カトリックや神道の葬儀も多い長崎県|東彼杵郡の砂糖瓶や対馬市の宮型霊柩車などの独特な慣習を紹介

カトリックや神道の葬儀も多い長崎県|東彼杵郡の砂糖瓶や対馬市の宮型霊柩車などの独特な慣習を紹介

長崎県はキリスト教文化遺産群として世界文化遺産に指定されています。現在も五島市など離島地方には多くのカトリック信者がいるため、カトリック式の葬儀を営むことが多いです。

長崎県の中でも、離島地方では古くから民間神道が根付いているため神式の神葬祭も多く、民間習俗である棺回しの慣習なども残っています。

昨今では敬遠されてほとんど見かけなくなった宮型霊柩車ですが、対馬市では霊柩車といえば「宮型霊柩車」です。

祭壇に並ぶ砂糖瓶の供物など、長崎県のさまざまな葬送習俗と葬儀の特徴を紹介します。

長崎県の葬儀の特徴

長崎県は葬儀後に火葬を行うのが主流ですが、島原・壱岐は前火葬(骨葬)、葬送儀礼は「通夜ー火葬ー葬儀告別式」の順に行われている地域があります。

離島を含め、県内には葬祭業者の手が行き届かない地域があり、そこでは葬儀の準備と運営は地元の自治会・町内会の班の人たちと遺族側の親戚によっておこなわれます。葬儀は自宅、または公民館や集会所などを利用します。

都市部は葬祭業者のホール葬が主流です。

一般的に通夜振る舞いは親族のみで、一般会葬者へはお酒やお茶、そして茶菓子やおつまみなどを出す程度。

長崎市では卓袱料理が振舞われることも多く、初めて長崎の通夜に出席した人はその料理の多さに驚かれるようです。

執り行われた葬儀の年間総数の内の1%にしか過ぎませんが、長崎市内では通夜・告別式を省いた火葬式、いわゆる直葬が増えています。

その一方、昔から各宗教・宗派ともに信心深い信者が多く、それぞれの宗儀に則った葬送儀礼を重んじる傾向が強い地域であるため、葬儀の簡素化は受け入れても儀式の簡略化は望まない人も多いです。

葬儀は通夜・葬儀ともに出席するのが望ましいとされています。近所の人も弔問に訪れるため会葬者が多く、一般葬が主流です。

都市部では即日香典返しもおこなわれますが、基本的には忌明けまでにお返しをおこないます。長崎といえばカステラ、返礼品としても定番の品です。

檀家とは別の寺院にお墓を建設する「墓檀家」

長崎市内は住宅街のすぐ側にお墓が集中していることで知られており、その中の寺町にある各宗派の寺院内には多くの檀家のお墓が建っています。

しかし、檀家といえども敷地不足で寺院内にお墓の建設ができないケースも珍しくありません。その場合は、他の寺院の墓地にお墓を建立し、「墓檀家」と呼んでいます。

近年では宗派にとらわれず利用できる霊園墓地が全国的に主流となっていますが、長崎市では寺院内にお墓を持つことにこだわる人が多いです。

同時に、長崎県ではシンプルなロッカー式の納骨堂が長年お墓代わりとして高い需要がありました。

現在では駅近くなど利便性の高い地域にロッカー式をはじめとした、仏壇式や全自動型などバリアフリーを意識した様々な都市型の納骨堂が作られ、注目を集めています。

目覚ましや法事の供物に砂糖瓶|東彼杵郡など

長崎県は全国2位の砂糖消費量を誇り、通夜に香典とは別に渡す「目覚まし(通夜見舞い)」として砂糖を渡す地域があります。

中でも東彼杵郡、そして大村市の一部地域でも見られるのが、白砂糖を背景に、カラフルなメタルカラーの包み紙の角砂糖で模様をつくりながら瓶詰めにした砂糖瓶と呼ばれる供物です。

砂糖瓶は取り扱う店頭で作られているため、作り手のセンスがあらわれます。素朴な供物ですが、真っ白の砂糖に鮮やかな包み紙の角砂糖とのコントラストが美しくも可愛らしく、どこか心が和むお供え物です。

