浄土真宗のお経にはどんな意味があるの?お経の由来と南無阿弥陀仏の意味を解説

浄土真宗のお経にはどんな意味があるの?お経の由来と南無阿弥陀仏の意味を解説

浄土真宗のお経とは仏教を作ったお釈迦様が話をしたものをまとめ、主に人生の生き方や心理について説かれているものです。

浄土真宗の数あるお経の中でも、特に「仏説無量寿経」「仏説阿弥陀経」「正信偈」の3つのお経が重要とされており、そのなかの「仏説無量寿経」のなかで「南無阿弥陀仏」が多く唱えられます。

門徒でなくても誰もが馴染みある南無阿弥陀仏。このお経の意味を知ることで、浄土真宗が国内最大の門徒数を誇る理由が見えてくるでしょう。

浄土真宗のお経の意味や由来について詳しく解説します。


浄土真宗のお経の由来

南無阿弥陀仏は、元は浄土宗の開祖・法然聖人が唱えた念仏本願です。「南無阿弥陀仏」も、釈迦の経の一つである仏説阿弥陀経から抜粋されたもの。

親鸞聖人はそれを踏襲し、浄土真宗を開きました。

親鸞聖人と浄土真宗

親鸞聖人と浄土真宗を語る上でとても大事な言葉があります。

それは、「非僧非俗(ひそうひぞく)」という言葉。僧侶でも俗人でもない、ただ一人の人間という存在であるということです。

これは師である法然聖人とともに流刑をうけ、僧侶の身分を剥奪された時に生まれた言葉で、親鸞聖人は終生それを貫きました。浄土真宗に出家がない理由でもあります。

親鸞聖人は、もともと比叡山の修行僧でしたが、修行だけで民衆は救えないと考え下山します。

消えてはあらわれる煩悩に苦しむ中、浄土宗の開祖・法然聖人と出会い、南無阿弥陀仏の念仏と阿弥陀如来の力(他力)とその本願に触れ、救われました。

しかし、念仏を唱えれば貴賎関係なく浄土に往生できるとの教えは民衆の間に広がり、その勢いに恐れをなした朝廷によって法然聖人と弟子たちは流罪となり、僧侶の身分を剥奪されてしまったのです。

その後法然聖人と別れた親鸞聖人は、時に一向宗と呼ばれた、浄土真宗本願寺派の礎を築きました。信仰の自由を得るためには非僧非俗となってでも、行動を起こさなければならないことを体現したのです。

その不屈の精神は、織田信長との10年間にわたる争いや徳川家康との対立など、時の権力と互角に渡り合う力をも兼ね備えた大きなものへとなっていきました。

浄土真宗と他の宗派の違い

浄土真宗と他の宗派には、大きく以下の違いがあります。

  • 在家仏教である
  • 僧侶も信者も門徒と呼ぶ
  • 菩提寺ではなく手次寺(てつぎでら)
  • 戒名がない
  • お墓は墓ではない

浄土真宗に出家はなく僧侶も在家であり、一般の信者同様門徒です。

阿弥陀仏の本願を信じて集まった者同士によって作られたお寺は、いわゆる檀那寺であり、阿弥陀仏に取り次ぐお寺という意味から、浄土真宗ではお寺のことを手次寺とも呼びます。

戒名がない理由は、浄土真宗には戒律(五戒)が存在しないからです。

-五戒-

  • 不殺生戒(ふせっしょうかい):殺生をしない
  • 不偸盗戒(ふちゅうとうかい):盗みをしない
  • 不邪淫戒(ふじゃいんかい):淫らなことをしない
  • 不妄語戒(ふもうごかい):嘘を言わない
  • 不飲酒戒(ふおんじゅかい):酒を飲まない

