはグレー系の真珠で、かつ、留め具は輝きを抑えたシルバーもしくはアンティーク加工のようないぶし系の色でなければなりません。

大きさも7mm、大きくても8mm以下にとどめておきます。形の種類もバロックや淡水とありますが、お悔やみの席では円形の真珠と決められています。

これらのことは男性のネクタイピンにも同じことが言えます。では真珠がついていない、シンプルなタイピンの場合はどうでしょうか?

どうしても使わなければならない場合は黒、もしくは光沢がない暗色系、黒色で光沢のない織物や布で覆われた、装飾品が施されていない葬儀用のネクタイピンを使いましょう。

また、ネクタイの大剣裏のループに通した小剣(ネクタイの細い方) とシャツとをタイピンで挟み、表からは見えないようにする方法もあります。

葬儀でネクタイピンを使うのであれば、

  • 葬儀用のものを用意する
  • 表に見えないようにつけ方を工夫する

この方法であれば使うことはできます。

葬儀の場では基本装飾品を避けること

ここ数年、紳士服ではボタンでもカフスボタンでも留められる、コンバーチブルカフスといった袖に折り返しのあるシャツが人気です。そのためカフスボタンが再び注目を集めるとともに、ネクタイピンやラペルピンといったアクセサリーを好んで身につける人も多くなってきました。

最近では冠婚葬祭用のアクセサリーとして、ネクタイチェーンなどが販売されているのも見かけます。

しかしながら、それらは決して弔事用ではありません。慶事用であるにも関わらず、弔事を含む冠婚葬祭との言葉を使っているお店があるのでお気をつけください。

もっとも、失敗しない方法はアクセサリーを身につけないことですが、カフスボタンに関しては葬儀用の黒いカフスであれば着用可能です。

最期のお別れをする特別な儀式の場に、胸元や手元を引き立てるおしゃれは必要ありません。

冠婚葬祭出席者全般において言えることですが、自分が目立つことはNGです。特に葬儀は、厳粛に執り行われる儀式であることを忘れないでください。

葬儀用のネクタイの選び方について解説

葬儀用のネクタイの選び方について解説

これまでネクタイピンについて解説してきましたが、ネクタイにも同じことが言えます。

ネクタイもただ黒ければいいというわけではありません。昨今の人気定番デザインであるレジメンタルストライプタイ、通称レジメンタルはカラー展開が豊富であります。黒やグレー系だけでも様々です。中には、黒一色でストライプが織り柄だけのデザインのものもあります。もちろん、レジメンタル以外にも黒色でジャガード織りの柄だけのものもあります。

素材も同じくシルクであるので、わざわざ葬儀用のネクタイを買わなくてもいいのでは、と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、礼服であるブラックフォーマルにも慶事と弔事では異なることをご存知ですか?

最近でこそ、ブラックフォーマル=冠婚葬祭との定義づけがされつつありますが、厳密にいうと違うのです。同じ黒でも深い黒、そして光沢・柄がない生地で作られているのが喪服であります。

ネクタイも同じです。黒とはいえ、光沢があったり喪服よりも明るいトーンのネクタイを合わせたらそこだけ浮いて目立ってしまいます。お悔やみの場での正装は、頭のてっぺんからつま先までフラットな統一感と清潔感が大事です。

次に、失敗しない葬儀用のネクタイとその結び方を解説します。

漆黒の葬儀用ネクタイを選ぶ

ネクタイは前述通り、光沢も柄もない黒味の深い漆黒の葬儀用を着用しましょう。厳粛な儀式の場にふさわしい正装で、故人を弔うのがマナーです。

コンビニエンスストアなどではポリエステル製のもので2,000円前後から販売されていますので、急な時に困ることはありません。いざという時に慌てないためにも、会社や家の近所のお店で一度確認しておくのもいいでしょう。

葬儀の場にふさわしい結び方はプレーンノット

これまでに解説してきたように、葬儀の場では装いが華美になってはいけません。ネクタイの結び目も同様です。お悔やみの場でのネクタイの結び方は、シンプルなプレーンノットと決まっています。一巻きにしてタイ目を作る方法です。

ビジネススーツに多く見られる、はっきりとした逆三角形に厚みのあるタイ目のウィンザーノットやダブルノットは華やかさが出てしまうのでNGです。毎日ネクタイをしていてプレーンノット以外で結ばれている方は、呉々もお気をつけください。

そしてもう一つ大事なのは、決して結び目の下にくぼみをつけないことです。ディンプルとも呼ばれるこの谷折りにしたくぼみは、ネクタイをより立体的に見せて華やかさを出すために用いられます。こちらもついうっかりつけてしまわないように、ご注意ください。

ネクタイを締め慣れていない方には、すでに形になっている装備用ネクタイがおすすめです。 首にかけるだけのネクタイは大変実用的ということで、おしゃれ着用にも多く見られるようになっています。

まとめ 葬儀の場にふさわしいネクタイを選び失礼のないよう参列しよう

ご遺族、そして故人と縁のあった人々とともに最期のお別れの儀式、厳粛なる時を過ごします。

その悲しみの一体感を壊さないためにも装いは大事です。

  • ネクタイは必ず葬儀用を着用
  • ネクタイピンといった装飾品は身につけない

  ※必要な場合は葬儀用もしく表に見えないように装着 

故人に対するマナーとして、ふさわしい装いでお見送りしましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事