また近年は、砂糖ではなくお菓子や現金1,000円ほどを包むことも増えてきました。

新聞のお悔やみ欄は必ずチェック

長崎県は、新聞のお悔やみ欄の需要が高い県のひとつです。

数年前に大手新聞社が突如お悔やみ欄の掲載を取りやめた際、県内の購読者から多数の問い合わせと苦情が入り、掲載を再開した経緯があるほど。

離島地方にも強い地元新聞社の長崎新聞が、もっとも多く利用されています。

離島地方含め全域に根付く民間神道|三社参り

長崎県のお正月といえば「三社参り」。長崎の総氏神様で秋の大祭・長崎くんちで有名な諏訪神社、大村市の昊天宮、佐世保市の亀山八幡宮、この三社を参拝して一年の安全のご利益を得ます。

長崎県は古より民間神道が根付いていることで寺院よりも神社の方が圧倒的に多く、神社を中心に形成された集落ではくんちや五島市の念仏踊りチャンココも含めた伝統的な祭祀が継承され、氏子数が多いです。

神社は地域の人々にとって、通過儀礼には欠かせない存在となっています。

長崎県は、信仰心の厚い人が多いといわれる所以です。

中国文化の影響が見られる墓石の金色文字と土神様

長崎県では鹿児島県同様お墓の規模が大きく、お金をかける傾向にあります。また、猫足タイプの墓石が多いです。

一つのお墓の敷地面積が広く、ゆっくり過ごせるようにベンチを設置しているお墓もあります。かつて沖縄同様、家族や親族がお墓に集まって飲食をしていた時代の名残。

墓地での宴会、そしてお盆に爆竹を鳴らしたりお墓で矢火矢(ロケット花火)を放つのは、中国の三大宗教の一つである道教の影響です。

長崎県の葬送習俗は民間神道をベースに、仏教と道教の習合の文化を持ちます。

墓石の金色文字は道教の影響

墓石に刻まれた文字の色が金色なのも中国文化、道教の影響です。

道教では竹やカミヤツデの繊維から作られた目の荒い紙に、薄く伸ばされた金または銀を付けた冥銭を墓前で燃やす慣習がありました。

現在では実際の紙幣を模した紙、印刷されたクレジットカードや金塊を模した紙模型などを燃やします。

生者と死者の暮らしがリンクしているとの考えから、故人があの世で裕福になればこの世にいる家族もまた裕福になれると信じられています。

お墓の刻印に金箔が貼られている確かな理由は不明ではありますが、冥銭と同じような理由があると考えれられます。

お墓の隣に必ずある小さな石碑とは?|土神様

長崎ではお墓の隣に、土神(どじん)との文字が彫られた小さな石碑が置かれています。

土神様とは中国の道教における神様です。その土地に所縁を持ち、徳を積んだ人が守護神となってその土地を守ります。また、商売繁盛の神様でもあります。

長崎では土神に親しみを込めて、「つちがみさま」と呼び、お墓参りの際は、お線香と供花をお供えします。

長崎県の地域別にみる葬儀の慣習を紹介

長崎県の地域別にみる葬儀の慣習を紹介

雲仙市の一部地域では、火葬中に菩提寺に行って三日参りをおこないます。中には三日参り中に初七日も済ませ、説教をきいて再び火葬場へ戻るケースも。

長寿を全うした人の葬儀では、紅白のお餅、またはお饅頭が配られます。

諫早市では、お手伝いの人と弔問者のお茶受けに通夜の際にお菓子を持参するのが慣習です。

葬儀開始前に親族とともに故人との最後の食事、お斎をいただきます。丸く握ったおにぎりを別れ膳としていただいていた、土葬の頃の名残です。

島原市や離島地方では、棺を霊柩車に運ぶまでの間、棺に白いサラシ布を結びつけて親族の女性たちが手に持って歩く、善の綱とよばれる慣習が残っています。

仏式の葬儀でも後祓いの儀(不浄祓い)を行う|大村市

仏式の葬儀であっても、神職による葬儀と死の穢れを祓い清める後祓いの儀(不浄祓い)を行います。

亡くなった直後に親族が枕元で一人一回ずつ、または代表者が三回故人の名前を呼ぶ、魂呼びの慣習が今も時折見られます。

神道・仏教・キリシタンが混在|五島市

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の中には五島の島々も含まれ、中でも中通島は今も島民の25%がカトリック教徒です。