戒名

釈迦の弟子として、釈迦のように五戒を遵守しながら悟りを開くために出家し、厳しい修行の道を歩んだ者に授けられる名前。

法名

念仏を拠り所に、阿弥陀如来にまかせて生きることを決意した人につけられる名前。

戒名は死んだ後も往生への道は修行であることを意味します。浄土真宗では死とともに阿弥陀仏が西方浄土へと連れて行ってくれるため修行は必要ないとの考えているため、戒名は必要ありません。とはいえ、阿弥陀如来を信じることも修行のひとつといえるでしょう。

戒名は亡くなってから授かりますが、法名は生きている時に自ら決めることも授かることもできます。

煩悩を消し去ることの難しさ、戒律を守れないのもまた人であるが故、必ず救わなければなりません。

それができるのが唯一、「生きとし生けるものすべてを救いたい」との本願を持つ阿弥陀如来です。

阿弥陀如来はありのままを受け入れてくれる仏でもあります。阿弥陀如来に生かされ、すべてを任せることを受け入れられれば救われるというのが浄土真宗の教えなのです。

また、浄土真宗では門徒の魂はすぐに浄土にいくので、先祖の魂はお墓にはいません。お墓は弔いの場所ではなく故人を偲び、命とは儚くかけがいのない尊いものであるとの阿弥陀仏の慈悲の心を、感じるための場所です。

浄土真宗で特に大事なお経は3つ

親鸞聖人による顕浄土真実教行証文類の中でも、特に大事だと言われている釈迦による大乗仏教の経典が下記3つです。

  • 大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)
  • 観無量寿経(かんむりょうじゅきょう) ※念仏を唱えることで誰もが浄土に往生できると説く
  • 阿弥陀経(あみだきょう)

浄土真宗で重要とされている3つのお経

浄土真宗で重要とされている3つのお経

大経・観経・小経の3部からなる浄土三部経が、浄土真宗の拠り所となる経典です。それぞれ解説します。

仏説無量寿経

浄土教の基である、無量寿=阿弥陀如来に言及した経です。

阿弥陀仏がまだダルマーカラ(法蔵)の名前の僧侶だった頃の修行時代と苦悩。そして本来は往生できない人であっても往生させてあげたいとの本願を持った、法蔵菩薩時代から仏になるまでと、西方浄土を開くまでの経緯が書かれています。

菩薩時代、修行を行いながらも人々を救うために立てられた四十八の願いもこの経に書かれており、親鸞聖人がもっとも重要だといわれた経であります。

仏説阿弥陀経

釈迦自ら、阿弥陀如来の力と西方浄土の素晴らしさを説いたとされる、釈迦にとって最後のお経です。

阿弥陀如来は釈迦が悟りを開いたことによって、はじめてその存在を知ることができた仏。

釈迦は地球上で唯一悟りを開いた仏様でありますが、阿弥陀如来は大日如来とともに大宇宙における全ての仏の師であり、全ての仏から尊敬される存在です。その阿弥陀如来を釈迦は師匠として敬いました。

五濁悪世に生きる中、浄土に往生するためには阿弥陀如来の力を信じましょうと呼びかける内容です。

浄土真宗の暮石によく見られる倶会一処(くえいっしょ)の言葉は、このお経からきています。念仏を唱える者同士は死後、阿弥陀仏の浄土でまた会えるとの意味です

―五濁とは―

  • 劫濁(こうじょく):戦争や飢饉などで引き起こされる社会悪
  • 見濁(けんじょく):思想の乱れ・濁ったものの見方
  • 煩悩濁(ぼんのうじょく):煩悩に支配された心身の乱れ
  • 衆生濁(しゅじょうじょく):社会全体の濁り
  • 命濁(みょおうじょく):生命そのものの濁り・生命力の弱まり

正信偈

浄土真宗では葬儀、朝晩の勤行でも毎日唱えているのが正信偈(しょうしんげ)ですが、実はお経ではなく親鸞聖人が書かれたものです。

浄土真宗の根本聖典である、教・行・信・証・真仏人・化身土の6巻からなる顕浄土真実教行証文類(けんじょうどしんじつきょうぎょうしょうもんるい)の中の行(実践)の巻に書かれている韻文。

