会社で香典を包む場合の書き方と金額を解説!連名で渡す場合はどうしたらよい?

会社で香典を包む場合の書き方と金額を解説!連名で渡す場合はどうしたらよい?

会社関係の方に不幸があった際、香典をどうすればいいのか悩んだことはありませんか?

香典を包むのが適当な範囲、不祝儀袋の選び方や書き方、香典の金額など、迷う点はさまざまあります。

会社の場合は、社内の決まり事に即して用意すべきですが、一般的な香典のマナーもあるため、あらかじめ知っておくといざというとき安心です。

特に会社の場合は連名で香典を送ることが多いので、不祝儀袋の表書きの書き方は把握しておいたほうが良いでしょう。

会社関係の場合、どこまでの範囲の方に香典を包むのか、不祝儀袋の選び方書き方や、香典の金額相場をわかりやすく解説します。


会社関係で香典を包む場合は、本人の親、配偶者、子供までが適切

会社関係の方の訃報を聞いたとき、一番迷うのは、そもそも自分は香典を包むべきなのかということではないでしょうか。

社内全体でお金を出し合う場合は、それに従えばいいのですが、そうでないケースもあります。

香典は、基本的には気持ちのため、故人の死を悼み、その人を偲ぶ気持ちがあれば包むことは良いことです。しかし、自分に関わりがあった人ではなく、その人の身内が亡くなったらどうすべきなのか悩みますよね。

特別な決まり事はありませんが、実際は会社関係の方の配偶者や両親、子どもが亡くなった場合は包むことが多いです。

一方、その人の祖父母や配偶者の親など、二等身以上離れている場合は、包まないことが一般的。会社の規模にもよりますが、関わっている人が多いため、お互い広い範囲で香典をやり取りすると大変になってしまうためです。

気持ちも大事ですが、相手の負担等を考えると遠慮した方がいいケースもあります。

会社関係の香典の金額相場は個人との関係や立場によって異なる

会社関係の香典の金額相場はその人の関係や立場によって異なります。

部署全体や同僚同士で金額が決められている場合はそれに従えば問題ありませんが、自分で判断するときは迷うこともあるでしょう。

一般的な例をご紹介します。

勤務先の上司や、その家族に包む場合

会社の上司のなかでも会長や社長など地位の高い方に、個人的に香典を包む立場にある人はあまり多くないでしょう。自分も同じような地位の方に限定されますが、この場合、5千円~1万円を包みます。

会長や社長本人が亡くなった場合でも同じですが、もっと金額が低いことも多いです。それは、社長は社員よりも年齢が上で給与も多いためであり、会社の場合、そうした観点から金額が決まります。

また、上司が亡くなった場合、他の部下と一緒に均等に出し合うことが一般的で、その場合は〇〇一同という形式になります。

金額は社長同様5千円~1万円ほど。何人かで出し合うかにもよりますが、一人当たり500円~1000円を出し合うことが多いです。

勤務先の同僚や部下に包む場合

同僚の場合は、個人的な付き合いのある方もいるでしょう。その場合は個人で包みます。

同僚本人、もしくは家族のどちらでも金額の相場は、3千円~1万円。会社関係の場合、他の人と金額を合わせたほうが無難なので、いくらにしているか会社の人に尋ねておくと良いです。

同僚の誰かが1人代表して香典を出す場合は、合計で1万円~3万円になるようにします。

部下にあたる方や部下の家族が亡くなった際は、単に香典を出して通夜や葬儀に参列するだけでなく、遺族や本人をケアする気持ちも大切です。

しかし、香典の金額が高すぎて親族以上に出してしまうのは逆に失礼になってしまうので、相場は守るようにしましょう。一般的には3千円~1万円ほどです。

長年一緒に働いてきて関係が深い部下に対しては、相場内で金額を高めにすると気持ちも伝わります。

取引先の会社の人に包む場合

社内の人ではなく、取引先である会社の人に香典を包むこともあります。その場合は、会社同士の関係やそのときの状況によって左右されるので、社長など上の立場の方に尋ねましょう。