また、五島神楽などの伝統神事は人々の身近な存在であり、氏子が多い地域でもあります。同時に、神式の葬儀も多く見られます。

仏教は真言宗と曹洞宗が多いものの弘法大師信仰が根付いており、念仏講が葬儀の手伝いを行うことも。

宇久島でのカトリックの葬儀では、遺族の女性は頭に白い布を被ります。

キリシタン以前は民間神道による信仰が根付いており、久賀島では各集落の中心には神社があります。

離島地方では、主に山側にキリシタン、海側に神道と仏教の集落に分かれているのが特徴です。

絢爛豪華な宮型霊柩車が主流|壱岐市と対馬市

昨今では全国的に絢爛豪華な宮型霊柩車を見る機会はほとんどありませんが、対馬市では現在も霊柩車といえば宮型霊柩車です。

対馬市と壱岐市は、曹洞宗と臨済宗が多い地域。どちらも、鐃鈸(にょうはち)や太鼓、鉦などを鳴り響かせる儀式があることから、葬儀の規模は比較的大きくなります。

出棺の際、親族は死者と同じく額に三角形の白い布、天冠を着け、自宅庭等で棺を担ぎながらぐるぐる回る慣習があります。

長崎県は全国で4番目にキリスト教系信者が多い

長崎県は全国で4番目にキリスト教系の信者が多い県です。中でも佐世保市の黒島は、人口の80%がカトリック教徒。

長崎県内にカトリック信者が多いのは、長崎港を開港したキリシタン大名で名高い大村藩第18代当主の大村純忠公が領民にも改宗を強いたことにはじまります。

長崎県に寺院が少ないのは明治時代の廃仏毀釈運動以前に、純忠公によって多くの寺院が廃寺に追い込まれました。

しかし、純忠公の嫡男で19代大村藩主の喜前公は関ヶ原の戦い後にキリシタンを廃し、日蓮宗に改宗します。

現在でも、長崎県内における日蓮宗の信者数はカトリック教徒と並びます。県内でもっとも多い浄土真宗に次ぐ数です。

五島列島に神式の葬儀が多い理由は隠れキリシタン

五島列島を治めていた福江藩(五島藩)の宇久純尭公もまたキリシタン大名でした。その影響で島民の多くも改宗しています。

しかし、時代の為政者に応じて棄教と再興を繰り返し、最終的にキリシタン排斥へと転換したため多くの領民が隠れキリシタンとしての暮らしを余儀なくされました。

当時、庶民の間では死者を埋葬して弔う事が珍しかった時代に、この地域では教義に則って死者の復活を願い、亡骸を寝棺に納めて埋葬。

また、キリシタン弾圧から逃れるために葬儀は神道で執り行い、その後、ひっそりとカトリック式で葬儀をあげていました。

多くの隠れキリシタンがいた五島列島では、神社を隠れ蓑にして信仰を守り続けた歴史があります。新上五島町にある山神神社もそのひとつです。

日本人初のカトリックの枢機卿は五島列島出身

2018年6月、新上五島町出身の前田万葉氏が日本人として15年ぶり6人目のローマカトリックの枢機卿に就任しました。

五島出身の枢機卿の誕生に、迫害されたキリシタンを先祖に持つ地元の多くの教徒の人々が歓喜に沸いたことは言うまでもありません。

まとめ〜長崎県は葬儀慣習は神・仏そして中国文化のちゃんぽん

古来より異国との交流の玄関口であったことで、長崎県は他に類を見ないちゃんぽん文化を育んできました。

葬儀と慣習には中国の道教、食を含めた様々な文化にはオランダ・ポルトガル・イギリス。

日本の根底にある八百万の神、自然信仰と先祖崇拝の原始神道の柔軟性、そして好奇心の強さがちゃんぽん文化を生み出したと言えます。

このちゃんぽん文化に県民性である地元愛の強さと信仰心の厚さが加わり、多くの伝統文化、葬送儀礼と習俗が今も多く継承されています。

他の地域の葬儀の習慣を見る
地域別の葬儀のマナーやお葬式のしきたり

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事