逮夜(たいや)とはなにをする日?意味や執り行う儀式、通夜との違いを解説

逮夜(たいや)とはなにをする日?意味や執り行う儀式、通夜との違いを解説

故人を弔う儀式の中には「逮夜(たいや)」という儀式があります。混同されがちな儀式として「通夜」がありますが、通夜と逮夜の儀式の内容や意味は似ているようで全く違います。

現代では省かれるケースが多い逮夜ですが、逮夜とはどのような儀式を行うものなのでしょうか。

逮夜の意味や執り行う儀式について、通夜との違いを交えて解説します。

逮夜で行う儀式と通夜との違いを解説

故人を弔う儀式の中でも、四十九日や一周忌などの忌日法要は一般的に広く知られる儀式である一方で、「逮夜」はあまり広く知られていません。

「通夜」と似ているので混同されがちですが、「逮夜」と「通夜」はそれぞれ全く違う儀式です。

では、通夜と逮夜の儀式や意味の違いについて解説します。

逮夜は忌日の前夜のことで通夜は葬儀の前夜に行う儀式のこと

「逮夜」と「通夜」はどちらも故人を弔う儀式なので混同されがちですが、似ているようで全く違う儀式です。

  • 逮夜:故人の命日および忌日の前夜のこと
  • 通夜:葬儀(告別式、火葬式)の前夜から夜通し故人を見守る儀式

逮夜法要は忌日の前夜ごとに行われますが、通夜は葬儀の前夜のみに行われます。

逮夜と通夜はどちらも夜に行なわれる点が共通しているので混同されやすいですが、儀式を行うタイミングや回数が異なります。

逮夜は故人と親しかった人だけが集まって行う法要

通夜は故人や遺族の関係者が集まりますが、逮夜は故人と親しかった人だけが集まって行う儀式です。

忌日法要と同様に遺族中心に集まるので、通夜のように会場を借りて法要を執り行うケースは少ないです。

なお、逮夜法要よりも先に通夜が行われるケースが多いので、葬儀の際に僧侶から「逮夜表」と呼ばれる日程表がもらえます。逮夜法要を行う際は、僧侶からいただいた逮夜表をもとに準備を行いましょう。

逮夜法要のマナーや流れは基本的に忌日法要とほぼ同じ

逮夜法要の流れは以下の通りです。

  1. 僧侶が入場
  2. 喪主の挨拶
  3. 僧侶の読経
  4. 焼香(喪主→遺族→友人・知人)
  5. 僧侶の説法
  6. 僧侶の退場
  7. 終了の挨拶
  8. 会食

逮夜法要の流れは基本的に忌日法要とほとんど同じです。

参列者の都合や時間帯次第で会食が行われないケースもあるので、逮夜法要が執り行われる場合は喪主に確認するとよいでしょう。

また、逮夜法要のマナーも忌日法要と同じです。招いた僧侶へのお布施はもちろん、香典や供物の準備も必要です。忌日法要と同じように準備をすれば問題ありません。

なお、逮夜法要の翌日に忌日法要が行われますが、一連したひとつの法要として考えられているので、別々に香典や供物を用意する必要はありません。地域の風習などによって異なるので、連日で参列する場合は予め喪主や親族に確認するとよいでしょう。

ただし、僧侶にとっては別々の法要なので、お布施はわけて用意しましょう。

逮夜法要の服装は喪服を着用する

逮夜法要でも忌日法要と同じように喪服を着用します。

一周忌以降から徐々に平服へ移行し、最終的には地味な私服で参列しても問題ありません。

ただし、弔いの儀式であることには変わりないので、故人や仏様に失礼がないように派手な服装や華やかな服装は避けましょう。

逮夜法要はきちんと行うべきなのか

逮夜法要はきちんと行うべきなのか

逮夜法要自体があまり広く知られていないのは、省略されるケースが多いからです。そもそも逮夜法要は省略しても問題ないのでしょうか?

逮夜法要は行うべきなのか、省略しても問題ないのか解説します。

現代では逮夜か忌日の一方のみの法要を行うのが一般的

逮夜法要はあまり一般的に知られている法要ではありません。そもそも現代では、逮夜もしくは忌日のどちらか一方のみ法要を行うのが一般的で、2日連続で法要を執り行うケースはほとんどありません。

逮夜も忌日もきちんと法要を行う地域もあるようですが、現代では逮夜法要を省略するケースがほとんどです。

ちなみに、忌日法要は前倒しして執り行うことができます。そのため、逮夜に忌日法要を行うケースもありますが、前倒しするだけなので本来の意味のように2日連続で法要を行うことはありません。

人によっては、逮夜法要を省略するのは罰当たりではないかと不安に思われるかもしれません。しかし、逮夜法要を省略しても故人や仏様への失礼にあたることはないので、心配する必要はありません。

ただし最低限、手を合わせたりお線香を添えたりなど、故人を冥福を祈ることは忘れないようにしましょう。

そもそも神式では逮夜法要を行わないケースが多い

そもそも逮夜法要は仏式の儀式です。神式にも似たような習慣はありますが、逮夜法要自体を行わないケースが多いです。

仏式の場合は葬儀後に初七日が始まり、四十九日まで7日ごとに忌日があります。一方、神式の場合は10日ごとに忌日があるので霊祭自体が少ないです。

そのため、神式では逮夜法要にあたる霊祭が行われるケースは珍しいと言えます。

現代では仏式でも逮夜法要は省略されるケースがほとんどなので、神式では逮夜法要にあたる習慣そのものがあまり知られてない可能性が高いでしょう。

逮夜は忌日の前夜に行う法要だが現代では省くケースが多い

逮夜は忌日の前夜に行う法要で、本来なら法要は逮夜と忌日の2日連続で行われるものでした。

しかし現代では、遺族の負担が大きいなどの理由から逮夜法要は省かれるケースが多いです。逮夜法要を省略しても罰当たりではないので、負担が大きいのであれば忌日法要のみで問題ありません。

ただし、日頃からきちんと故人を想い、冥福を祈ることを忘れないようにしましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事