三途の川を渡るときにすべきこと渡り方|意外と知らない三途の川を知る

三途の川を渡るときにすべきこと渡り方|意外と知らない三途の川を知る

死者となった故人の魂は、天国か地獄か行き先を決める前に、まずは三途の川を渡ります。三途の川は常世(この世)と幽世(あの世)を隔てる川で、足を踏み入れればもう戻ってくることはできません。

実は、三途の川には3通りの道のりがあり、緩流を通るか激流を通るかは生前の罪によって変わります。また、ただ川を渡るだけでなく渡し船を使う渡り方も。

そして、三途の川を渡るタイミングで、故人を供養することで罪を軽くし緩流を渡れるようになる可能性があがると考えられています。

存在自体は知っていても、意外と知らないことが多い三途の川。

三途の川の渡り方や三途の川にあるもの、遺族がすべきことを解説します。


三途の川を渡るタイミングと遺族がするべきこととは

故人の魂が死後に渡ると言われている三途の川。亡くなってにすぐに渡ると思われがちですが、実は魂が旅立ってすぐに渡るわけではありません。

三途の川を渡るタイミングと、渡るときに遺族がすべきことを解説します。

三途の川とは常世と幽世を隔てる川のこと

三途の川とは常世(この世)と幽世(あの世)を隔てる川のことです。故人が死者(亡者)となったとき、魂は三途の川を渡って天国(極楽浄土)や地獄に向かいます。

なお、三途の川の川幅は40由旬(ゆじゅん)ほどあると言われています。
「1由旬」=「牛車が1日で進める距離」なので正確な数字は定かではありませんが、40由旬はだいたい400~600kmほどになるようです。

ちなみに、三途とは仏教における輪廻転生する6種の世界のうちの「餓鬼道」「畜生道」「地獄道」の3つを意味します。ただし、三途の川の名前の由来においては、仏教における三途の意味ではなく、川の渡り方が3通りかるからとする説が最も有名です。

三途の川の河原「賽の河原」では子供の死者が石積みをしている

三途の川の河原は「賽の河原(さいのかわら)」と呼ばれています。

賽の河原では親よりも先に死んだ子供が、親不孝の報いで「石積みの刑」を行っていると言われています。
石積みの刑とは河原の石を積み上げて塔の完成を目指す刑です。

塔を完成させようとすると、河原にいる鬼が積んだ石を破壊して振り出しに戻します。何度石を積んでも破壊されて振り出しに戻されるので、延々と苦労が報われません。

ちなみに「賽の河原」は、延々と報われない努力や苦労を指す意味としても用いられます。

ただし、石積みの刑は永久に苦労が報われない刑ではありません。最終的に石積みをしている子供たちは、地蔵菩薩によって救済されると言われています。

なお、地蔵菩薩による救済は仏教に基づくものではなく、民間信仰として信じられている俗信です。

死者が三途の川を渡るタイミングは初七日の審判後

死者の魂はすぐに三途の川を渡ると思われがちですが、実際は命日から7日目のタイミングで渡ります。

死者の行き先が天国か地獄になるかを決める審判が、四十九日までの間「7日ごと」に行われます。そして、最初の審判は命日から7日目の初七日の日で、死者の魂がようやく三途の川のほとりに到着した日です。

初七日の審判では、秦広王が無益や殺生や仏教の五戒に違反していたかについて審理を行います。秦広王による審判後に三途の川を渡り始めますが、罪の重さによって渡る場所が変わると考えられています。

三途の川の渡るときにするべきことは故人への供養

故人が三途の川を渡るときに、遺族がすべきことがあります。それは故人への供養です。

三途の川を渡る前に初七日の審判を行いますが、初七日法要で故人を供養することで、生前の行いがあまりよくなかった人でも、緩流を通って楽に三途の川を渡れるようになると考えられています。

近年、初七日法要は初七日当日ではなく、火葬の際に行うケースが増えています。火葬の際に初七日法要を済ませている場合でも、当日はお線香を備えたり、お参りしたりなど最低限の供養は行いましょう。

3通りの道がある三途の川の渡り方を解説

3通りの道がある三途の川の渡り方を解説

三途の川には3通りの道があり、それぞれで渡り方が違います。また、平安時代末期から三途の川の渡り方についての考えに変化があり、それに伴う風習も生まれました。

では、三途の川の渡り方について解説します。

三途の川の渡り方は罪の重さで変わる

三途の川には3通りの渡り方があり、初七日の審判で下された罪の重さによって渡る道が変わります。

罪のない善人の場合

審判によって善人と認められた場合は、金銀七宝で作られた橋を渡れます。安全でラクに三途の川を渡りきれます。

罪が軽い人の場合

罪が軽い人は「山水瀬」と呼ばれる浅瀬を歩いて渡ります。

重罪人の場合

いくつもの罪を重ねて重罪人と下された場合は、三途の川の下流にある「強深瀬」もしくは「江深淵」と呼ばれる急流を歩いて渡ります。矢のように流れが速く、山のように高い波に襲われる難所で、上流からは罪人を砕くほどの大岩も流れてくるそうです。
また、水底に沈むと大蛇に襲われ、浮き上がると鬼に矢で射抜かれるなどの障害もあります。

棺に収める六文銭は渡し船に乗るためのお金

平安時代の末期から橋を渡る考えが消え、全員が渡し船で三途の川を渡るという考え方に変わりました。

ただし、三途の川の渡し船に乗るためには料金を支払わなければなりません。料金は「六文」と決められているので、仏式の葬儀で棺に六文銭を収める風習が生まれました。

年代によって貨幣価値が変わるので正確な数字は不明ですが、六文は現在の価値でだいたい300円ほどです。

六文銭を持たない死者は衣服を剥ぎ取られる

渡し船には六文銭を持っている死者しか乗れません。六文銭を持たない死者が三途の川を渡ろうとすると、十王の配下の老夫婦である懸衣翁(けんえおう)と奪衣婆(だつえば)によって衣服を剥ぎ取られてしまいます。

奪衣婆は六文銭を持たない死者から衣服を剥ぎ取り、懸衣翁は三途の川のほとりに生えている衣領樹という木の枝に衣服をかけます。衣領樹の枝の垂れ下がる程度によって、死者の罪を計るようです。

なお、死者が衣服を着用していない場合は、懸衣翁によって生皮を剥ぎ取られると言われています。


三途の川は審判の結果次第で渡る場所が変わる

三途の川はただあの世に行くために渡る川ではありません。

三途の川には3通りの道があったり、河原で子供たちが石積みをしていたり、三途の川には意外と知らない風景が広がっています。

もともと3通りの道があったものの、平安時代末期からは六文銭を持たせることで、渡し船に乗って渡れるようになると考えられ、六文銭を棺に納める風習ができました。

六文銭を持っていれば、三途の川を自力で渡る必要はなくなりますが、初七日法要などで故人を供養することは六文銭の有無に限らず大切なことです。

やはり、最初の審判が行われる日であるうえに、極楽浄土へ導くには遺族による供養で、故人の徳を積むことが大切だからです。

また、三途の川には鬼や大蛇などたくさんの妖怪がいます。故人が何事もなく三途の川を渡りきれるように願って、遺族は法要やお参りで故人を供養しましょう。

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事