福井県は廻り焼香など独特の葬儀の慣習を持つ|嶺北と嶺南で異なる葬送文化

福井県は廻り焼香など独特の葬儀の慣習を持つ|嶺北と嶺南で異なる葬送文化

福井県は福井市などの嶺北地方(越前)と、敦賀市や小浜市などの嶺南地方(若狭)の二つの地域に大きく分けられます。福井弁と関西弁、方言と同じく宗派も嶺北は浄土真宗、嶺南は真言宗と禅系に分かれており、異なる葬送文化を持つのが特徴です。

福井県には独特の慣習には、焼香を済ませた人から帰ってゆく廻り焼香、前を向く会葬者の背後からおこなわれる喪主の挨拶などがあり、他地域の方はとても驚かれます。

地域ごとに今も受け継がれている慣習など、福井県の葬儀を紹介します。

福井県の葬儀の特徴

福井県では、会葬者が葬儀場の受付で記帳することはほとんどなく、受付担当の人がまとめておこなうのが一般的です。

長寿で亡くなった人の葬儀では赤飯が振舞われる地域が多く、古くは江戸時代にはその慣習があった記録も残されています。

同じ宗派・信仰で組まれた講中、町内をさらに細かく組みに分けて自治活動をおこなう隣組などの地域コミュニティとの関わりが強い地域であり、葬儀の会葬者数も比較的多い県です。

昔ながらの葬送儀礼を重んじる傾向が強く、現在でも夜伽で故人と枕を並べて寝たり、「仮通夜ー本通夜ー葬儀」を省略せずに行ったりと、昔ながらの葬送儀礼を行う地域も。

福井県は嶺北地方と嶺南地方とで文化風習が異なり、茶碗割りなどの民間習俗は主に嶺南地方によくみられます。

通夜で渡す手土産の「淋し見舞い」の慣習がある

福井県には、「淋し見舞い」の慣習があります。淋し見舞いとは、通夜を過ごす遺族を思って渡す手土産のことです。

かつては弔問の際に香典とともにお米や野菜を遺族に渡していましたが、高度経済成長期あたりから物から現金へと変わってゆきました。

ただし、漁村地区では昔から相互扶助の精神で現金を渡します。

 越前地方の淋し見舞いは、親族がおこないます。

嶺北地方では主流・嶺南では葬儀の簡素化と廻り焼香への疑問

葬儀中であっても、焼香を済ませたらそのまま帰るのが「廻り焼香」と呼ばれる慣習です。特に、会葬者数が数百人単位となることも多い福井市など嶺北地方では一般的でした。以前は嶺北のみの慣習でしたが、嶺南地方でも浸透しつつあります。

しかし、葬儀は故人のための儀式としての位置付けである嶺南地方では、お焼香だけしてすぐに帰る廻り焼香では弔いにならないのでは・・・?と、違和感を覚える人も少なくありません。

指名焼香が行われないと不評を買う?

「指名焼香」は社葬など大きな葬儀の際に、その会社の代表、自治体の長や議員などの立場ある人が一般会葬者に先駆けて焼香を行うことです。会場では前列に座り、名前を呼ばれたら順に焼香をします。

一般の葬儀においても、故人の勤め先の社長や町内会の長、親戚なども含めた指名焼香がおこなわれることも。

福井県でも指名焼香が一般的でしたが、時間がかかる葬儀は現代の生活様式には合わないこともあり、近年ではおこなわれないことも増えてきました。

また、焼香順を巡って後々遺恨になることもあり、指名順を決めるのは遺族にとって負担でもあります。

しかし、指名を受けることをステータス、または指名焼香がおこなわれない葬儀を手抜きと考える人が家族や親族の中にいる場合は例外です。

荼毘に付している間に仕上げ(精進料理)を済ませる

福井県では火葬の合間に、仕上げ(精進料理)が振る舞われることが多いです。

火葬場へは僧侶も同行し火葬炉の前での納め式を終えると、再び一同は葬祭場に戻ります。そして僧侶、親戚や葬儀の手伝いをおこなった人たちに、お礼の仕上げ料理が振る舞われます。

会食終了後、引き出物を渡して解散です。

骨上げは決められた数人が代表として行う 

収骨は全員が立ち会うのではなく、あらかじめ決められた数名のみがおこなうことが多いです。

また、浄土真宗のみならず曹洞宗などでも喉仏を大本山に納骨する人が多いため、分骨もよくおこなわれています。

葬儀における慣習

  • 出棺前に故人愛用の茶碗を割る
  • 門火を焚く
  • 耳塞ぎ餅

耳塞ぎ餅とは、子供が亡くなった場合、出棺前に同年の子供たちの耳に平らな餅をあてて呪文を唱える慣習のこと。死者の声が耳に届いて連れて行かれないための民間習俗です。

現在ではほとんど行われず、ご高齢の方のみが知る慣習となってしまいました。

「チンドンジャン」葬儀と法要は手厚く

昨今、葬儀の簡素化は儀式にまでおよび僧侶がいないお葬式も珍しくはありません。しかし、福井県では葬儀の規模を縮小したとしても、葬送儀礼を省略することを良しとしない風潮があります。

「チンドンジャン」に集約される、鳴り物を派手に鳴らしながら7~9人の僧侶が執り行うのが曹洞宗の伝統的な葬儀ですが、葬儀の簡素化で他地域では僧侶の数を2~3人までに減らしているのが現状です。

しかし福井県では大本山永平寺のお膝元という理由もありますが、寺院との結びつきの強さ、他宗派含めて宗儀を大変重んじる傾向が強い地域であるため、従来通りの葬儀を希望する檀家が多いです。