「帰命無量寿如来 南無不可思議光(きみょうむりょうじゅにょらい なかふしぎこう )」限りなき命の如来に帰依し、限りなき光の如来に南無たてまつります。

この漢文は浄土真宗の御本尊、阿弥陀如来の力を称え帰依する言葉です。

阿弥陀仏が菩薩から如来になるまでや、人間で初めて仏になって仏教を広めた釈迦への賛辞、そして釈迦が書いた阿弥陀経が浄土教における七人の高僧に受け伝えられ、いくつもの国境を超えて日本に伝わったことを称えています。

しかし重要なのは、闇の中を自力でもがくのではなく、他力本願(阿弥陀如来の力)を信じてみんなで救われることです。

信じることの難しさ、しかし信じられることで喜びを感じることができる、すなわち、阿弥陀如来を信じるということは浄土への往生が約束されたとの喜びに繋がります。

信心とは何か、仏を信じるとは何かを伝える書でもあるのです。

親鸞聖人は正信偈が民衆に受け入れられやすいように、当時流行していた和讃(経典を日本語にして節をつけて詠む)の節を取り入れました。


浄土真宗の念仏 南無阿弥陀仏の意味

南無はインド語のナモを音読したもので、インドのナマステと同じです。

「ナモー=尊敬・服従する」「 テ=あなたに」との意味があり、このナモが南無となりました。

中国ではナモは帰命(きみょう)に変化し、帰依の意味となり、日本の阿弥陀経は中国語訳を元にしています。

この帰命には、帰依と勅命の二つの意味が含まれています。

  • 阿弥陀如来に帰依します(門徒)
  • 阿弥陀如来の本願に任せよ(阿弥陀仏)

たった6文字の中に、門徒と阿弥陀如来の関係性が表現されているのです。南無阿弥陀仏、現代でいうところの優れたキャッチコピーでもあります。

浄土真宗と南無阿弥陀仏

浄土真宗における南無は心から信じていますとの意味が込められており、念仏はただ唱えていれば浄土にいけるというわけではないのです。そこが本家と違うところ。

親鸞聖人は、浄土への往生を信じて念仏を唱えることは、すなわち信仰の心であると説いています。そして南無阿弥陀仏と唱えたことは自分の意志であると同時に、阿弥陀如来の本願によって導かれたことでもあるといいます。

念仏には、気づきを与えてくれた阿弥陀如来の慈悲に対する、感謝の気持ちが込められているのです。

南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の違い

―死後の行き先が違う―

浄土真宗の浄土は阿弥陀如来が開かれた西方浄土です。

日蓮宗は釈迦が説法を行なっていた霊鷲山(りょうじゅせん)こと霊山浄土であり、そこでは常に釈迦が法華経を説いているといわれています。

―目的が違う―

  • 浄土真宗ではお念仏
  • 日蓮宗ではお題目

浄土真宗は、阿弥陀如来を念じることで浄土に生まれることができますが、日蓮宗は、お題目を唱えることが修行であり功徳であり、それを積むことで誰もが仏になれると説きます。亡くなった人には浄土へ旅立ち菩薩になれるよう支えるのです。

―最終目標が違う―

  • 浄土真宗ではすべての人の苦しみが消える西方浄土に生きること
  • 日蓮宗ではすべての人が仏となって霊山浄土でくらすこと

ちなみに南無妙法蓮華経は、お釈迦様(法華経)に帰依しますとの意味です。親鸞聖人と同時期に、同じように流罪となった日蓮聖人が唱えたのが南無法蓮華経。

ブッダ=釈迦が残した法華経こそ人々を救う経典であると説き、日蓮宗を興しました。

まとめ 浄土真宗の数あるお経の中で「仏説無量寿経」が大事なお経

真実の教を顕さば、すなわち大無量寿経これなり。

親鸞聖人も自身の著書の中で断言されているように、すべての命を救いたいという阿弥陀如来の48の本願が書かれている仏説無量寿経は浄土真宗の教えの根本であり、重要なお経なのです。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事