香典の表書き「御仏前」の場合は薄墨NG!薄墨、濃墨の使い分けはこうやって見分ける

香典の表書き「御仏前」の場合は薄墨NG!薄墨、濃墨の使い分けはこうやって見分ける

香典の表書きに薄墨を使うのは、通夜と告別式、初七日法要の時に限ります。これは諸説ありますが、急な知らせを受けて急いで駆けつけたため、十分な濃さの墨を用意できなかったという理由がひとつです。

繊細な人の心情が反映されたマナーのため、守るように心がけましょう。

香典の表書きが「御仏前」とされるのは四十九日法要以降になりますが、四十九日以降は事前に準備することが可能であるため、薄墨ではなく濃墨を使用するのが一般的です。

薄墨と濃墨を使う状況と、簡単にわかる使い分けかたをわかりやすく解説します。

四十九日法要の香典では薄墨ではなく濃墨を使用する

香典の表書きは常に同じではなく、書く言葉から墨の濃さまで時期によって変わるので注意が必要です。

通夜や告別式とは異なる四十九日の法要での表書きの決まり事と、書く際の墨の選び方を解説します。

四十九日法要では香典の表書きは「御仏前」

仏教の香典の場合は、不祝儀袋は双銀や黒白の結び切りか、もしくはあわじ結びものものを用意します。表書きの書き方は、一般的には通夜と葬儀・告別式、初七日法要までが「御霊前」です。

初七日法要まで「御霊前」とされるのは、仏教では四十九日までに来世の行き先が決まると考えられているため。四十九日が過ぎると、故人は無事に成仏するため、「御仏前」になります。

ただし、浄土真宗の場合は、「御霊前」は使いません。何故なら、人は亡くなると閻魔大王の裁きを経ずに成仏し、そのまま仏になると考えられているからです。浄土真宗の方に香典を渡す際は常に「御仏前」と書きます。

どの宗派が分からず通夜や告別式に参列する際は、「御香料」にしておくのもよいでしょう。どういった場合でも、「御香料」なら問題ありません。

四十九日法要以前には薄墨を使用する理由

「御霊前」や「御仏前」などの表書きは不祝儀袋に印刷されていることもあります。しかし、自分の氏名については必ず自分で書く必要があるため、筆ペンは常に用意しておくようにしましょう。

そのときに注意することは薄墨か濃墨か、どちらにするかです。四十九日の法要以前の香典袋の場合は、薄墨にすることがマナーとされています。

薄墨にする理由は諸説ありますが、以下のふたつが有名です。

1.涙によって濃墨が薄まった

現在では表書きを書く際、ほとんどの方が筆ペンを使いますが、元々は硯で墨をすってから文字を書いていました。その際、悲しみの涙が硯に入り、墨が薄まった様を表現しているというわけです。

2.急いだため、濃墨を使えなかった

濃墨の場合、十分時間をかけてしっかりすった感じとなりますが、墨が薄い場合は、急いで用意した印象になります。

通夜や告別式では、前もって用意していたことをアピールしてはいけません。不吉なことですし、相手に対して大変失礼なことになるからです。

薄墨にすることによって、「取り急ぎ持ってきた」ことを表現できます。

ちなみに、香典袋の中袋に金額を書きますが、それは薄墨であっても、普通のペンで書いてもどちらでも大丈夫です。

なお、京都のとある地域では常に濃墨を使い、逆に薄墨はマナー違反です。そのような例もあるので、その地域の風習が分からない場合は、詳しい方に事前に尋ねておくのも良いでしょう。

四十九日法要以降は事前に日程が決まっているため濃墨を使用する

薄墨で書く理由もありますが、濃墨で書くことにも理由があります。

四十九日の法要の場合は、亡くなってから1カ月以上が経っており、法要に参列する際はきちんと準備したうえで参列するのが当たり前です。四十九日の法要は故人が無事成仏したことを仏様に感謝する仏事なので、悲しみを表現するというのもふさわしくありません。

そのため、濃墨で書くほうがマナーとして正しいのです。

薄墨と濃墨の使い分け方

薄墨と濃墨の使い分け方

薄墨と濃墨、どちらも必要になりますが、正しく使い分けることが大切です。使い分けのポイントをご紹介します。

単純に四十九日前までは薄墨を使用する

覚えておくと便利なのは、四十九日の法要以前の仏教の香典ではすべて薄墨で書くということです。それさえ分かっていれば迷うことはないので、常に頭においておくとよいでしょう。

香典袋が印刷されている場合は印刷されている字の色に合わせる

香典袋には何も書かれていないものもありますが、何かしら印刷されているものも多いです。その場合は、その印刷の濃さに合わせた方が違和感がないため、濃さを合わせた方が無難であるという見方もあります。

まとめ 香典袋の表書きが「御仏前」の場合は薄墨の使用はNG

浄土真宗の場合は、通夜や告別式でも「御仏前」のため注意が必要ですが、一般的には香典袋の表書きが「御仏前」の場合は、薄墨で書きません。「御霊前」のときのみ薄墨で書くと覚えておくと良いです。

しかし、浄土真宗の場合もそうですが、地域によってはイレギュラーなマナーのあることもあります。一般的なマナーを頭に入れておいて、その上でそうでない場合もありうることも認識しておけば失敗はないでしょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事