明治時代の廃仏毀釈運動が推し進められた中、鹿児島県とは対照的に民衆が激しい抵抗を見せたのが福井県、中でも浄土真宗の門徒が多い嶺北地方でした。

熱心な信者が多いことと、仏教=葬式の認識のみの人であっても、いざ葬儀を出す側となると手厚く見送ることを望むのでしょう。

お寺、仏教文化が人々の暮らしの中に根付いているのが、福井県の特色ともいえます。

嶺北地方の葬儀の特徴と習わしを紹介

嶺北地方の葬儀の特徴と習わしを紹介

嶺北地方は、即日香典返しが一般的で、会葬者数が多い地域です。
福井市の西南、吉田郡には曹洞宗の大本山永平寺がありますが、嶺北地方は全体的に浄土真宗の門徒が多い地域。

そのため、出棺の際の茶碗割りの慣習や友引を避けるといった俗信はあまり見られません。

浄土真宗の場合、葬儀の手伝いは居住する地域の組や班の人たちが、そして通夜には僧侶とは別に、門徒の集まりである講が御詠歌を詠唱しに弔問に訪れます。

浄土真宗の檀家が多く嶺南に比べて葬儀はシンプル

葬儀内の儀式が多い真言宗や曹洞宗とは対照的なのが、浄土真宗です。

他宗派では、故人を浄土へと送り出すための様々な儀式を葬儀でおこなう必要があります。

しかし、亡くなるとすぐに阿弥陀如来が迎えに来て浄土に生まれ変わるとされている浄土真宗ではその必要はなく、葬儀がシンプルと言われる所以です。

嶺北地方の香典返しの基本は商品券3,000円

嶺北地方では香典は即日返し、3,000円分の商品券で一律返礼が一般的です。結果的に、場合によっては半額返し以上となっていることもあります。

嶺北地方の郷土料理|からし麩

元は浄土真宗の報恩講が、葬儀や法事の際に作っていたお麩を使った精進料理です。

福井県名産の地からしに、お酢とみりんをあわせたシンプルな料理は学校給食にも出されており、地元の人にとっての思い出の味でもあります。

地域によっては、お味噌やきゅうりなどのアレンジすることもあり、精進上げに欠かせない一品です。

嶺南地方の葬儀の特徴と習わし

嶺南地方では、自宅、または寺院で葬儀を営むことが多いです。

同じ宗派で集まった講中の活動が盛んであり、通夜の際に喪家に訪れて念仏や御詠歌を詠唱します。

厳しい宗儀に則った葬儀を執り行うことで知られる天台宗や真言宗、そして曹洞宗が多い地域です。

また、この地方の檀家の多くが葬儀儀礼の簡略化をよしとしない向きもあるため、宗派の儀礼に則った立派な葬儀を見ることができます。

漁村地区には、海や豊漁の神様を崇める原始神道による信仰が根底にあるため死穢の観念がとても強く、霊柩車が神社の前を通ることや、船が下を通る日向湖にかかる橋を渡ることを忌み嫌う傾向がありました。

美浜町に残る葬儀の習わし

垣内(かいと)と呼ばれるグループ、班が各町内に組織されており、葬儀の際は班の人たちが手伝います。また、観音講などの講中もあり、地縁関係が強い地域共同体を持ちます。そのため、今も多くの葬送習俗が受け継がれており、火葬場の往復の道順を変える慣習もその一つです。

また、よもぎを棺に納める慣習も時折見られます。

沿岸部では神仏習合が見られ、天台宗または真言宗の葬儀が多いのも特徴です。

葬儀に赤飯が振舞われる

美浜町の安江や海側の菅浜あたりでは、出棺前に茶碗一杯の赤飯をいただく慣習があり、現在では精進落としや引出物に出されることが多いです。

この出立ち膳を、新庄地区では立ち非時と呼んでいます。

長寿で亡くなった方、または曹洞宗の葬式は故人がお釈迦様の弟子入りをするということでおめでたいとの理由からともいわれています。

また、赤飯の代わりに堅パンを引出物にすることもあります。

堅パンは乾パンにゴマを練りこんで薄く四角くしたものです。歯が欠けてしまいそうな程の硬さを持つ堅パンは、地元の人はコーヒーや紅茶などの飲み物に浸していただきます。

故人の胸の上に葬礼刀・剃刀・鉈を置く

浄土真宗以外で、個人を魔物から守る魔除けとして刃物を故人の胸または棺の上に置く民間習俗が見られます。

同じく魔除けとして、棺が安置された天井に天蓋を吊るすところも。

他に、故人が首から下げる頭陀袋に六文銭の紙と枕団子を、そして最近までは故人が女性の場合、縫い針と糸、そしてハサミを入れていました。

友引や子・牛の日の葬式を避ける

友引は親しい者が、子の日と丑の日は後追いと、忌事が続くことが連想されるため、その日の葬式を避けます。

現在でも、全国各地でもっとも多く受け継がれている民間習俗です。

まとめ〜福井県の葬儀は儀式省略せずに手厚く行うことが多い

福井県でも葬儀の簡素化の風潮は高まっています。

しかし、寺院との結びつき・熱心な檀家が多く、故人の弔いを手薄にはしたくはないとの思いが強い地域性から、従来通りの葬送儀礼で葬儀が営まれることの方が多いです。

他の地域の葬儀の習慣を見る
地域別の葬儀のマナーやお葬式のしきたり

リメンバーフォト【ピリオド.】|終活や記念の品に大切な写真を

おすすめの記事

今月のピックアップ記事