取引先に対しては法人として香典を出すのが一般的で、亡くなった方が社長や会長の場合は3万円~10万円、担当者やその他の役員などの場合は1万円~5万円です。

他社の人とでも個人的な付き合いがあった場合は、会社としてとは別に個人として香典を包む場合もあります。


会社で香典を包む際の書き方

会社で香典を包む際の書き方

会社関係の人やその家族が亡くなった際に香典を包むとき、どのように香典の表書きを書いたらいいのでしょうか。

個人で香典を渡す場合と異なる点もあるので、一般的なマナーを解説します。

個人名で香典を包む場合の名前の書き方

会社関係の方であっても個人的に親しくしている人もいるでしょう。そういう場合は、個人的に香典を包む場合もあります。

個人で包む場合は、通常どおり不祝儀袋の下部の中央に自分の氏名を記載してください。

連名で香典を包む場合を状況別に解説

会社関係で香典を包む場合は、付き合いのあった同僚や部署全員などの連名にすることが多いです。人数や立場によって書き方が異なりますので、詳しく解説します。

連名で香典を包む場合は立場が上の人が右側にくるように

会社関係の人と2~3名の連名で香典を包む場合、全員の名前を不祝儀袋の下のほうに書きます。名前を書く順番は社内で立場が上の方から右から順番に書きましょう。

2名の場合は、2人の氏名を中央に書き、3名の場合は、中央に1人の名前を書いて、その両脇にその他2名の名前を書きます。

4名以上の連名の場合は別紙を中袋に同封する

4名以上の連名で包む場合は、書き方は2パターンあります。

連名で包む人の中で代表者がいる場合、その方の名前だけを書き、その左側に小さめに「他〇名」と書くことが多いです。

特に地位の差は無く代表者がいない場合は、「◯◯一同」と書きます。例えば、経理部の同僚の連名なら「〇〇株式会社経理部一同」。

また、「〇〇一同」とした場合は、別紙に連名に参加した全員の名前を書いて不祝儀袋のなかに入れておきます。遺族はお返しを用意するため、誰が香典を包んだのか分からないと困るからです。忘れずに入れておきましょう。

会社全体、大人数で香典を包む場合

会社全体で香典を包む場合は、会社名を書きます。社内で親しかった人を大人数集めて送るなら、一同や有志にしましょう。

会社名や一同、有志と書くことで、その香典が会社全体のものなのか、そうではないのかが分かりやすくなります。

会社の福利厚生として香典を包む場合

会社の福利厚生の一環として社員に対して香典を送ることもあります。その場合は、上司や社長が個人的に香典を包むわけではないので、会社名を書きましょう。

遺族は会社からの福利厚生の場合、香典返しをする必要はありません。もし、上司や社長などが個人的に包んでいる場合であれば、香典返しを用意する必要があります。渡す側はそういった事情も考慮し、福利厚生であることを伝えてあげたほうが親切です。

宗教で異なる不祝儀袋の表書きと水引き

会社関係でなくても香典を用意する際、確認しておきたいのが宗教です。宗教ごとに不祝儀袋の表書きや水引きは異ります。間違いのないように用意しましょう。

仏式の表書き

不祝儀袋にはあらかじめ表書きが印刷されてあるものも多いです。「御香典」「御霊前」「御弔料」「御供」などがありますが、仏式の場合は一般的には「御霊前」「御香典」「御香料」を選ぶのがよいでしょう。

ただし、浄土真宗の場合は「御霊前」を使わずに「御仏前」にします。「御霊前」は仏になる前の故人の魂に捧げるという意味がありますが、浄土真宗では人は亡くなるとすぐに成仏し仏となるとされているため「御仏前」がふさわしいです。

仏式と分かっていても、宗派が分からない場合もあることもあるでしょう。その場合は、「御香典」「御香料」と書くと間違いにはなりません。

水引は白黒か双銀の結び切り。蓮の花が描かれた不祝儀袋が販売されていることがありますが、それはお釈迦様のいる極楽浄土に咲く花のため仏式以外の場合は選べません。

▼神式の表書き

神式では、表書きは「御霊前」「御香料」「御香典」のものを選びます。水引は結び切りで、白黒と双銀の他に双白が使用可能です。

神式では模様のある不祝儀袋は使いません。白の無地のものを用意しましょう。

▼キリスト教の表書き

キリスト教の表書きはプロテスタントの場合は「御花料」、カトリックの場合は「御ミサ料」です。水引は必要ありません。

百合や十字架が描かれた不祝儀袋はキリスト教専用です。キリスト教の場合、そうしたものを選んでおくと間違いないでしょう。

▼創価学会の表書き

創価学会の葬儀では香典を用意しないのが一般的です。しかし、地域の風習や遺族の意向よってそうでないこともあります。そのため、一応香典を持参し、辞退された場合はそれに従います。

表書きは「御香料」「御霊前」にして、白黒か双銀の結び切りの水引きの模様の無い不祝儀袋を使いましょう。

▼宗教が分からない場合の表書き

宗教が分からない、あるいは無宗教の葬儀も最近は少なくありません。その場合は、表書きは「御霊前」「御香料」にして、白黒か双銀の結び切りの水引きの模様の無い不祝儀袋を使いましょう。

まとめ 会社関係の香典はお互いの関係や立場と連名かで変わる

会社関係の香典は、親族や友人・知人と異なり、様々な関係や立場があるため、どうしたらいいのか悩むことが多いです。

会社に入社して日が浅ければ、多くの場合は、先輩や上司が香典について取り仕切ってくれるので、それに従えば問題ありません。

しかし、今後のために、どのように香典を扱ったか確認しておくとよいでしょう。自分がまとめる立場になったときに参考にできます。

たまたま今まで不幸がなく、立場的に自分が判断しなくてはならない方は、一般的なマナーに従い不義理にならないようにしましょう。会社として福利厚生での香典のみにすると決めるのも、みんなにとって負担が軽くなるため、喜ばれる場合もあります。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事